人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
2008年 07月 15日 ( 1 )
【物欲戦隊ルサンチマン】 第33回 バリ島引きこもり日記(3/4)
前日の夜は日記の下書きを2日分一気に書いたので寝たのは2時前。ベットに横になるとそのまま眠りに落ちて朝目が覚めたのは7時過ぎ。ダラダラと支度をしてレストランに行く。昨日とは微妙にメニューが違っている。

レストランで昨夜着いたばかりの向こうのご両親に出くわす。お会いするのはこれで2回目か。何でもエコノミークラスが満員で、料金は同じでビジネスクラスに乗れたらしい。何とも羨ましい話だ。

結婚式の後に食事会があるため、昼を食べずに朝を多めに摂ろうということになったが、昨日の不味い中華が残っていてあまり食欲がない。だから昨日より若干控えめに1皿だけ取ってくる。
a0001324_1352048.jpg

クロワッサンとドライバナナのせのフレンチトースト、ポテトとオムレツ(トマト&チーズ)とポークソーセージ。最後にモーニングステーキ2切れ。左上のジュースはにんじんジュース。

昨日はシュフのオムレツだったが、今日は若干マシになった。ステーキはあまり期待していなったがまあまあの味。もっとも若干レアなところもあったが。

気持ち物足りなかったので見に行ったら昨日のサバの味噌煮が海鮮のフライになっていた。飲茶も替わっていたのでちょっと取って、サーモンとハムを取ってついでにクリームチーズも、と思って口に放り込んだらバターだったorz。まぁ、今、日本はバター不足だからいいか。
a0001324_13605.jpg

食後にビジネスセンターにノートPCを持ち込んで接続する。昨日はケーブルで繋がったのに、今日はDHCPでIPは取れてもネットに接続できない(第一オクテットが10で始まるアドレスが正しいようだ)。仕方がないので昨日買ったカードのIDとパスを入れる。安定しないが繋がることは繋がる。

確認のために手品の空中浮揚のようにLANケーブルを抜くがまだ繋がっている。つまり、有線ではなく無線経由でしか繋がっていないということだ。先がADSLなので100BASE-Tだろうが無線だろうが関係ない。

とりあえず懸案の宝塚の投票をしようとオッズを見るがメイショウサムソンの単が2.2倍でアルナスラインの単が 7.5倍しか付かないので一気にやる気が失せる。アルナスラインからチョコチョコとこの春最小金額だけ賭けて終わりにする。

引き続きだらだらとネットに接続しているが、Mixiの日記を書いて、楽天の試合結果を見終わると他は意外と見るものがない(普段使いではないのでブックマークが貧弱なせいもあるが)。2枚目のカードを使い切ろうかと思ったが、ふと思い立って5分ほど残してログアウトする。

部屋に帰る途中、昨日教えてもらった廊下のアンテナの下でPCを立ち上げるとやはり信号レベルは100%だ。
a0001324_1365930.jpg

大して厚くない、廊下の音が聞こえるような壁だがそれでも駄目らしい。PCを持ったままダウジングのように探り歩くと、自分の部屋の前でもずいぶん信号レベルが落ちる。部屋とは反対にある電源のとれるエレベータホールでは信号レベルが50%程度だが、ちゃんとログインできた。やはり信号強度の問題だったようだ。

式を前にして風呂に入る。バスタブが大きく、久しぶりに足が伸ばせた。ただ、床に排水口がないので、お湯があふれると洗面所からトイレまで水浸しになるためお湯の量は程々で止めておく。
a0001324_1373498.jpg

シャワーの口が高く固定されているのでレバーをひねると冷たい雨が降ってくるようだ。冷温・強弱を一本のレバーで行うため、最初は勝手がわからなかった。
a0001324_1375141.jpg

式までまだ時間があるので、とりあえずスーツに着替えてテレビを見ながら過ごす。

14時半に向こうのご両親とロビーで待ち合わせる。しばらくして日本人のコーディネーターの方が迎えに来て、式場までは電気自動車に揺られる。
a0001324_1382870.jpg

