人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
タグ:筆洗 ( 6 ) タグの人気記事
文学的センスがなくても芥川賞は獲れる
「東京新聞」筆洗(2006/9/2付)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20060902/col_____hissen__000.shtml

>「八月のをはり、私は美しいものを見た」。太宰治のよく知られた掌編小説
>『満願』の一節だ。作家辺見庸さんは近著『いまここに在ることの恥』(毎日
>新聞社)で、一九三八年にこの作品を仕上げた太宰の“得意”に違和
>をもった。
>病中の夫を慮(おもんぱか)って三年間、我慢していた婦人が、医師の許し
>が出て、満願かない、小躍りする様子に、太宰は「胸がいっぱいになった」
>と書く。歴代の評論家も表現のうまさに感じ入るが、辺見さんは
>うまさの分がひっかかる。
>作品の「近景や遠景に、国家総動員法や南京大虐殺と
>いった光の屈折や血の臭(にお)いを想像し、必死で助けを
>求めたであろうはるかな遠音(とおね)に耳をすますとき、時代を超えて恥は
>躰(からだ)の内側から青痣(あおあざ)のように浮き出て」いなければと。
>辺見さんが同書で「戦後最大の恥辱」と言ってはばからないのは、二〇〇三
>年十二月九日、自衛隊のイラク派遣閣議決定の日に、小泉首相がその論拠
>を憲法前文にあるといったこと。「最悪の憲法破壊者がまったくデタラメな解釈
>で平和憲法の精神を満天下に語って見せた」ことに「およそ思想を語る者、
>あるいは民主主義や憲法を口にする者は愧死(きし)してもいい」と憤る
><こゑのみでひとのかなしさ知る茶房背中あはせの顔は見えねど>の静謐
>(せいひつ)な歌詠み、岩田正さんの<九条の改正笑ひ言ふ議員このちん
>ぴらに負けてたまるか>の憤怒を、小泉政治が終わる〇六年の時代相に
>重ねて。
>改憲を掲げる有力後継、安倍晋三氏が一日、自民党総裁選に立候補表明
>した。「美しい国、日本」と言挙げしつつ。

以前には少年時代に読んだプロレタリア文学を引いた筆洗子だが、今度は辺見庸(芥川賞作家)だ。

その前に太宰の「満願」に目を通しておこう。タイトルを言われてもピンと来なかったが、遠い昔に読んだ記憶がある。受験勉強で読んだのかもしれない。短編というより掌編というべき小品だ。

冒頭、「これは、いまから、四年まえの話である。」で始まる。フィクションなので事実かどうかを詮索するのはヤボだが、この「満願」が発表されたのは1938年9月号の「文筆」で、そこから逆算すると1934年の話になる。文中に出てくる「ロマネスク」が発表されたのが1934年12月号(創刊号)の「青い花」なので事実に符合する。

こんな短い小説だが、舞台となる時代が、小学校教員が3年間も療養生活を続けられる(勿論仕事など出来ようハズがない)とか、この頃すでに夏はビールだとか、若い女性が着物ではなくワンピース(簡単服)を着ているとか、新聞が5紙も発行されているといったことが分かる。

また、太宰の年譜を読んで太宰が薬物中毒で入院中に内縁の妻初代が密通していた(笑)のがこの小説の書かれた年であることを知ると、太宰がなぜ「三年、と一口にいっても、――胸が一ぱいになった。」のか薄々分かって面白い。

こういうのが「行間を読む」というヤツで、辺見のように、酔っぱらって自転車で転んで出血したからこの小説は血の臭いがするなどと言うのは単なる妄想に過ぎない。

さすが平壌支局が許可された共同通信の元記者(ベトナム駐在)だけのことはある。「満願」を読んで「必死で助けを求めたであろうはるかな遠音(とおね)」が聞こえてくるようならさっさと入院した方がよろしい。何でも2年前に脳出血で倒れたそうだからマトモな判断を期待するのが無理なのかもしれない。

