人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
古武術とカステラとカツ丼
毎度書いているが、ここ数年映画は年に1本見ればいい方だったのだが、結果として去年は3本見ることになった。

年も押し迫った仕事納めの日。午前中大掃除の後、軽くビールを飲みながら昼食を取り、そそくさと渋谷に向かった。本当は「あきば理容」で髪を切ってから行きたかったのだが、14:30の次が19:00というふざけたスケジュール(上映時間は90分)なので、渋谷に直行。

何を見に行ったのかというと、「甲野善紀身体操作術」というドキュメンタリー映画。甲野善紀氏という古武術研究家に関わった数人からのインタビュー(中心は岡田慎一郎氏、名越康文氏、中島章夫氏、足立真穂女史の4人)と甲野氏自身へのインタビューと研究会の様子の映像をまとめたもの。

甲野氏を知ったのは10年以上前に「近代麻雀ゴールド」という麻雀劇画誌に連載されていた「マル秘牌の音ストーリーズ」という漫画だった。最初は話題の中心である桜井"マギー司郎"章一に興味を抱く古武術研究家というスタンスでの登場だったが、作者のみやわき氏と甲野氏が共通の趣味を多く持っていたため意気投合し、連載の中で甲野氏の術理(「井桁術理」を発見した当時)の解説まで行われていた。

読んだ当初は何となく分かったような分からないような感じだったが、甲野善紀という人物に興味を持って、その後何冊か著作を読んでいた。その中で、日本人の身体の運用法が明治維新を境にがらっと変わってしまっているという指摘に大変感銘を受けた。

例えば、「走る」という動作は江戸時代以前では"特殊能力"であって、一般庶民は速く走ることができなかったという(cf.「古武術の発見」P.78)。古い絵を見ると火事噴火といった非常時に逃げまどう際も、当時の庶民は両手を前や上に掲げて(火事の図の真ん中あたりが特に顕著)逃げていることが分かる。両腕を振って(=身体をねじって)走るという動作は明治維新以降、西洋式の軍事教練を通じて日本人にもたらされたと甲野氏は言う。それがいわゆる「ためない、ねじらない、うねらない」の三原則に通じている。

しばらくして体を鍛えるために柔道や合気道をやっている友人から甲野氏の名前が出て驚いた。彼も興味を持っていたらしくて何冊か著作を読ませると彼なりに術理を解釈していくつかの技を私相手に使えるようになっていた。そんなことをしている間に桑田真澄の復活劇によって甲野氏が表舞台へ引っ張り出され、あちこちで講演を行うようになったので、友人も甲野氏の技を実体験する機会を得た。帰ってきて曰く、何がなんだか分からないうちに技をかけられた、と彼も甲野氏の技を体験した人が異口同音に言う感想を口にした。

だから、世間一般の甲野氏に全く接点のない人よりも、多少なりともその術理の真実味を分かっているつもりである。

あらかじめ、HPを見て、キャパは30人程度、著書を持参すると300円割引という調べも付いている。「武術で知る心身不離の世界」(合気ニュース)や「人との出会いが武術を拓く」(壮神社)といった初期のマニアックな本を持っていこうかとも思ったが、新本で買って未読の「武術を語る」(徳間文庫)にした。

まさか、あるとは思わなかったが、映画を見に行く前のお約束として前田有一の超映画批評をのぞいたら、40点(笑)。ただしよく読むと、一見さん視点なので、自分の感じ方とは多分違うであろう。

渋谷駅を降りて109を右手に曲がり東急本店の横の細い道を進む。およそ映画館とは縁がなさそうな通りである。ローソンの手前らしいのでローソンの看板を探して歩くと何の変哲もない建物の中がそうらしい。とりあえず外にポスターが出ている。
a0001324_033661.jpg

入ってすぐがエレベーターで2階に上がる。出ると狭い通路に4人ほど並んでいる。まだ上映時間まで20分もあるのに。後から階段を上がってきた人が数人。前の兄ちゃんは近著の「武学探究 巻之二」(冬弓舎)を持っていた。なかなか通だ。

