人気ブログランキング |
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
理論派の正体
「四球より打たれたほうがまし」に異論 神大教授が分析
http://www.asahi.com/sports/bb/OSK200509160052.html

>先頭打者を四球で出すくらいなら打たれた方がまだまし――プロ野球解説
>者らがよく口にする野球の通説の一つは統計上はあてはまらないことが、
>神戸大の加藤英明教授(55)=行動経済学=の調査でわかった。
>プロ野球ファンの加藤教授は、数ある通説が本当なのかどうかに関心を
>もち、04年と05年前半の公式戦225試合をビデオ録画して分析。手始め
>に、1試合の中で、サンプルの収集が容易なこの説について考察
>してみた。
>その結果、先頭打者に四死球を与えた回は262回あり、このうち失点した
>のは100回(失点確率は38.2%)、平均失点は0.81点だった。これに
>対し、安打(単打)を打たれた回は730回あり、失点したのは334回(失点
>確率は45.8%)、平均失点は0.97点で、それぞれ7.6ポイント、0.16
>点高かった。統計上は先頭打者を安打で出した方が、四死球で出すよりも、
>多く失点していた。
>加藤さんは「四球をきっかけにした失点は、大して打たれたわけではないの
>にという気持ちもあって記憶に残りやすい。このため、安打を打たれたとき
>より重大な結果を招くと誤解されてしまうのではないか」と話している。
>現役監督時代に「理論野球」で知られた野球評論家の
>広岡達朗さんは「先頭打者に四球を出すと『投手が精神的に弱い』と
>思い、バックの守備陣やベンチの監督、選手がマイナス思考になる。勝負
>に出て打たれた方が全体的にはまだプラス思考になれるということだ。
>スポーツは精神的な面が大事だ」と話している。

サンプル数が200から300程度で結論を出そうとする段階(統計と言うなら最低4ケタはないと)で既にインチキ臭さが漂っているが、そもそもサンプリングが間違っているのだから結論がおかしいのはアタリマエ。

先頭バッターがヒットを打った場合、ピッチャーがアップアップで打たれたのか、それとも勝負して打たれたのか、球威がなくてどこに投げても打たれる状態のピッチャーが打たれたヒットと、勝負しに行ってたまたま打たれたヒットを一緒くたにされても困る。前者はつるべ打ちにされて失点(または打たれた時点で交代)するだろうし、後者なら抑えられるかもしれない。

だからより正確なデータを出そうとするならば、先頭バッターのカウントが3ボールになった後に投げた球がボールだったのかヒットされたのか(打ち取ったというパターンもある)で分類して、そのイニングの結果を問わなければいけない。更にイニング中のピッチャー交代の有無によっても全然結果が変わるはずだ。もちろん勝っているのか負けているのかでも全く得点の価値が違う。

もちろんそれだけ分類して、4ケタのサンプルを取るのは大変だが、再現性のないものは科学ではない。

それにしても、読売OB会副会長の広岡君のどこが理論派なのか。発言を見れば分かるように、鈴木啓示ばりの精神論者であることは明白だと思うが(笑)
by haruhico | 2005-09-20 01:04 | お笑い | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/2256249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gesotoku at 2005-09-20 09:18
メガネで守備職人=クレバーという
梶原一騎的世界観に基づいた方程式なのかもしれません。
Commented by 蕎麦湯 at 2005-09-22 07:39 x
打たれれば「投手が不調だ」ってはっきりするけれど
四球だと判断が曖昧になる。
広岡さんがどうだったかは忘れたが、優れた監督なら
積極的に投手を交代するなどの手が打ちやすいから
「四球ならはっきり打たれたほうがマシ」という話が出る。
あとは「逃げていたら力が発揮されない」と投手に語るための理論だろう。
データ上単打の方が点が入らないなんてだれもいってないし
広岡さんが言いたいのもそういうことなんじゃないだろうか?
Commented by haruhico at 2005-10-11 00:42
>gesotokuさん
レスが遅れまして申し訳ありません。
梶原ワールドに守備職人っていましたっけ?
みんなバッティングも達者なような。
「玄米菜食主義」は理論に入りません(苦笑)。

>蕎麦湯さん
はじめまして。
>データ上単打の方が点が入らない
確かにそうは言ってませんね。
とすると、研究者の課題の建て方に問題がありますね。サンプル収集が容易と言っている段階で底が割れていますが。
レスが遅れまして申し訳ありません。
<< 漱石と英世、どっちがキく? ♪白いマットのージャ~ング~ルに >>