人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
本家がパクリに媚を売ってどうする
「金色夜叉」分析で日韓交流、熱海市が26日イベント
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060325i405.htm

>尾崎紅葉(1867~1903)の代表作「金色夜叉(やしゃ)」と、筋書きの
>似た韓国小説「長恨夢(チャンハンモン)」の両作品を比較しながら日韓交流
>を図るイベントを、静岡県熱海市が26日に開催する。
>市担当者は「100年前の両国の縁を多くの人に知ってほしい」と話し
>ている。
>金色夜叉は、1897年から読売新聞に6年間連載され、全国から熱海に
>観光客が詰めかけるなど人気を呼んだ。
>一方、長恨夢は作家趙重恒(チョ・ジュンハン)が1913年に韓国の新聞
>小説などで公表。その後に映画化されるなど人気を博し、今も高齢者層には
>なじみ深い作品。
>婚約相手を資産家に奪われた主人公が、復讐(ふくしゅう)のために高利貸し
>になるという筋書きや、主人公が婚約者をけりつける名場面
>など、共通点が多い。
>法政大の川村湊教授(日本文学)は、「長恨夢は、金色夜叉をアレンジ
>した作品」と説明する。
>イベントは熱海市のMOA美術館「能楽堂」を会場とし、高麗大の鄭光(チョン・
>グワン)教授と川村教授が基調講演で両作品の比較論を解説。両作品を
>楽しんでもらうため、講談師神田すみれさんによる講談「金色夜叉」と、韓国
>の語り部金基英(キム・キヨン)さんによる長恨夢のあらすじ紹介も予定して
>いる。

どうやら熱海市長が韓国大使にそそのかされて開催するようだが、誰がどう見たって明白なパクリだろ。百歩譲っても「翻案」であって対等に扱うべきシロモノではない。

ちょっとググってみたら慶応のSFCではこんな悪質なデマが流されてるし。

犯人は渡辺吉鎔(キルヨン)。名前を見れば一目瞭然、生粋の日本人ではない。結婚して日本国籍を取得したようだが、朝鮮民族固有の虚言癖は治らないと見える。そういえば最近SFCの評判を聞かなくなったな(爆)。

「100年前の両国の縁」などと言っている熱海市の担当者は、その頃の韓国は日本の一部だったということを分かっているのだろうか?
by haruhico | 2006-03-25 21:39 | バカ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/3391095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 明治初期の文学の時代背景1 at 2008-05-27 14:10 x
金色夜叉も、実は尾崎紅葉による、バーサ・M・クレーの『女より弱き者』(1880年代)の翻案であることご存知でしょうか?
「バーサ・クレーと明治文学」木村毅『比較文学比較文化』
『尾崎紅葉読本』徳田秋声
『金色夜叉の真相』巌谷小波
『女性』座談会

当時の日本では、外国文学を翻案することがとても名誉ある事でした。
今では著作権問題が大事となり、それは多くの方が理解し難いものです。
「文学の上にも亦外人崇拝の弊あり。外人の勝れるを優れるとするは智者の見にして、外国文学の長所を取るは文学発達の上に必要なる一事なり。(中略)余嘗て「花枕」なる一小篇を著す。此時甲は余に向ひて誰の著を訳せしかと問ひ、乙は余に向ひて英書の翻案なるべしと言へり。余の著、趣向文章共に拙劣にして見るに足らずといえども趣向は余の趣向にして文章は余の文章なり。而して人は其翻訳なるを疑ふ。其翻訳といふは強ちに之を誹るに非ずして幾分か之を揚げたる者なるべし。寧ろ余に於いて名誉とすべきならん。」
『閑人閑話』正岡子規
Commented by 明治初期の文学の時代背景2 at 2008-05-27 14:10 x
長恨夢は、儒教国に受け入れられるよう細心の注意が施されており、それにより名作が他国でも受け入れられ楽しめるようになってます。
例えば、名前は違いますが、お宮が肉体関係を富山と金色夜叉では持ち、子ももうけますが、長恨夢では、結婚して既に別居状態であり、肉体関係は読み取れません。著者の細心の注意が素晴らしく思います。
長恨夢を通し、70年代80年代では、長恨夢を知らない人はいませんでした。それほど作品が愛されていたと思います。
パクリとかそういう時代背景を無視した低次元な批判は、吟味して行うべきです。
<< 一番乗り! 需要と供給 >>