10分ほど並んでいると、係員が出てきて「整理番号1番から10番の方~」と呼び出す。列の前と後ろからゾロゾロと入り出す。ええっ!整理券があるなんて聞いてないよ~!(正確に言うとHPで見て知っていたが忘れていた・笑)

中に入って驚いたのは椅子の種類がバラバラなこと。真ん中の席が空いていたので座ろうとしたが、どうも落ち着かないので脇のガッチリした椅子に座る。腰のあたりにクッションがあってまずまずの座り心地。見渡すと女性が5,6名で他は全て男性。時間帯のせいもあって予想外にお年寄りが多い。上映開始時点では空席もあったが、上演中(しかも相当進んだ頃・笑)にも何人か入ってきてだいたい満席になった。

甲野氏が写っている場面と写っていない場面が半々か4:6くらいの感じ。甲野氏の「随感録」(日記)の愛読者なので何度も名前が出てくる岡田氏や中島氏を初めて見る。名越氏は「グータン」などで既に見ており、胡散臭いオッサンやなぁ、という印象を今回更に強くした。岡田氏が想像以上若いのには驚く。甲野氏絶賛の敏腕編集者の足立女史もバリバリのキャリアウーマンを想像していただけに別の意味で驚く。

前田氏が危惧しているとおり、メインに話す4人が全て"甲野氏側の人"なので、波の下だの四方輪だの平蜘蛛返しといった術語がバンバン飛び交う。ちょっと甲野氏に興味を持った程度の人が見に行ってもチンプンカンプンだろう(言わんとしていることが伝わらないわけではないが)。インタビュワーである監督がもっとこっち側に立たないと、甲野氏の術理を広く知らしめたいという意図は実現しないだろう。

あと前の席のど真ん中に座高の高い人間が座ったので、字幕がよく見えずに往生した。そうでなくてもこの監督は字幕の使い方が下手で、ちゃんと聞き取れてわざわざ起こす必要のない字幕を出したり、聞き取りづらくて字幕の欲しいところに出なかったりする。ナレーションを省いているのだから場面場面で説明の字幕が必要なのに、下の真ん中に集中しているために頭を動かさざるを得なくてその度ごとに集中力が殺がれた。和風の内容からして、字幕を右側に縦書きするのが筋だと思うが、そうしないのはセンスの問題か。

最悪だったのは手裏剣術の撮影方法で、甲野氏の手元だけ映して肝心の手裏剣の軌跡は3回に1回(それも偶然に)しか映らない。これでは甲野氏がなぜ手裏剣に拘るのか、あの距離から打つことの難しさや、巷間言われている手裏剣術の誤りなどが全然伝わらない。甲野氏の技自体、以前NHKの人間講座を録画してコマ送りしても動きが分からないほどなのだから、細かな部分をいくらアップしてもムダで、もっと大所高所から撮って欲しかった。

ドキュメンタリーということで、フェンシングやラグビーや合気道や総合格闘技の選手たちが手もなく甲野氏に捻られるシーンも淡々と描かれていて(体格差のあるラグビーのコーチ陣のリアクションが一番面白い)、随感録に書かれている事が嘘やハッタリではないことが伝わる。

甲野氏の発言では、「今のスポーツは鍛えようとして逆に身体を壊している。本来鍛えるとは壊れないようにすることではないか」というのが一番分かりやすく興味深い。古武術で復活した桑田の相方の某番長はこの言葉をどう聞くか

スポーツ以外にもフルートの演奏姿勢や介護の抱き起こし方などに応用するシーンもあり、見ていると固定観念に対する疑問や広い問題意識を持たされる。

活字でしか甲野氏を知らない人間にとって、技が効く瞬間とはどういうモノなのかが分かるという評価はできるが、ドキュメンタリーとしては前田氏同様辛い点を付けざるを得ない。見るとしたらせめて一冊くらいは著作を読んで(その本を持って・笑)見に行くべきだろう。

