人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
タグ:権利バカ ( 2 ) タグの人気記事
土下座を要求することは人権侵害ではないそうです
国立の卒業式土下座報道 「児童の人権配慮を」 東京弁護士会、本紙に要望
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/flag/050401-1flag.html

>産経新聞の記事で、東京都国立市立第二小の児童が卒業式で国旗を降ろ
>すよう校長に集団で迫ったかのように報道されたとして、保護者三人から
>人権救済の申し立てを受け、調査した東京弁護士会は三十一日までに、
>産経新聞社に対し「記事は必ずしも事実を伝えたものとは認められません」
>とした。その上で「学校の入学式・卒業式に関連する報道を行う場合は、
>子供の人権に十分配慮してほしい」と要望した。
>産経新聞は平成十二年年四月五日付朝刊で、同年三月の卒業式を「児童
>30人、国旗降ろさせる」「校長に土下座要求」との見出しで報道した。
>要望書では児童らが校長に(1)日の丸を降ろしてほしいと発言(2)掲揚の
>説明が事前になかったことの謝罪を要請(3)居合わせた一人が「土下座」
>という言葉を使用-は事実とした。だが、「約三十人が一斉に土下座
>による謝罪を求めたという事実までは認められない」「校長に直接向けられた
>言葉であると認めることはできない」などとしている。当該の記事には、約
>三十人の児童らが口々に一斉に集団で校長に対して土下座による謝罪を
>求めたという記述はない
>
>事実伝えた記事
>産経新聞社広報部の話
>「記事は確かな取材に基づいた事実を伝えたものだ。児童らのプライバシー
>などについては十分配慮しており、今後ともその姿勢に変わりはない」
>
>【掲載時の記事(抜粋)】
>関係者によると、卒業式が終わった後の(平成十二年三月)二十四日午後
>零時四十分ごろ、校庭で六、七人の児童が、澤幡校長に「校長先生は
>昨日、夜十二時まで先生たちと話し合った。先生みんなが(国旗掲揚に)
>反対しているのに、なぜ掲げたのか」「二小は四十九年間、掲揚しなかった」
>「式は私たちのもの。旗を降ろせ」などと詰め寄ったという。
>その後、校長と児童は屋上に向かい、同一時過ぎ、教頭の手により国旗は
>降ろされた。児童は三十人近くに増え、教員や保護者も現場に駆けつけ
>た。ある教員が「子供に相談しないで国旗を揚げたのは民主主義に反
>する」と話すと、児童たちは次々と「基本的人権や憲法に反する」「多数決
>で決めるのが民主主義」などと校長を非難した。
>さらに、この教員が「子供たちは自分たちの作り上げてきた卒業式を勝手に
>変更したことを怒っている」と言うと、児童は興奮し、涙ながらに「謝れ」
>「土下座しろ」などと校長に謝罪を求めた。校長は「つらい思いをさせて
>悪かった」などと謝ったという。
>さらに、児童が「戦争で多くの人が死んでいる」「国旗国歌法は、一部の人が
>勝手に決めたもの」などと訴える場面もあった。式中にも卒業生が将来の
>夢を語る場面で、「校長先生に望むのは、子供の意見を聞ける校長に
>なってくださいということ」と話す児童もいた。多くの教員から大きな拍手
>が起こったという。

これは一日遅れのエイプリール・フールですか?

30人の小6・教員・保護者から突き上げられ、理不尽な謝罪をさせられた校長先生の人権救済が先でしょ?

30対1で押し問答している際に「土下座」という言葉が発せられ、それが校長以外の誰に向かっているというのか?この弁護士は日本語会話が間違いなく不自由なんだろう。

だいたい国民の義務を1つたりとも果たしていない青臭いガキに主張できる「権利」なんてあるはずがない。どこが憲法違反なのか条文を挙げてみやがれ。何度も書いているが「公共の福祉に反しない限り」という文言が最近の検定教科書からは抜けているのか?

「国旗国家法」が一部の人が勝手に決めたものだとするならそうでない物を挙げてみろ。「間接民主主義」ってぇのはそういうもんだ。

こんなキチガイ共がのさばっている地域が文教地区だなんてチャンチャラ可笑しいわ。
by haruhico | 2005-04-02 23:33 | バカ | Trackback | Comments(4)
十五歳の春と二十歳の春
「君が代」歌わぬ自由、生徒に説明を 弁護士会が勧告
http://www.asahi.com/national/update/0311/OSK200503110028.html

>入学式や卒業式の「君が代」斉唱のとき、必ずしも起立や斉唱を
>しなくてもいいことを生徒にきちんと説明しなかったとして、大阪
>弁護士会は11日、大阪府高槻市内の市立中学校の校長に、「起立
>しない自由、歌わない自由を十分に説明するように」と勧告したと
>発表した。人権侵害にあたるおそれがあると指摘し、「思想・良心の自由」は
>人格の発展過程にある中学生にも保障すべきだと求めている。
>勧告書によると、同中学の前任の校長は君が代斉唱がある前に、「起立、
>斉唱について強制しないつもりです」などと生徒に具体的に説明した。
>しかし、この校長は赴任した02年度は「強制はしません」と簡単に説明した
>だけで、03年度以降は一切説明しなくなった。このため、教員2人が「強制
>でないことを説明しないのは思想・良心の自由に対する侵害
>だ」として人権救済を申し立てていた。
>勧告書は、君が代は戦前の天皇制絶対主義の表現を引き継ぎ、国民主権に
>反するといった意見があると指摘。学習指導要領で明記されている国歌指導
>などについての政府見解も、「児童生徒の内心にまで立ち入って強制しようと
>する趣旨のものではない」などとされており、斉唱と起立は強制されるもので
>あってはならないとした。
>勧告を受けた校長は「学習指導要領に従って指導しているだけだ。思想・良
>心の自由を尊重し、歌わない子どもに無理に歌うことなどは指導しておらず、
>勧告を受けて驚いた」などと話した。

春だなぁ。

「~をしない自由」を全てにわたって認めたら社会が成り立たないのがどうして分からないのかな。彼らは国家試験である司法試験の合格発表会場に「常識」を置き忘れてきたのではないだろうか。

面白いのは、こういうことを嬉々として書く新聞(朝日や東京など)が成人式の日に新成人が暴れたら批判的な記事を書くことだ。

15の時に君が代を歌わない自由があると教えられたガキどもが5年経って、「来賓のつまらない長話を聞かない自由がある」「成人式でクラッカーを撃つ自由がある」と思うのは当然では?

チョイと気になって、大阪弁護士会のHPを覗いてみた。確かに会長は人権屋っぽい(笑)。しかし、提言・意見書の所に問題の勧告が出ていない

ひょっとして、この記事って、大阪弁護士会のHPのトップにある
実在する法律事務所名またはそれに近い名称を騙って、利用した覚えのないサービスの代金(架空の債権)を請求するという、詐欺まがいの行為が頻発しております。ご注意ください!
って奴だったりして(笑)。
by haruhico | 2005-03-14 23:16 | お笑い | Trackback | Comments(4)