人気ブログランキング |
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
2006年 04月 25日 ( 1 )
尾道はワシの縄張り(シマ)じゃけんのぉ
大林監督、故郷・尾道市に異論 戦艦大和セット公開巡り
http://www.asahi.com/culture/movie/TKY200604240285.html

>広島県尾道市で一般公開中の戦艦大和の原寸大ロケセットについて、
>出身地の尾道で数多くの映画を撮影している大林宣彦監督(68)が
>「ロケセットは映画の中で初めて意味を持つ。人寄せのための公開は、
>戦争やふるさとを商売にしているようで恐ろしい」と、市の観光
>行政を批判している。セットには予想を超える人が集まり盛況だが、大林
>監督は「公開中は故郷に帰らない」と宣言した。
>ロケセットは、昨年12月から公開された映画「男たちの大和/YAMATO」
>(佐藤純弥監督)の撮影のため、約6億円を
>かけ制作された。本物の大和は広島県呉市で建造されたが、今回は数カ所
>あった候補地から、空いている造船所があるなどの条件を満たした尾道市
>に造った。
>昨年7月から市や観光協会でつくる公開推進委員会が大人500円、小学
>生300円で公開を始めた。3月末現在で当初予想の3倍以上の78万人
>が訪れている。3月末までの公開予定だったが、大型連休期間の5月7日
>まで延長された。
>この映画は東映、朝日新聞社、テレビ朝日などが出資
>最終的には興行収入約50億円、400万人以上の動員が見込まれている。
>制作した角川春樹氏(64)と尾道市との協議がきっかけで公開が決まった
>という。角川氏は「壊すだけで2000万~3000万円はかかる。だったら
>地元に恩返ししようと公開に同意した。プロモーションとしても成功だった」と
>話す。
>大林監督は、映画自体は評価しているが、その後のセット公開を支援する
>観光行政のあり方について、講演会などの場で繰り返し批判している。これ
>に対し、尾道市観光文化課は「古いものを大切にする精神は監督と
>共有しているはず。公開は一時的なものに過ぎず、町の風情を壊すことには
>ならない」と反論する。
>     ◇
>大林監督は次のように語っている。
>僕の自慢は、尾道に映画の記念碑やセットを残していないことだ。映画を
>見た人の心に残ったものが記念碑。セットを残そうなどという提案はすべて
>断ってきた。尾道市にとってはそれが不満だったのだろう。
>「男たちの大和」という映画がふるさとで撮影されたことは、誇らしく思う。
>僕の尾道での撮影スタッフも協力した。でもセットは残すためのものじゃない。
>スクリーンに映し出されて初めてリアリティーを持つ。単なる張りぼて
>は、夢を壊すだけではないか。
>恒久的に残すものとして、戦艦大和の歴史がある呉市につくられたのなら
>賛成するが、いかにセットを残すかばかりに気を取られた尾道市につくられた
>ことは、大和にとっても不幸だ。
>小学生からも金をとって、ふるさとや戦争を商売にしている。セットが公開
>されているうちは尾道とは絶縁だ。これは、大林映画30年の理想
>に対する否定であって、怒らないわけにはいかない。
>僕の願いは、ふるさとがあるがままに残って欲しいということだ。高度成長
>期、尾道でも古いものが壊されたが、これからは古いものを残すことが
>資源になる。「そこにしかない暮らし」を求めて旅人は来るのだから。
>     ◇
>〈尾道を舞台にした大林監督の主な作品〉
>・転校生(82年)
>・時をかける少女(83年)
>・さびしんぼう(85年)
>・ふたり(91年)
>・あした(95年)
>・あの、夏の日―とんでろ じいちゃん(99年)
>※カッコ内は公開年

えーと、何か仁義を切らずに自分のシマで商売されたヤクザが因縁付けているようにしか見えないんですが。典型的な高齢による誇大妄想&被害妄想です。大林映画の30年の理想なんて他人から見れば屁でもありません。

スタッフは参加したかもしれませんが、ご自身は指一本触れていない映画に嘴をはさむ資格は全くないし、そもそも尾道はアナタの持ち物ではありません。

角川映画の「時をかける少女」の舞台を勝手に尾道にしてしまった大林監督の方がよほど「ふるさとを商売にしている」と思いますが。

これ以上尾道を大林監督のオモチャにされないためにも、「男たちの大和/YAMATO」セットの永久保存を希望します。
by haruhico | 2006-04-25 23:36 | お笑い | Trackback | Comments(0)