ちなみに南京陥落は1937年12月13日国家総動員法制定は1938年4月1日である。書かれた時期は符合するが、牽強付会もいいところで、辺見庸の文学的センスはゼロと言っていいし、こんなヨタ話を真に受けて嬉々として引用する筆洗子の程度も知れたモノだ。
by haruhico | 2006-09-03 13:53 | バカ | Trackback | Comments(2)
マスコミは潔く負けを認めなさい
「東京新聞」筆洗(2006/8/20付)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20060820/col_____hissen__000.shtml

> 51%。この数字の重さを政治家は知っている。過半数を意味するからだ。
>一人を選ぶ首長選や衆院選の小選挙区では、当落の分岐点になる
> 小泉首相の靖国神社への参拝を受けた共同通信社の全国世論調査で
>は、「参拝してよかった」との回答が51・5%と半数を超えた。「参拝すべき
>ではなかった」は41・8%。選挙報道をまねると予想外の大差がついた
> 靖国神社にA級戦犯が祭られたことについて、不快感を示した昭和天皇
>の発言メモが見つかった。各種の世論調査では参拝に反対・慎重な声が
>多くなっていた。七月上旬の同社の調査でも参拝反対論が52・3%と過半
>数を占めた。「民意」は一夜で逆転した感もある
> 首相が自ら参拝の真意を説明したことが、功を奏したのかもしれない。
>「中国や韓国が不愉快と反発しているからやめろという意見はどうか」。首相
>はこう切り出した。肯定派の理由も「他国によって影響されるべきではない」
>が56・6%と一番多かった
> イラクへの自衛隊派遣でも世論は最初、反対論が多かったが、派遣が
>決まると肯定論が増え、やがて逆転するという今回と似た経過をたどった。
>首相は「人道復興支援」の大義を繰り返し訴え、派遣先は「非戦闘地域」で
>あると主張し続けた
> 51%の重みを私たちも知る必要がある。政治家は1%
>でも半数を超える支持を集めることができれば、自分の主張に自信を持つ。
>世論調査の回答の選択肢にはないが、既成事実の積み重ねに「仕方
>ない」と流されていないか、考えてみたい。後で悔やまないために。

真実が国民の知るところとなって、マスコミのデタラメが通用しなくなったってことが未だに認識出来てないんだね。この期に及んで「流されていないか」って今までが流されていただけだろ。

オオカミ少年はいつまで経っても自分の非を認められないのだから、そんな連中に「太平洋戦争を正当化しようとしている」なんて言われたないな。
by haruhico | 2006-08-20 10:18 | お笑い | Trackback | Comments(0)
朝から「東京新聞」が毒電波を飛ばしている
筆洗(2005/10/29)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20051029/col_____hissen__000.shtml

>小泉首相の地元・横須賀市民にも寝耳に水だった。米海軍が横須賀基地を
>母港とする通常型空母キティホークの後継艦を、原子力空母にすると発表
>した。カール・ビンソンの名が挙がっている。
>米軍再編の一環だが、核アレルギーの強い世論に配慮したか。沖縄
>県民の意向を無視して普天間飛行場の移設を強引にまとめ上げた中間報告
>発表の直後のタイミングを狙ったと見える。米国の独断専行に見せかけた
>日米連携プレーが見え見えだ。すかさず細田官房長官が「やむを得
>ない」と受け入れを発表したが、この内閣はとかく説明責任を果たさない
>今を去る三十七年前、原子力空母エンタープライズ寄港阻止で長崎県
>佐世保市民が燃えた「エンプラ闘争」もすでに歴史の彼方(かなた)。原子力
>空母配備の安全性や経済性を強調する専門家の声はあっても、この国に
>まだ「非核三原則」があることはとっくに忘れられた
>らしい。
>世に原子力空母ほど禍々(まがまが)しい存在はない。核を推進力に、核の
>破壊力をもって敵を威迫し、現にイラクやアフガンで、艦載機による空爆
>を繰り広げ、多くの軍民を殺傷しているバリバリの現役兵器である。そんな
>空母に原子炉の安全性を持って反対する議論は空しくなる。
>米国の核の傘に入って自国の安全保障としてきたこの国で、自民党が改憲
>草案を公表した。憲法九条一項はそのままに、九条の二で「自衛軍の保持」
>を明記している。
>かつて軍を暴走させたこの国が再び軍を持つ。アジア諸国からみれば日米
>安保のカール・ビンソンは「ビンの蓋(ふた)」に見えるかもしれない。

