人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
タグ:毎日新聞 ( 5 ) タグの人気記事
筆は災いのもと
子猫殺し告白:坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060922k0000e040085000c.html

>直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)=フランス領タヒチ在住=が、日本
>経済新聞に寄稿したエッセーで告白した「子猫殺し」。その内容をめぐって
>余波が続いている。タヒチを管轄するポリネシア政府は、坂東さんの行為を
>動物虐待にあたると、裁判所に告発する構えを見せて
>いる。
>20日から26日は、動物愛護週間。坂東さんが、真意を語りたいと毎日新聞
>に寄稿した。 
>◇坂東眞砂子さん寄稿…子猫を殺す時、自分も殺している
>私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから
>猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの
>愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある
>「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく
>自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。
>さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分
>を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺して
>いる。それはつらくてたまらない。
>しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だら
>けとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は
>子猫全部を育てることもできない。
>「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブル
>なく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。
>しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを
>断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。
>もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如して
>いるからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に
>嫌だ」と絶叫するだろう。
>もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという
>考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術
>を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。
>他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への
>断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、
>晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。
>エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する
>姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を
>知らないままの告発なら、言論弾圧になる。
>◇解説…動物の生と死、多角的議論を
>坂東さんは「子猫殺し」を発表することで、愛猫に抱く葛藤(かっとう)を伝える
>とともに、過剰なペット依存社会に一石を投じ、動物の生と死について再考を
>促そうとした。しかし現状では、多角的で本質に迫る議論には発展し
>ていない。
>「雌猫3匹が産む猫を、がけから放り投げている」。この強い表現は、猫へ
>の愛情と罪悪感が希薄な印象で、読む側の不快感につながった。言葉を
>扱うプロだからこそ、意図を正確に届ける工夫がもっとほしかった。
>また、猫への避妊手術は、坂東さんの挙げる野良猫対策とは異なる側面
>もある。野良猫の7割以上がウイルスを持っているといわれる猫エイズの
>予防だ。治療法は確立されていないが、体液の接触感染が主な原因で、
>不妊・去勢手術を施してけんかや交尾の機会を減らせば防ぎやすくなる。
>現代社会の猫や犬は、単なるペットではなく、人生の伴りょとして扱われる。
>坂東さんに賛同する人は少ないだろう。ただ、私たちが「動物にとっての本当
>の幸せ」を知るすべはない。動物の飼育を「自分勝手な傲慢(ごうまん)」と
>考えている人はどれだけいるだろうか、人間に向かうべき愛情が動物に偏っ
>て注がれていないか……。坂東さん、そして社会が抱える病理を多数派の
>意見で押し込めてはならない。【鳴海崇】
>◇子猫殺し 坂東さんが日経新聞8月18日夕刊でエッセー「子猫殺し」を掲
>載。飼っている雌猫に避妊手術をせず、子猫が生まれるとがけ下に投げて
>いることを明らかにした。日経にはメールと電話で延べ1497件(今月19日
>現在)の意見が寄せられた。「残酷で不快」「動物愛護の精神に反する」
>「生命を軽視している」「避妊手術と、子猫を殺すことを同列に論じるのは
>おかしい」など、大多数が批判。少数だが「納得できた」「これからも
>生と死について書き続けて」との賛意もあった。

オツムの弱い作家が、リアルに告発されそうになって慌てて弁明。見苦しいですね。猫を飼うのが傲慢で、避妊手術をするのも傲慢。前者は良くて後者はダメなんてワケ分からない。生殖器が新たな命を生み出す源なら一度使ってから手術すればいい

「避妊」と「出産」は互いに補集合だが、「避妊」と「猫殺し」は違う。「猫おばさん」という第3の選択肢がある。そして坂東の言う「家が猫だらけになる」→「えさに困り、近所の台所を荒らす」は論理的帰結ではない。猫がどんなに増えようが飼い主がきちんと餌をやっていれば近所の台所まで遠征することはないだろう。また、生まれた子供を全て飼い主が育てなけなればイケナイという法律でもタヒチにはあるのだろうか。

