人気ブログランキング |
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
胡錦濤主席はたいそうお喜びだ
小泉首相の論語引用に人民日報「もっと勉強せよ」
http://news.searchina.ne.jp/2005/0531/politics_0531_002.shtml

>小泉首相が、靖国神社参拝に関連して、論語の「罪をにくんで、人を
>にくまず」という一節を引用したことに、人民日報が噛みついた。31日
>付で、「断片的に引用して、孔子を曲解したものだ」などとする論説を
>発表した。
>論説では、小泉首相が引用した部分は、後世の偽作であるとする研究者
>が多いことを紹介。そもそも論語の一節として引用するならば、「孔子の
>言葉であると、評価が定まっている部分を使うべきだ」とした。
>さらに、問題の「罪をにくんで人を憎まず」という部分の後には、「罪を犯し
>た人間を生かそうとする。それができないなら『刑』する」と続くことを紹介。
>また、前後の部分から判断して、「罪をにくんで」の部分は「小さな罪なら、
>これを赦(ゆる)す。老人や弱者は受刑させない」という考えを反映したもの
>だと解説した。
>そして、「靖国神社に祀られているA級戦犯の犯した罪は、小さな罪なの
>だろうか。彼らは、弱者だったのだろうか」などとして、小泉首相の発言を、
>(孔子の一節を)断片的に取り上げ、勝手な解釈をほどこしたものだと、
>断じた。
>結論の部分では、小泉首相の発言に対する日本国内の反響を紹介。
>朝日新聞が社説で「過ちて改めざる、これを過ちという」
>などと論語を引用していることに触れ、「こちらは孔子の名言を
>きちんと使っている」として、「小泉首相はもっと勉強すべきでは
>ないだろうか」と皮肉っている。

さすが提携紙だけあって、「朝日新聞」は支那で大人気ですな。この社説を書いた論説委員は社長賞ものだね。












X-Dayまであと
by haruhico | 2005-06-02 21:14 | お笑い | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/1987004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2000万円もの外貨をどうやっ... たまには東京新聞を褒めてみよう >>