朝からあまりの非常識さに大爆笑させてくれます。原子力空母は「核兵器」ではありません。軍事のド素人の私ですら知っていることを筆洗子はご存じないらしい。モチロン「非核三原則」は、

「核兵器」を、持たず、作らず、持ち込ませず

であって、原子力空母や潜水艦は対象外。よって日米間の連係プレーなど存在しない。もう「非核三原則」にしか頼るものがないザマに哀れすら感じる。

バリバリの現役兵器がイヤと言うことは、日本を退役兵器で固めたいらしい。その方が支那や北朝鮮に取って都合がいいもんね。語るに落ちるとはまさにこのこと(苦笑)。

筆洗子は寝耳に水と仰るが、10月22日の日経新聞で既に原子力空母の配備について書かれている。日経を良く読むビジネスマンより遅れていることを自覚すべきだ。カール・「ビン」ソン(底?)と「ビン」の蓋などとシャレを言っている場合ではない。
by haruhico | 2005-10-29 21:49 | バカ | Trackback(3) | Comments(4)
80歳でも現役
朝から「東京新聞」を見て激怒。

「東京新聞」5月21日朝刊掲載『筆洗』
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20050528/col_____hissen__000.shtml

> 「ミンダナオ島に旧日本兵」という新聞各紙の見出しに、違和感を覚えた。
>なぜ「元日本兵」ではなく「旧日本兵」なのだろう。
>日本兵が「新」「旧」で区別される時代になったの
>だろうかと
>▼ルバング島の小野田さんや、グアム島の横井さんが発見された時もその
>後も「元日本兵」と呼び習わしたはずだ。念のためデータベースで確認
>すると、まれに「旧日本兵」との混用はあるが、おおかたは「元日本兵」
>である。歴史のかなたに沈んでいた「軍」や「兵」が現実味
>を持ち始めた世相のせいか
>▼森岡正宏厚生労働政務官が、小泉首相の靖国参拝継続意志とA級戦犯
>合祀(ごうし)容認論に威を借りたか、自民党代議士会で「(日本は)国際
>法のルールにのっとって戦争をした。A級戦犯は日本国内では罪人では
>ない」と発言した。極東軍事裁判についても「勝手に占領軍がこしらえた
>一方的な裁判だ」とも
>▼厚労政務官といえば軍人恩給や今回の「元日本兵」や民間人の引き揚げ
>援護、遺骨収集など戦後処理の政府側責任者だ。こんな認識で
>務まるのか
>▼さすがに政府も慌てた。「罪は憎んで」いる首相は「裁判で済んでいる。
>日本はそれを受け入れているわけだから」。細田官房長官も「種々誤りも
>含まれており、論評する必要はない。政府の一員として話したということは
>到底あり得ない」と火消しに懸命
>▼戦後六十年たって、帰るに帰れない元兵士や、残留婦人、孤児が国外に
>まだ残されていることに驚く。ミンダナオ島の元日本兵もみな八十代後半
>だ。厚労省は帰還援護を急ぎ、万全を期せ。

たしかにググると「元日本兵」の方が「旧日本兵」よりも圧倒的に多い。しかし、言葉というものは使用例が多ければ正しいというものではない

まだ確認されてはいないが、今回見つかった方は意識上「大日本帝国軍籍」を捨てていない(捨てていれば軍法会議など怖くはない)ようだから現役の軍人を指して「元」というのは失礼だろう。

ついでに言えば、「軍」や「兵」が歴史の彼方に沈んだことなど有史以来一度も無い。そう思っているのは一部の能天気な「念力平和主義者」だけだ。

森岡厚生厚生労働政務官の認識が政府責任者として問題ならどんな認識をもてというのか。戦争に荷担した人間は全て事後法で裁け、とでも言いたいのか。まったく「東京(トンキン)新聞」はどこの国の新聞なのかと問い詰めたい。