世界中が野良猫で溢れないのは食料による自然調整が出来ているからで、エサが無くなるまで増え続けるかどうか試しもしないで子猫を殺すのは短慮に過ぎる。

タヒチ司法が「虐待にあたるか精査」するのは簡単だ。家の裏に崖があり、そこに子猫の死体が1つでもあったらアウト。猫の死体や、崖すらなかったらホラ作家認定だ。

タヒチ司法が問題視しているのは坂東の「言論」ではなく、猫殺しという「行為」だ。それを言うに事欠いて「言論」弾圧とは片腹痛い。郷に入りては郷に従え。文句があるなら毎日新聞じゃなくて、現地の新聞に投稿したら?
by haruhico | 2006-09-24 09:13 | 偽善 | Trackback(1) | Comments(5)
敵性語狩りをした戦中派の人ですか?
外来語言い換え:文書をわかりやすく 都が独自マニュアル
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060105k0000e040081000c.html

>「PI」(公共事業への住民参画)「リカレント」(社会人教育)など、一般に
>定着していない行政書類の外来語を日本語に言い換え、分かりやすい
>文書にしようと、東京都が独自の基準を作った。339語を対象にした言い
>換えマニュアルが各部署に配られた。さまざまな施策について一般から
>意見を募る機会が増えており、誰でも分かる言葉が必要との考えからだ。
>国立国語研究所が04年10月までに発表した分かりにくい外来語の「言い
>換え提案」141語を参考にするとともに、都の事業計画書や報告書で多用
>されている外来語198語を加え、言い換え例を示した。
>都が進めたディーゼル車規制で、三井物産によるデータねつ造が明らかに
>なった「DPF」は「ディーゼル微粒子除去装置」とした。外国人駐在員向けに
>ビジネス、生活両面の情報を提供する都の「ワンストップサービス」窓口は
>「1カ所でのサービス提供制度」などと日本語を併記するよう促した。トリアー
>ジ(治療優先順位決定)などの医療用語、ノーマライゼーション(等しく生きる
>社会の実現)などの福祉用語については、その関係者を対象とする
>場合は例外としつつ、事業名に安易に外来語を使わないよう呼び
>掛けている。同局の担当者は「分かりやすい日本語を心掛けてほしい」と
>話す。
>ただ、都庁内で最も外来語を多用するのは石原
>慎太郎知事だ。昨年12月22日の会見で五輪招致に向け東京を
>アピールする戦略を問われた知事は、こんなふうに答えた。
>「ドラフト(草案)もできていないし、国内にもコンペティター(競争相手)が
>いる。東京が日本の代表地にノミネート(推薦)されてからのことで、これ
>からブレーンストーミング(自由に意見を出し合い、すぐれた発想を引き出す
>方法)して考える」
>これらのカタカナ語は、いずれも言い換えマニュアルには載っ
>ていない。【大槻英二】
>◆都の基準による言い換え例◆
>DPF        ディーゼル微粒子除去装置
>PI         公共事業への住民参画
>アイドリングストップ 駐停車時のエンジン停止
>トリアージ      治療優先順位決定
>トレーサビリティー  履歴管理
>ノーマライゼーション 等しく生きる社会の実現
>ハザードマップ    災害予測地図
>パブリックコメント  意見公募
>ヒートアイランド現象 都市部気温上昇現象
>ビオトープ      動植物の生息空間
>ポートフォリオ    資産構成、投資配分
>マンパワー      人的資源、労働力
>モニタリング     継続監視、観測
>ユニバーサルデザイン 万人向け設計
>ライフライン     生活必需施設
>リカレント      成人教育、社会人教育
>ワークショップ    参加型講習会

石原憎けりゃカタカナ語まで憎いというやつですか。

「ドラフト」だの「ノミネート」だのが言い換えマニュアルに載っていないということは、言い換える必要がないほど一般に定着しているからでしょ。何がイケナイんだか全く分からない。「アピール」ならいいのだろうか(嗤)。