見た目は華奢だが、この電気自動車、6人を載せてグイグイと走る。昨日下見した竹に囲まれた小道も結構なスピードで走り抜ける。

式場には現地スタッフが大勢スタンバイして主役の2人を待っていた。我々4人はチャペルの中に通されて式次第を渡される。式の間はビデオカメラが回っているので、我々の撮影は不可。終了後に撮影時間が別途取ってあるとのこと。なので、式の途中の写真はナシ。

神父さんは現地の人だそうだが、パッと見、鳩山邦夫にソックリな厳めしい顔つきの偉丈夫。3人のコーラス隊のアカペラをバックに、新郎新婦入場。

チャペルは壁が総ガラス張りの上、十字架までがガラス製。さらにバージンロードもガラス張りで下には水が流れている。
a0001324_140146.jpg

式が始まると、神父さんは全て英語で話す上に、微妙に訛っているので(負け惜しみではない!)聖書の朗読(コリント人への手紙第13章)などは、日本語を見ながらでは今どこを読んでいるのか皆目見当がつかない。もっともポイントポイントでコーディネーターの方が同時通訳(?)をしてくれるが。さすがに結婚の誓約で「病めるときも健やかなるときも~」の部分は自力でヒアリングできたが。

最後にオカンと向こうのお父さんが結婚証明書にサインして新郎新婦は退場。その間わずか30分程度。海外でやる意味を感じんなぁ。

退場後に我々もいったん外に出てフラワーシャワー。燦々と日射しが降りそそぐ中なので、周囲のスタッフが日傘を差しかけてくれる。

ネットを検索したら、模擬挙式の高画質動画を発見したので、ここまでの雰囲気(特にコーラス隊)を味わいたい方はこちらをどうぞ。

その後、全員にリッツフィズが配られ乾杯。非常に綺麗な青色のカクテル(?)で、もちろんかけ声は「ルネサーンス!」(ウソ)

さらにお約束のウエディングケーキの入刀。ケーキはリッツカールトン大阪と同じレシピのストロベリーショートケーキ。2人の初めての共同作業って食べるところまでやったっけ?こっちは食べてないけどごちそうさま。

ここからようやくチャペル内での撮影タイムになる。日本から来ているカメラマンのサブローさんが関西弁でまくし立てながら新郎新婦にポーズを付けてくれる。

昔、コミケでコスプレイヤーの撮影をしたときは、レイヤー自身が自分の「決めポーズ」を分かっているので、シャッターを切るごとに自分からポーズを取ってくれるが、新郎新婦共に初体験(苦笑)だからどういうポーズを取ればいいのかなんて分かるわけがない。

サブローさんが指定する通りに身体を曲げ、手を置くとなるほどいかにもモデルのようなポーズになる。で、ポーズを取るごとにサブローさんが連写する。これってどこの芸能人の挙式?という雰囲気だ。

兄貴も負けじとシャッターを切るが、壁一面がガラス張りで、そこからインド洋の陽光が燦々と降りそそぐために、素人写真はみんなド逆光。ただでさえこちらへ来て少し焼けた妹の肌が真っ黒に。プロの写真はどうなっているのだろうか。

チャペル内の撮影会の次は外へ出て芝生の上での撮影会。ここでもサブローさんは絶好調。あれやこれや注文を付けて様々なカットを作り出す。こういう時、関西弁って便利だなと思う。

ここに載せるために、個人を特定できないよう注意を払った構図の写真も撮ったのだが、妹の頑強な抗議があったため載せられません、あしからず。

海を見ていると、チャペルの向こうにバリ島最高峰のアグン山が見えた。
a0001324_22544065.jpg

コーディネーターの方によると、よほど天気がよくないと見えないらしく、見えるのは吉兆だというが世辞半分で受け取っておく。何のかんので、式よりも撮影時間の方が長い(笑)。

主役の2人は更にホテル内の撮影スポットツアーに出かけ、我々4人はまた電気自動車に乗って、食事会のレストランへ先回りする。どこに連れて行かれるのかと思ったら、この2日間歩き回った範囲(ゲストルーム周辺)を遙かに超えて今夜から新婚さんが過ごすヴィラの方にあるDAVAレストランに着く。
a0001324_1464576.jpg

個室に通されて家族4人で式の感想などを話し合っているうちに30分ほどして主役が戻ってくる。サブローさんと現地のビデオカメラマンは引き続き帯同。
a0001324_1471223.jpg

