人気ブログランキング |
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
2006年 04月 08日 ( 1 )
百姓は死なぬように生きぬように
埼玉医科大:「卒業御礼」450万円返して 除籍男性の母、提訴へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060406dde041040040000c.html

>◇現金受領の教授ら趣旨を否定「無理に置いていった」
>埼玉医科大(埼玉県毛呂山町)の理事長ら3人が「卒業御礼」としての現金
>約450万円を受け取りながら、卒業できなかったとして元同医大生だった
>男性(44)の母親(75)が近く3人を相手取り、支払った現金の返還
>などを求めて、さいたま地裁に提訴する。最終的に除籍処分にされた男性
>は、これまでに「退学処分は無効」として提訴、最高裁まで争ったが敗訴
>した。3人は陳述の中で現金授受の大半を認めているが、趣旨については
>否定。今回は「医学部を卒業させたい親の足元を見た悪質な行為だ」と主張
>する母親が原告となる。【大平誠】
>訴状や陳述書などによると、男性は85年に埼玉医大に入学。最終学年の
>6年生まで進級したが、96年度まで留年を繰り返した。93年に
>父親が急死して以降、一時学費が未納になり、その後母親は請求
>された未納金2359万円を納入。
>ところが96年12月、大学から「退学」が伝えられた。当時、学務担当責任者
>だった教授は「本当は学費未納が理由だが、学力不足ということで処分した」
>と説明したという。しかし、母親が学費を全納すると、翌97年2月、いったん
>退学処分は撤回された。
>母親は同月末、職員に呼び出され、連れ立って教授を訪問。職員は「卒業で
>よかったね」と言い、母親はその場で教授に100万円、職員に
>50万円を手渡したという。母親はこの後も教授と職員、さらに理事
>長にも各約100万円ずつを渡したとしている。
>ところが、男性は卒業できないまま在学年限切れとなり、大学の勧めで
>99年まで復学試験を受け続けたが、いずれも不合
>格。こうした事態に母親らは、理事会に訴えるなど大学側とトラブルになり、
>同年11月、母親の自宅郵便受けに現金計310万円が投げ込まれた。この
>金は、後に職員が投げ入れたことが判明したが、帯封が謝礼で渡した際と
>は異なる銀行名だったという。大学からは04年になって「97年3月末日で
>除籍処分にした」という通知を受けた。
>男性が起こした退学処分無効訴訟の中で、こうした現金授受について教授ら
>は「何度も拒否したのに、お母さんが『卒業させろ』と無理に置いていった。
>その後も返却しようと努力したが、お母さんがかたくなに受け取らなかった」
>などと反論。この訴訟で男性は現金返還も求めたが、支払ったのが母親
>だったため認められなかったという。
>母親は「事前に卒業させてくれとお願いしたのではなく、『卒業御礼』のつもり
>だった。教授らは黙ってニコニコと受け取ったが、(金額が)足りな
>かったのでしょうか」と話す。
>これに対し、同医大広報室は「既に裁判で大学側完全勝訴で決着しており、
>改めてコメントすることはない」としている。

まず、記事から分かる情報を時系列順に並べてみる。

1963年?(0歳) 誕生
1985年(22歳) 埼玉医科大入学
1993年(30歳) 父親死去により学費未納
1996年12月 大学より退学が伝えられる→2359万円(3年分?)納入
1997年 2月 退学処分撤回
1997年 3月 母親が教授、職員、理事長に金をばらまく←除籍扱い
1999年(36歳)復学試験に落ち続ける
1999年11月 310万円が投げ込まれる
2006年 4月 母親が提訴

大学の対応もどうしようもないが、ハッキリと言えることは、

1.医科大学は埼玉医科大だけではない。
2.36歳まで"学生"扱いで、今、何をやっているのか?
3.父親の死去で未納してるのに、どこから2359万&謝礼&裁判費用が出ているのか?
4.まず母親を贈賄罪で問うべき
5.親子揃って一番足りないのはアタマ

ちょっとググったら担当弁護士のブログを発見。

「blabber」
埼玉医大除籍男性の母 提訴へ(毎日新聞より)...April 06, 2006
http://lawyer-tomohikoono.com/archives/2006/04/index.html#000421

>以前、ここのブログにも書きましたが、前訴は、息子さんが、退学処分の
>無効および学生の身分の確認を求めて、東京地方裁判所に提訴し、私が
>控訴審から担当しました。
>残念ながら、前訴は、最高裁まで争ったものの敗訴してしまい、所期の
>目的を達成できなかったため、今度は、実際に息子さんの
>卒業を餌にお母さんを翻弄し、卒業の「謝礼」と称して渡したお金を
>実際に懐にせしめた理事長、教授、事務員を相手に、提訴し直すことに
>なりました。

負けた弁護士にまた頼んでるの!?

「負け犬の遠吠え」を聞き入れてどうする。また負けるよ。それとも誰も引き受けてくれないのか(嗤)。知り合いらしいダーク広和「催眠術師になりたい」でも読んで母親をマインドコントロールしてるんじゃないの。

勝訴を餌に母親を翻弄し、裁判費用と称して渡したお金を実際に懐にせしめた三百代言が正義ヅラして提訴するなんてチャンチャラ可笑しい。

また最高裁に行く頃には母親が死んで、詐欺で訴えられることもないだろうが。
by haruhico | 2006-04-08 14:27 | バカ | Trackback | Comments(0)