人気ブログランキング |
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
2005年 08月 28日 ( 1 )
玩物喪志
G♯A♭[GシャープAフラット]のjumpin000さんから「フェチバトン」なるものが回ってきた。基本的にバトンは総受けのバッチコーイなので喜んでお受けするし(ネタ枯れ防止の意味もあるが)、こういう代物が渡ってきたということは「そこが知りたい」ということだと勝手に解釈して書いてみる。数少ない女性読者がドン引きしても知らないが(爆)。

「フェチ」=「フェティシズム」を辞書で引くと
フェティシズム【fetishism】
1 呪物(じゆぶつ)崇拝。
2 異常性欲の一。異性の髪や衣類・装身具などを性的対象として愛好するもの。
3 物神(ぶつしん)崇拝
「物神崇拝」を更に調べると「マル経用語」らしい。奥が深い。

資本主義社会に生きる我々は常に何かに執着しながら生きているわけで、例えばお金フェチでない人はまずいないであろう。私の場合は金だけでなく(金は少ないが・爆)本にも執着しており、同じ本を何冊も所有しているあたり立派な本フェチであろう(永久保存用、貸出用、持ち歩き用、プレゼント用)。ふと思い立って同じ本を何冊持っているか調べてみた。

1位 6冊 鮎川哲也「黒いトランク」(角川文庫・絶版・白背2冊含む)
1位 6冊 奥村正二「火縄銃から黒船まで」(岩波新書・絶版)
3位 5冊 鮎川哲也「呼びとめる女」(角川文庫・絶版)
4位 4冊 森村誠一「新幹線殺人事件」(角川文庫・カバー山下秀男)
4位 4冊 坂口安吾「復員殺人事件」(角川文庫・絶版)
4位 4冊 奥村正二「生糸・小判・和鉄」(岩波新書・絶版)
4位 4冊 鮎川哲也「憎悪の化石」(角川文庫・絶版)
4位 4冊 鮎川哲也「黒い白鳥」(角川文庫・絶版)
4位 4冊 鮎川哲也「蝶を盗んだ女」(角川文庫・絶版)
4位 4冊 鮎川哲也「鍵孔のない扉」(角川文庫・絶版)

これらは全て意図的に揃えたもので、決して若年性痴呆症のためではない(「呼び止める女」は気づいたら5冊あったが・爆)。ちなみに同数1位の「火縄銃から黒船まで」は記憶にある限り3人に進呈しているので、購入数は実質トップだ。他にも角川文庫の鮎川哲也モノは2setコンプリート(全22冊×2)している。まっとうな神経の持ち主には理解できないだろうが、これがコレクター心理というモノである。

今でこそ復刊ブームで鮎川哲也の長編は創元推理文庫や光文社文庫で手軽に読める(「白の恐怖」と「砂の城」と「宛先不明」を除く)が、一時期「黒いトランク」などは新本では完全に入手不可だった。石油ショック時にトイレットペーパーを買いに走った主婦の心境というべきか。

これだけ本について書けばそろそろ呆れて読む人も減っているだろうからそろそろバトンの本題に入る。

エロが嫌いな人はクリックするべからず。
by haruhico | 2005-08-28 23:17 | トラックバック企画 | Trackback | Comments(9)