このレベルに過剰反応するのは、敵性語狩りをした戦中派か、現在進行形で日本語を排斥しようとしている韓国人くらいなものだ。

確かに「コンペティター」は若干引っ掛かるが、石原都知事は新聞記者の質問に答えてこう言っているわけで、この程度の外来語は新聞記者なら当然理解できるよね?ということで使ったのだろう。

一般大衆相手の街頭演説なら芥川賞作家である石原閣下がこんな言葉を使うはずがない。

だいたい、閣下が都庁で1番っていう裏付けがあるのかしら?都庁職員全員のカタカナ語使用頻度を本当に調べたのかどうか小一時間問いつめてみたい(笑)。
by haruhico | 2006-01-05 21:43 | バカ | Trackback | Comments(0)
イヤイヤ、おどろいたねー
天皇陛下:
国旗国歌「強制でないこと望ましい」 園遊会で
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/koushitsu/news/20041029k0000m040133000c.html

>東京・元赤坂の赤坂御苑で28日に開かれた秋の園遊会で、天皇陛下が
>東京都教育委員を務める将棋の米長邦雄永世棋聖(61)に、学校現場
>での日の丸掲揚と君が代斉唱について、「やはり、強制になるということ
>でないことが望ましい」と話す場面があった。天皇陛下が「日の丸・君が
>代」問題について発言するのは極めて異例。
>米長氏は招待者として出席。都教育委員の仕事について「日本中の学校
>で国旗を掲げ、国歌を斉唱させるというのが私の仕事でございます」と
>語ったことに対し、陛下が話した。米長氏は「もちろんそれはそうです」と
>答えた。

いやはや名人戦主催の「毎日新聞」にまで書かれてしまいました。
公式HPの掲示板など大荒れである。見るに耐えない罵詈雑言の山で、面と向ってコレだけ言えるタマがどれだけいるのかと思われる誹謗中傷が続く。見る気もしないが2ちゃんの将棋板などはスレッドが乱立しているそうだ。

米長氏も「千万人と雖も我往かん」のご心境であろう。まぁ、間違っても三馬鹿のようにPTSDだなどと軟弱なことは仰らないと確信している。

マスコミで今回の件が報道されるまで、米長邦雄とはどんな漢であるか知りもしない人間がわぁわぁ騒いだところで何にもなりはしない。そもそも騒いでいるバカどもの誰一人として園遊会の現場に居合わせたものはいないのである。前後の脈絡もなしに問題発言をポンと出すのはマスコミの常套手段である。石原都知事の発言をTBSが歪曲した事実だってまだ記憶に新しい。発言の真意など天皇陛下と米長氏にしか分からないのだから(ただし、天皇陛下と米長氏は初対面ではないので以前の会話という文脈が隠れている可能性だってある)無責任な外野は何を言ってもムダである。

ワンパターンの書き込みの内、米長氏は東京都の教育委員の分際で「日本中の学校で~」などと発言するのは僭越だ、などというおかしな話があった。私は東京都の委員だから千葉県のことなんか知っちゃいません、などと言うケツの穴の小さな小役人と一緒にされたくもないだろう。4年の任期中に東京都を真っ当な姿にして、それを全国が真似してくれればいい、くらいの気持ちから出た言葉であって、「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」と思われているに違いない。

米長氏とて強制がいいなどとは思っていないし、サヨクからみれば自分の右にいる人間は全て右翼だから(苦笑)氏を右翼と呼ぶのも当たらない。

毎度毎度書いているが、公務員、会社員を問わず、給料をもらって奉職する以上、何らかの強制が伴うのはアタリマエで、信条だ何だで拒否するなら職を辞せば済むことである(もちろん拒否するかどうかは自己責任・笑)。まして、給料は貰うが仕事はしないとサボタージュする人間が、教師でございなどというのはチャンチャラ可笑しい話で、世の為に百害あって一利ない。早々にご退場願うのが真っ当な教育委員の仕事である。こういうハネッカエリを処罰せずして何の教育委員会か。

そういうナマケモノの肩を持つバカが今回米長氏の挙げ脚取りをしている。まことに嘆かわしい。

だいたい、国旗・国歌について教職員がわあわあ言い出したのはベルリンの壁が壊れたあたりからで、それまでは粛々と式典が執り行われていたではないか。今の姿の方が異常なのである。