映画が終わると4時。ブックファーストで参考書の棚を物色。絶版と思っていた本が結構現役でガッカリ。

その足で秋葉原へ。駅についてアキハバラデパートの閉店まであと3日しかないことに気づく。明日はのんびりしたいし、明後日は冬コミ3日目で閉店時間までに来るのはほぼ不可能。よって夕飯直前だというのに伊呂波へ向かう。

入ってすぐの物産展でアキハバラ土産を扱っていて、なぜか置かれている「誕生晋ちゃんまんじゅう」といつの間に出来たのか「太郎ちゃんの牛乳カステラ」にビビる。さすがに会社へのお土産にこれを買うわけにも行かず断念。

伊呂波はこの時間でもほぼ満席なのだが、空いた席に座ると「今日はもうカツ丼しかないんですよ」の一言。

な、なんだってぇー!

私の青春は伊呂波の「きじ丼」(現「とり丼」)とダニエルの「たこ焼」一色だったというのに、ダニエル亡き今、「きじ丼」すら食べられないなんてorz。

「明日また来てください」と言われてもねぇ。仕方ないので「カツ丼」を注文する。
a0001324_045085.jpg

490円という値段を考えると十分旨いのだが、やはり不全感は残る。最後に「きじ丼」を食べたのはいつのことだろうか。何かここのところ食べに来るといつも品切れでカツ丼を食べているような気がする(泣)。また一つ青春の思い出の味が消えていく。
by haruhico | 2007-01-03 23:52 | 書評 | Trackback(1) | Comments(13)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/4936736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 万理の頂上 - Ab .. at 2007-01-09 13:35
タイトル : ドキュメンタリー映画『甲野善紀身体操作術』
古武術とカステラとカツ丼よりトラックバック 甲野善紀先生がドキュメンタリー映画になったそうだ。 甲野先生のくる稽古会や講座には一時期熱心に通っていたこともあり、今通っている稽古会も甲野先生と無縁ではないため、「甲野善紀とは何なのか?」という事は私にとっては多少なりとも整理したいことである。 とりあえず、熱心に通っていた頃、ネットで公開していた日記を読み返してみる。 両方の意味で初心忘れるべからずだ。 ----------------------------------------...... more
Commented by cside6 at 2007-01-04 10:40
随分前にTVで復活した桑田さんが自身の体調管理について語っていた番組で、甲野善紀さんが出演されていました。
私も一見さんの部類なので、甲野さんのお名前はそれっきり忘れていまして、父と桑田さんの米大リーグ入りについて話したときに「古武術で体調を改善したんだって。すごいんだよー」と思い出した程度です。
しかしTV画面で拝見した実演(相手が自覚の無いうちに倒されてしまうなど)は確かに驚かされましたね。
最近自分も年齢と過労で心身ともにぼろぼろで、「ウォーキングでも始めようか」と同程度に「古武術ってイイかも」と考えてしまうのですが、そういうレベルでは申し訳無いので、著書を拝読してみようかな。


アキハバラデパートって閉店しちゃうのーーー!(@Д@)
Commented by xenical2000 at 2007-01-04 13:44
私は、死ぬ前に何が食べたいと尋ねられたら
迷わずカツ丼と答えます(笑)30年以上前に
初めてカツ丼を食べたとき…、世の中には
こんな旨いものがあるのかと感動したのを覚えています。
Commented by yuzuruha_neko at 2007-01-04 17:53
なぜ太郎ちゃんの牛乳カステラを買ってうpしなかったんだぁー!
東京駅構内で売っているそうなので私はそっちを当たってみます。
Commented by wanderingpoet at 2007-01-05 02:16
甲野先生、今度は映画になったのですか。
甲野善紀をどう評価するのは長年の私の課題です。

しかし、アキハバラデパートの閉店の方がショッキングかも・・・。
Commented at 2007-01-05 20:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haruhico at 2007-01-05 21:21
みんなー!コレは仕事"納め"の話だからね。12/29の話よ。
だからアキハバラデパートはもう閉店してますからね~。
ちゃんと「明後日は冬コミ3日目で閉店時間までに来るのはほぼ不可能」と書いているのに、まったくもう。

