人気ブログランキング |
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
2004年 12月 27日 ( 1 )
新聞記者の業
書かれる立場の戸惑い記す 小6事件の父が記事
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SCS&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004122701001052

>長崎県佐世保市の小6女児事件で犠牲となった御手洗怜美さん(12)の
>父で毎日新聞佐世保支局長の恭二さん(46)が事件を振り返って書いた
>記事が、27日付同紙朝刊に掲載された。記事には「親として記者として」
>との見出しが付けられ、普段は取材する側の記者が取材を受ける立場に
>なった際の戸惑いも記されている。
>記事によると、6月1日の事件直後は思い付いたことをメモに書き残して
>いた。6月4日のメモには「怜美にも原因があるかのような印象を消せるか?
>1つ1つ報道をチェックできないし、反論は嫌」と書かれていた。
>恭二さんはこうした記述について、今回の記事の中で「殺人事件で、記事
>は加害者の供述が中心になることが多い。しかし、供述が被害者に非が
>あると取れるような『言い分』があるとき、被害者は傷つくばかり
>である。反論したくても被害者は精神的に対応できない」と
>説明している。

こんなことを書くのは気乗りがしないが、普通の犯罪被害者はこのような声をあげたくてもあげられないのである。ところが今回は被害者が毎日新聞長崎支局長の家族だったということで常識では考えられないほどの発言の機会を得ている。

「怜美は悪くない。殺されたのは自業自得だとでも言うのか」「怜美にも悪いところがあるという印象が独り歩きしてしまう。怜美を守るために何かしないと」と思うのは被害者感情を考えれば仕方ないが、全く非が無くて殺されたとは状況からして思えない。加害者の親だって同じようなことを思っているだろうが、それを公にする機会は与えられていない(加害者の肩を持つ訳ではないので念のため)。

この事件以降も毎日新聞の事件報道の姿勢に変化がないことは、記事中の

>別の事件の被害者の名前や顔写真はしばしば連発されているのが現状で
>ある。

という記述からも分かる。つまり身内だからこその特例だったに過ぎない。例えば奈良の誘拐殺人で毎日新聞だけ被害者感情を考慮したものになっているわけではない。

だから、この父親の手記を読むたびに新聞記者の特権意識が見えて嫌な気分になる。自分自身で書いているが、長崎の幼児誘拐事件などでは、自分が第三者なら被害者感情を逆撫でして恬として恥じるところがないのである。それがいざ自分の身に降りかかった途端にこの周章狼狽ぶり。あまりにもご都合主義だ。

事件とは別に過去の業を反省するか、その業を受け入れるか、どちらかしか選択肢はないだろうに。
by haruhico | 2004-12-27 22:54 | 偽善 | Trackback | Comments(2)