人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
消えた手品師
本格推理小説の名手、作家の泡坂妻夫さん死去
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090204-OYT1T00506.htm
奇術的なトリックを取り入れた本格推理小説の名手で、直木賞作家の泡坂妻夫(あわさか・つまお、本名・厚川昌男=あつかわ・まさお)さんが3日午後6時36分、死去した。75歳だった。喪主は妻、耀子さん。
 東京生まれ。紋章上絵師の家業を継ぐ傍ら、趣味で多くの創作奇術を発表。1976年、名探偵・亜愛一郎(ああいいちろう)の登場する「DL2号機事件」(幻影城新人賞佳作)を発表し作家活動を始めた。奇術がテーマの「11枚のトランプ」や日本推理作家協会賞の「乱れからくり」、夢幻的なサスペンス「湖底のまつり」などで評価を受け、本そのものに仕掛けのある「しあわせの書」「生者と死者」など奇想天外なミステリーを次々と発表した。
 90年には職人の世界を描いた「蔭桔梗」で直木賞を受賞。時代小説も多く手がけた。88年「折鶴」で泉鏡花文学賞。
 3日昼に体調不良を訴え、病院に運ばれた。
 ミステリー作家の有栖川有栖さんの話「紙の上でマジックするようなトリッキーな世界を展開し、謎が鮮やかに解かれる美しさを描いた。人をだますことにかける情熱は芸術的で職人的な創作姿勢を尊敬していた」
一昨日注文した「幻影城の時代 完全版」が今日届いた。
そこへ「幻影城」の第1回新人賞佳作でデビューされた泡坂妻夫氏の訃報。虫が知らせたのだろうか。
泡坂氏は大塚在住だったはずで、一度だけ高校の帰り道に山手線で出くわしたことがある。ミステリー好きの同級生とサイン貰おうかとヒソヒソ話したことを未だに覚えている。

愛読者というほどではないが、泡坂氏の初期作品はほぼすべて読んでいるし、中期くらいまでは大体持っている。読んだものの中でベスト5を挙げると

「湖底のまつり」(創元推理文庫)
「乱れからくり」(創元推理文庫)
「しあわせの書」(新潮文庫)
「花嫁のさけび」(講談社文庫・絶版)
「喜劇悲奇劇」(角川文庫・絶版)

最初の頃は「乱れからくり」の方を高く評価していたが、読み返すごとに「湖底のまつり」の方が上になってきた。「しあわせの書」は日本のミステリー史に残る空前絶後の異色作で、未読の人は新刊で買えるうちに是非読んで欲しい。

短編はどれを取っても傑作揃い(中でも「掘出された童話」[『亜愛一郎の狼狽』収録]は別格だが)なのであえて優劣はつけない。代表作「11枚のとらんぷ」は何度読んでも面白いと思えず、異論も多いだろうが敢えてランク外。

実はまだ「猫女」「迷蝶の島」「妖女のねむり」「ゆきなだれ」「生者と死者」といった中期の長編が買ったまま本棚に眠っている。これ以上生まれることのない泡坂作品だけにじっくりと味わいたい。

謹んでご冥福をお祈りします。
by haruhico | 2009-02-04 22:44 | 書評 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/7903463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 黒い白鳥 あわあわあわ・・・ >>