まずはお通し。この2日間で口にしたものとは明らかに方向性が違う。
a0001324_1472663.jpg

他にパンに塗るペースト状のもの3種。一番左がココナッツ味だったのは覚えているが、残りの2つは失念。
a0001324_147442.jpg

前菜はスモークサーモン、イクラとポテト添えレモンタマリンドヴィネグレット。
これはもう見たまんまの味。
a0001324_1475849.jpg

魚介類はベビーロブスター キャビアとクリーム。
図体はデカいが、意外と食べるところは少なく2口程度。
a0001324_1482953.jpg

口直しにクランベリーのソルベ。こんなタイミングにソルベが出てくるなんて初めて。
a0001324_1484483.jpg

そしてメインの肉は和牛の炭焼きグリル 豆とスモークベーコン 赤ワインとエシャロットのジュース。

今までいろいろな所でステーキを食べてきたが、ちょっと別格の味。外はクリスピー、中はしっとりという焼き加減といい、肉の厚さといい、言うことなし。
a0001324_149457.jpg

デザートはシトラスフルーツのデザート3種。左からレモンソルベ、ライムタルト、オレンジスフレ。スフレはテーブルに出た瞬間がジャストタイミングでアツアツのフワフワ。温から冷へのグラデーションを堪能する。
a0001324_1491859.jpg

最後に先ほどカットしたストロベリーショートケーキが出てくる(もちろんケーキ入刀で使ったものとは別の物だろうが)。外側だけが生クリームで、中はカスタードクリーム。甘さ控えめで上品な味。

途中、予告もなく新郎新婦へのコメントをビデオカメラに向けてしゃべるシーンがあり、ありきたりなことしか言えなかったのが残念。2人から家族への言葉もあり、コーディネーターの方が「感動しました」とわざわざコメントしてくれた。当事者としてはありきたりな感じだったので、これまた世辞半分に受け取る。

最後に現地スタッフから寄せ書きのプレゼントを貰う。日本人カップルということで何やら漫画っぽい手書きイラストも入っている。スタッフに何のキャラか聞いたら、わざわざ書いた人の所まで聞きに行ってくれて「NARUTO」の女性キャラだという。さすがに最近の「ジャンプ」までは押さえていないので、詳しくは不明。ただ、こんな所にまで「NARUTO」が浸透しているのだなぁ、という感慨にひたる。
a0001324_1495235.jpg

真ん中がコーディネーターの方。暗いし手ぶれで分かりづらいがエキゾチックな南方美人。花嫁より美人なコーディネーターってどうよ?右がウエイターさんで左が日本語勉強中の現地女性スタッフ。キャラを確認してくれたのもこの人。

退席する際に妹から「ハイ、これ」とブーケを手渡される。

ちょwwwwwおまwwwww。いくら参列者唯一の独身とはいえ、ブーケを男に渡してどうするwwwww俺はクラウザーさんか?それに検疫で日本に持って帰れないwwww。

とりあえず部屋に持って帰ってコップに挿すとちょうどバランスが取れた。
a0001324_1504012.jpg

部屋に戻ると遠くからサンセットウェディング後のイベントなのかバンドがホイットニー・ヒューストンの「Greatest Love of All」を奏でている。そのうちやるだろうと思っていたらやっぱり「I Will Always Love You」が始まった。妙に選曲がホイットニーに偏っている。

曲が終わってしばらく経って突然ダン!ダン!ダン!ダン!という壁を叩くような大きな音がした。どこの馬鹿だっ、こんな夜中に!と思ってベランダに飛び出したら、爆竹と打ち上げ花火だった。あわててデジカメを引っ張りだしたが、普段使いのCASIOでは撮れなくて、オカンの「きみまろズーム」でようやく1枚多少まともな写真が撮れた。
a0001324_2255668.jpg

さすがに半日ハイテンションだったのでぐったりだ。ベットにそのまま倒れ込む。バリ滞在もあと1日である。明日はフロントに集合が21時半なのにチェックアウトが14時。最後の7時間、何をして過ごそうか。
by haruhico | 2008-07-15 02:20 | 物欲戦隊ルサンチマン | Trackback | Comments(4)