人気ブログランキング |
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
2005年 02月 24日 ( 1 )
チュンサンは今も記憶喪失
帰ってきた買っとけ! DVD
第163回:この映像の中で暮らしたい!?
新海監督最新作「雲のむこう、約束の場所」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050222/buyd163.htm

>特典映像は、ヒロキ役の吉岡秀隆、タクヤ役の萩原聖人、サユリ役の南里
>侑香、そして新海監督のインタビューで構成されている。製作体制が特殊な
>作品だけに、メイキングコンテンツを見たいところだが、それは付属のブック
>レットの方で細かく解説されている。
>製作に使われたソフトウェアは、Photoshop、LightWave、AfterEffects
>など、お馴染みのツールばかり。「ほしのこえ」の時も聞かれた話だが、普通
>の人でも入手できるソフトウェアとPCで、情熱と実力さえあれば、これだけの
>作品が作れるという証明でもある。PCの進化を実感すると同時に、映像作家
>を目指す人のお手本になり、同時に妬ましい作品と言えるかもしれない。
>インタビューでは、スタッフの役割や物語で苦労した点などを、1つ1つ丁寧
>に話す新海監督の姿が好印象だ。彼の説明に合わせて背景画の元となった
>ロケ写真と、実際の背景絵の比較も表示されるので、話の内容だけでなく、
>映像的にも見逃せないコンテンツと言えるだろう。
>吉岡氏と萩原氏のインタビューでは、両氏とも声優初挑戦ということ
>で、苦労話が面白い。吉岡氏は「収録現場でスタッフの人から“それじゃあ、
>ガヤをお願いします”とか専門用語を言われて、何をしていいかわからず
>ドキドキして、そのドキドキが収まらないまま“セリフお願いします”とか言わ
>れて、モニターではどんどん絵が進行して……」と、相当緊張した様子。
>「ここは僕のいる場所じゃない、なんでこんなところにいるんだろうとか、混乱
>した頭で考えてました」と笑う。
>萩原氏は「俳優として長年仕事をしてきましたが、声の仕事はやった
>ことがなくて、ずっとやってみたかった。話が来た時は
>“ついにこの時が来たか!!”って、凄く嬉しかった」という。しかし、いざ収録が
>始まると「声を出した後、ガラスの向こうで監督とスタッフが何か相談してて
>……それを見てると“今の声じゃダメなんだ”とかどんどん不安になって、
>ビビッてしまって」と、吉岡氏同様に苦労した模様。素人が考えると全身を
>使って演じるのも声だけで演じるのも大きな違いはないように思えてしまう
>が、やはりまったく違う世界のものなのだろう。

えっ、萩原聖人が声優初挑戦?「雲のむこう、約束の場所」の公式HPにも「NHKで放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」では主役のぺ・ヨンジュンの日本語吹替を担当した。」とありますが。これは"声優"の仕事ではないと(「冬ソナ」放映が2003年で「雲の向こう~」が2004年公開)。

佐々木功によるデヴィッド・ハッセルホフや小池朝雄によるピーター・フォークは"声優"の仕事ではないのかしらん。それとも「冬ソナ」仕事ばかりで感情移入のあまり、チュンサンのように記憶喪失になってしまったのかしらん(爆)。
by haruhico | 2005-02-24 21:01 | お笑い | Trackback(1) | Comments(2)