人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
復縁したんじゃなかったのか?
カメラマンの鴨志田穣さんが死去
http://www.asahi.com/obituaries/update/0320/005.html

>鴨志田 穣さん(かもしだ・ゆたか=カメラマン・エッセイスト)が20日、腎臓
>がんで死去、42歳。葬儀は近親者のみとし、後日「お別れの会」を開く。
>喪主は元妻で漫画家の西原理恵子さん。
>高校卒業後、タイに渡り内戦のカンボジアなどでカメラマンとして活動。著書
>に西原さんとの共著「アジアパー伝」、アルコール依存症を克服した体験を
>もとにした私小説「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」など。

mixiの西原コミュで話題になっていて驚いた。

しょっちゅう「死にかけた」「今度酒を飲んだら死にます」なんてネタにされていたので、いいかげん慣れっこになっていた。肝不全とかならまだしも腎臓がんだったとは。

ちょっと前の「毎日かあさん」で復縁を匂わすような描写があったので、めでたし、めでたし、と思っていたのだが、あれは覚悟の退院だったのだろうか。

慎んでご冥福をお祈りいたします。
by haruhico | 2007-03-21 02:25 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/5262754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by AshikaRecord at 2007-03-21 19:14
どこまで正確なのかは存じませんが、毎日新聞の記事によれば「2度目の婚姻届は出さず西原さんと復縁していた。」ということだそうです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20070321k0000m060129000c.html
Commented by gesotoku at 2007-03-24 16:44
お久しぶりです。諸々の事情でしばらく繋げられませんでした。
鴨志田氏については寿郎社のサイトで連載を読んでいたのですが、
3/20の稿を最期に逝去のお知らせが載っていて大変驚きました。
丁度西原さんとの出会いについて語られていた箇所でした。
この時何を思いながら上稿したのだろうかと考えると感慨深いものが有ります。

Commented by haruhico at 2007-03-26 01:17
>AshikaRecordさん
りえぞう先生のマンガは、どこまでがリアルでどこまでがフィクションかハッキリしないのが味でしたからね。やはり放っておけなかったのでしょう。

>gesotokuさん
復活おめでとうございます。
寿郎社のサイト見てきました。「鳥頭紀行」読者としてはマンガに描かれたシーンが別の角度から見えて面白いですね。鴨志田さんがここを書かれたのはいつのことなのでしょうね。
<< 巨星墜つ 【物欲戦隊ルサンチマン】第25... >>