X-Dayまであと
by haruhico | 2005-05-28 10:18 | 亡国 | Trackback(1) | Comments(4)
何か間違ってないか?
9月30日付東京新聞「筆洗」
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20040930/col_____hissen__000.shtml

>アテネ・パラリンピックが二十八日閉幕、日本選手団は健常者のアテネ
>五輪を一つ上回る十七個の金メダルを獲得、総メダル数でも五十二個
>と過去最高の成績を収めた。
>なかでも金七、銅一の計八個を獲得した競泳女子の成田真由美選手は
>今大会の最多メダル獲得者となった。障害者がスポーツに取り組む姿を
>目にする機会は少ない。テレビ中継を通じて、障害を克服した選手が記録
>に挑戦する姿に勇気づけられた人も多かろう。
>競技レベルの向上には目を奪われた。陸上男子二百メートルでは両足
>義足のオスカー・ピストリウス選手(南アフリカ)が片足義足のクラス
>に出場、21秒97の世界新で優勝してしまった。弾力性の強い
>カーボン繊維を使ったスポーツ義足が人間の足を超えた瞬間だった。
>機器の改良は選手に経済的負担も強いる。男子走り幅跳びの小谷謙二
>選手はこれまで右足の義足での踏み切りで記録を伸ばしてきた。だが
>百万円もする義足を壊すのが怖いと、本番では自分の左足で
>踏み切ったため記録が出せず、メダルを逃した。
>こうした補装具の優劣が勝敗を決め、筋肉増強剤などに頼る
>選手も出てきて、健常者の大会並みにドーピング検査が強化された。
>このため必需品の痛み止めを服用することができず、痛みをこらえて
>競技した選手もいる。
>障害者のスポーツは、第二次大戦で脊椎(せきつい)損傷した傷病兵の
>リハビリから始まる。生みの親とされる英国の神経外科医グッドマン博士
>の「失った機能を数えるな、残った機能を最大限に活(い)かせ」の精神を
>いま一度噛(か)みしめる必要がある。

片足よりも両足義足の方が障害の度合いは大きいが、運動の面では両足のバランスがとれて走りやすそうだ。だいたい義足の質で成績が変わるというのはドーピングとどこが違うんだ?

男子走り幅跳びの小谷選手の気持ちも分からなくはないが、何のためにパラリンピックを目指してきたの?と言いたい。

ドーピング検査のために必要な痛み止めすら服用出来ないというのも歪んだ話で、そこまでやるなら補装具も横一線にすべきだろう。
by haruhico | 2004-09-30 23:55 | 偽善 | Trackback | Comments(8)
素晴らしき「プロレタリア文学」
「東京新聞」 筆洗(6月7日分)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20040606/col_____hissen__000.shtml

>▼年金問題だけでなく、イラク戦争の大義や非戦闘地域の説明など、答弁を
>はぐらかし、正面から答えない小泉語法に国民はいらだちを募らせている。
>そういうときだからこそ、野党はわかりやすい正攻法で攻めるべきだ
>▼少年時代に読んだプロレタリア文学を思い出す。
>留置場の修理を命じられた政治犯が、仲間から「権力者のためにそんなに
>頑丈に作ることはない」と冷やかされながら「なあに、いずれ奴(やつ)らが
>ここに入るんだ」と一生懸命煉瓦(れんが)を積む話だ。抜け穴などつくる
>必要はない。

朝から爆笑させてもらいました。
「少年時代に読んだ本」と書けばいいところを、わざわざ「プロレタリア文学」と書くあたりに筆者の価値観が出ていますね。衣の下から鎧が出たというべきか。
どうだ、俺はガキの頃からこんな難しい本を読んでいたんだぞ、という焼け跡派のプライドというか、そういうことを見せびらかせば周りがひれ伏してくれると思い込んでいる時代感覚というか、新聞の二枚看板の一角を任せるにはちょっと家賃が高いんじゃないですかね。
by haruhico | 2004-06-06 09:51 | バカ | Trackback | Comments(0)