掲示板の過去ログを見ていたら、ニュース映像がyahooにあることが分かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20041029/20041029-00000072-jnn-soci.html(4分05秒)

>午後2時過ぎ、君が代が流れる中、天皇皇后両陛下が姿をみせました。
>この20分後、陛下が米長さんの前に 足を運ばれます。
>「今は将棋の方は?」(陛下)
>「将棋の方は辞めました」(米長邦雄さん)
>30秒ほど将棋の話をした後、陛下の異例の発言がありました。
>「教育委員会として本当にご苦労様でした」(陛下)
>「はい。一生懸命がんばっております」(米長邦雄さん)
>「どうですか」(陛下)
>「日本中の学校に国旗を 掲げて、国歌を斉唱させる というのが私の仕事
>でござ います」(米長邦雄さん)
>「ああそうですか」(陛下)
>「今、がんばっております」(米長邦雄さん)
>「やはり、あのあれですね。 強制になるということ でないことがね。
> 望ましいと」(陛下)
>「本当にすばらしいお言葉いただきましてありがとうございました」(米長
>邦雄さん)
>「どうぞ元気で」(陛下)
>強制になるということで ないことが望ましい。天皇陛下が日の丸・君が代の
> 問題に言及するのは 異例のことです。
>「(陛下は)本当にまさかこんなところまで、これどうなってますか(と聞かれ
>て)。私はお答えしましたけれども、非常に感心いたしました」(米長邦雄
>さん)
>「君が代というのは天皇をほめたたえる歌なんですね。
>しかしそれ が強制的に(君が代を)歌いなさいと言う風に言われることに
>ついて、『問題だな』という風な気持ちをお伝えになった。極めて一般的な
>お話だと思います」(静岡福祉大学 高橋紘・教授【元共同通信
>・皇室担当】)
>日の丸・君が代をめぐっては、去年10月、都の教育委員会が 都立校の
>式典で、国旗の掲揚と君が代斉唱を 徹底するよう通達。今年の春、通達に
>従わなかった教職員238人が懲戒処分されました。
>米長さんは東京都の教育委員 6人のうちの1人で、 99年に就任。国旗
>掲揚と国歌斉唱の徹底を推進してきました。
>「(ここ数年、都教委が行ったことは)校長に楯突く者、あるいは校長をいじ
>めるものは徹底的に教育委員の権限において、徹底的に校長のために
>やったはずであります」(東京都教育委員 米長邦雄さん・今年4月)
>米長さんを教育委員に 任命した石原都知事は29日の定例会見で こう
>話しました。
>「米長さんと陛下の会話のやりとり・ニュアンスをそばにいたわけじゃあり
>ませんから。報道のさらに要約でしか判断できないんで、あまりそれ以上
>のコメントは差し控えたいと思います。(都教委のやっていることは)強制
>じゃないんですよ。これは要するに国が決めたことを公務員として義務と
>して行うか行わないかの問題であって、一般的に強制する、しないの問題
>とは違う」(石原慎太郎・都知事)
>米長さんは29日、 陛下の発言について 次のような回答をしました。
>「陛下のお言葉に一市民である私はコメントすることはできません」(米長
>邦雄さんのコメント

TBSの「姿を見せました」というのは不敬極まりない(米長氏の「感心」も微妙)発言だがこういうところは誰もツッこまない(笑)。

元・共同通信の高橋紘教授の発言は彼の出自を考えると、あたかも中立であるふりをして「君が代」を貶めているのではないかとすら見える。こういう言い方をされたら純情真っ直ぐクンは「米長というのは天皇をほめたたえる歌を強制する悪いヤツだ」と短絡的に考えてしまうだろう。

その点、石原都知事の発言は至極真っ当で(勿論過去に自分が被害にあっているからもあるだろうが)、コレこそがオトナの見方である。

米長氏が日記で問題の個所を避けた、となじる向きもあったが、氏の方針が上記のコメントの通りであるなら当然であろう。「綸言汗の如し」で、一度発した言葉を周りが騒いだからと言い直すのは米長氏のスタイルではない。これからも毅然としていてもらいたいものである。
by haruhico | 2004-10-30 00:22 | 亡国 | Trackback(2) | Comments(4)
薩摩守
4知事に年金未納期間 石原氏「調査中」 朝日新聞調査
http://www.asahi.com/special/nenkin/TKY200405070363.html

