S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
清原和博にノーベル賞を!
清原ヘルメット秘話、とてつもない歴史があった…
http://www.zakzak.co.jp/spo/2005_06/s2005061324.html
>西武時代のものと思われていた巨人・清原のヘルメットに衝撃的かつ、
>信じられない歴史があることが明らかになった。
>打率1割台に低迷していた清原は、12日の西武戦(東京ドーム)で、2本の
>3ランを含む7打点と大暴れ。4月23日以来となる最下位脱出の立役者と
>なった。
>清原は、「(西武は)自分を育ててくれたチームですから。また、西武戦で
>キッカケをもらった。この3連戦はターニングポイントになると思います」と
>復調へ手応え。と同時に、改めて清原の西武への思いが強いことを知らし
>める結果となった。
>5月11日のオリックス戦で山口から頭部死球を受けた際、ヘルメットの塗装
>がはがれ落ち、いまだに西武時代のものを使用していたことが判明した。
>これは西武入団時に自分に合ったものがなく、用具係が倉庫から探し出し
>てきたものがジャストフィット。それが元西武選手の野村克也氏のものだった
>ことはよく知られている。清原は頭部死球後も補修して使用しているが、
>このヘルメットには、まださかのぼれる、とてつもない歴史があった。
>60センチを超える頭の持ち主だった野村氏は、当時の日本製では合うもの
>はなかった。「昔のは鍋にひさしをつけたみたいで格好悪かった」と振り返る。
>そんな時、「日米野球でSFジャイアンツが来日して、ちょうどいいのがあった。
>用具係に“全日程が終わったらワシにくれ”と頼んだんや」と野村氏は明かし
>た。
>この証言に基づいて夕刊フジが調べると、確かに1970年3月25日に、南海
>は大阪球場でSFジャイアンツと対戦し9-0と快勝している。「黒に緑を
>塗って、またロッテの黒。そして西武の水色と塗り替えて
>使っとったんや」。少なくとも35年の歴史がある一品だという。
>しかも、話はこれだけでは終わらない。
>70年の日米野球では、清原が尊敬してやまないバリー・ボンズの
>実父ボビー・ボンズがSFジャイアンツの選手としてプレーしていた。
>さらに父ボンズは右打ちで、頭が大きかった。となると、野村氏が譲り受けた
>ヘルメットは、父ボンズのものだった可能性が極めて高い
>耳のピアス、バットはボンズのまね。その上、ヘルメットまでボンズ譲りとなれ
>ば、パワーが宿らないわけがない

日米を流れ流れて35年以上使い続けられ、その間600本以上のホームランを産んできたヘルメット。最初の持ち主が誰だろうと、これはもう日本球界の至宝でしょ。

ケニアのマータイ副環境相が「MOTTAINAI(もったいない)」でノーベル平和賞を貰ったらしいが、彼女だって一つの道具を35年も使っていないだろう。

"無冠の帝王"清原和博にはノーベル平和賞こそふさわしいのでは。
[PR]
by haruhico | 2005-06-14 21:07 | ちょっといい話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/2020454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 力の1号、技の2号 次はお前だ! >>