>cside6さん
桑田は別に病人だったわけじゃなくて、古武術の動きを取り入れたことで、従来のタイミングの取り方とは違ったピッチングフォームに変わっただけですよ。体質改善云々は番長だけ(しかも更に故障がち・笑)。
だから、効率のよい体の使い方の追求ではあっても"健康法"とはまた違いますから。

>xenical2000さん
お久しぶりです。最後の晩餐は何がいいでしょうね。カツ丼でもかまいませんが、もうちょっと高級なところのカツ丼がいいですね。
「伊呂波」のきじ丼に関しては並々ならぬ思い入れがあるので、ちょっとやそっとのカツ丼では敵わないのです。

>yuzuruha_nekoさん
いやぁ、画像なんて当然あちこちにあると思っていたので。意外にまだないですね。 yuzuruha_nekoさんなら当然靖国神社でお買い求め済みと思っていましたが。アレは1人で食べるにはチト大きすぎますよ。
Commented by haruhico at 2007-01-05 21:27
>wanderingpoetさん
お久しぶりです。このネタならコメントしていただけるかなと思っていました。 wanderingpoetさんのように武術の心得がある方だと、もっと河野先生の技を見せろ!と思うかも知れません。それでも後半の実技シーンは結構面白いと思います。映画は1月26日までです。
Commented by haruhico at 2007-01-05 21:29
>鍵さま
甲野先生の介護の番組ですね。平日昼間に集中していたので私も取り損ねてしまいました。人間講座の方はDVDムックになっていますが。
Commented by cside6 at 2007-01-06 08:22
あ、ごめんなさい。
桑田さんが病気じゃないのは知ってました。番組でもフォームの改善云々だったはず。ボキャブラリーが少ないのと本来文章を書くのが面倒な性質なので、適切な表現をしなくて申し訳ありません。haruhicoさんにコメント書くのって難しい・・・。
でも効率の良い体の使い方の追求は、(自分の体験でも)健康法でなくてもそれに通じるものではあると思いました。
Commented by wanderingpoet at 2007-01-07 21:33
>実技
以前、甲野先生がいらっしゃる稽古会に通っていたので存じ上げております。いくつか新しい術技も増えているようですが。

映画の紹介で養老さんが「見なきゃわかりません」と言ってますが、
さらに言えば、正直、私も見てるだけで触ってみなければわかりません。

以前は見ただけである程度、分かるつもりでいたんですけど、最近は「やっぱり触ってみねぇと分からんな」という結論に至りました。

私も稽古を重ねて、感覚も動きも変わっていると思うので、今、甲野先生に触れたらどうかというのは興味深いのですが、何となくそうする気はないです。

haruhicoさんは甲野先生の技を受けたことはおありでしたか?
もしなかったら、一度は受けてみることをお勧めします。
Commented by wanderingpoet at 2007-01-09 17:18
せっかくなので、トラックバックさせていただきました。
結局あまり面白い投稿にはなりませんでしたが・・・。
Commented by haruhico at 2007-01-09 22:40
>cside6さん
ちょっと意地悪な物言いでした、すみません。
一番取っつきやすいのは中で触れている「古武術の発見」(知恵の森文庫)でしょうね。PHP文庫のシリーズはその後の方がいいと思います。

>wanderingpoetさん
一度体験したいのですが、甲野先生も最近は有名になってしまったのでなかなかお会いできるような機会がないんですよね。なのでもっぱら本と録画ですね。そういう意味では私もニセモノです。
トラックバックありがとうございました。教えることに対する無力感は甲野先生も感じておられるようで、映画の後半にそういう話が出てきます。息子さんがそういう才能に秀でていて、父親の動きを言語化する介助役として役立っている様子がよく分かります。
Commented by wanderingpoet at 2007-01-09 23:54
ああ、そうなのですか。
以前は池袋コミュニティカレッジなどで一回から参加できる講座があったのですが、今は止めてしまったのでしょう。確かに多忙のようですから。

ニセモノという事はないでしょう。実際に受ける方がもっと面白いんですよー、でもそれも貴重になってしまったんですね。
<< 【新企画】My Mentor~... 休んでいる間に驚いたこと3つ >>