>政治家らの国民年金保険料の未納問題が広がりを見せる。朝日新聞社は
>7日、47都道府県の知事の実態について調査した。岐阜、三重、宮崎、
>沖縄の4県の知事が期間は短かったものの「未納があった」と発表。32人
>が「未納なし」、11人が「調査中」「未調査」と答えた。
>「未納」を公表した4知事は、いずれも「気づかなかった」という。
>宮崎県の安藤忠恕知事は、県職員を退職した98年4月から01年2月まで
>の2年11カ月間。「不勉強でおわびしたい」と述べ、期末手当の返上や減給
>などを検討中だ。
>三重県の野呂昭彦知事は衆院議員だった父の秘書時代の73~83年の間
>の通算3回で計4カ月分。会社員から秘書になった際などの「手続きのずれ」
>で、「日常的にある話だと思う。税制度でやれば未納問題はない」と指摘
>する。
>沖縄県の稲嶺恵一知事は、73年に民間企業から別の会社に移る間の37日
>間。自身の未納が明らかになる前の記者会見では「選ばれた人は細かい
>配慮が必要」と語り、福田官房長官の引責辞任を「大変残念。内閣の要とし
>て重大な決意があったのだろう」とした。
>全国知事会長を務める岐阜県の梶原拓知事は88年10月~89年1月の
>4カ月間。知事選に立候補するため副知事を辞めた際、加入義務を知らされ
>ず、そのままになっていたという。
>「気づかなかったではすまされない。誠に申し訳ない」と陳謝した上で「自動
>的に国民年金に加入する制度にした方がいい。加入義務を社会保険事務局
>が通知してくれれば良かった」と語った。
>一方、「現在調査中」とした東京都の石原慎太郎知事は「逃げ口上じゃない
>けど、全部奥さんに任せていて、奥さんもよくわからないというんで、今、一生
>懸命調べています」。千葉県の堂本暁子知事らも「調査中」とした。
>「未納はない」と回答したのは長野県の田中康夫知事ら。この中にも「制度が
>複雑すぎる」と指摘する声は多かった。
>北海道の高橋はるみ知事は「政治家が改めて襟をただす必要があるが、
>わかりにくさや手続き面も問題。国民的合意のもとに改革すべきだ」。
>宮城県の浅野史郎知事も、政治家の未納に「弁解の余地はない」としつつ
>も、「背景には、実質的には任意加入に近く、制度的限界もある」とした。
>山形県の高橋和雄知事は「かけ損と思わせる年金制度は成り立たない」と
>指摘。鳥取県の片山善博知事は「魔女狩りのような雰囲気がおかしい。未納
>ばかりが問題にされ、年金改革の本質的な議論がない方が問題」とみる。

朝日新聞の調査とはどれほどのものかと思って調べたら、都庁のHPにある4/30の記者会見で問題の個所(開始20分後ほど)を見つけた。ところが質問しているのは「毎日新聞」の合田月美記者

石原:「これ払ってなかったら喜ぶだろ、毎日(朝日にも聞こえるが?)新聞は?」
合田:「ええもちろん
石原:「(場内爆笑)正直だよ、あの子はねぇ」

その後も愚問を連発。これで私よりいい給料もらってるんだろうな。
この記者もこれだけ言うんだから自分の年金に落ち度はないんだろうね。
by haruhico | 2004-05-08 00:14 | バカ | Trackback | Comments(0)
家に帰るまでが遠足です
イラク邦人人質:日本人解放の情報 アルジャジーラは否定

桜花賞を見ている間に事態は急展開(爆)。

じゃ、この映像は何?

西村剛って記者(?)はどこでアルジャジーラを見てんだか。
by haruhico | 2004-04-11 17:05 | お笑い | Trackback | Comments(0)