人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のコメント
ご無沙汰しております。も..
by FHIROSE2 at 18:59
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
最新のトラックバック
変わらない日々
from 社怪人日記2018
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
"伝説"の男は相変わらずである
阪シ~ン練習試合だけどハムに0-15大敗
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-050214-0012.html

>◆投壊 初回、先発筒井が高橋信に3ランを浴びて始まった。2番手金沢
>3失点。極め付きは7回から登板した前川で、2番森本の右中間二塁打
>から8連続長短打を浴び、1イニング8失点。新庄も小笠原も外国人選手もいない1・5軍
>相手に、3人で被安打20、自責15の数字が残った。
>◆貧打 11日の同カードでは11安打7得点を奪った打線が一転沈黙。
>ミラバル、岩本のエース級相手に3回まで完ぺきに抑え込まれ意気消沈。
>散発3安打、毎回の14三振で、もちろん無得点。正田打撃コーチは「積極
>的に打って行く姿勢が全然見えなかった」。
>岡田監督は「ゲームでやったらアカンことばっかりやったんやからな」と
>ぶぜんと話した。5月の交流戦初戦で当たる日本ハムに、精神的優位を
>与えてしまった。だが、あえて交流戦へ向けた“3つの収穫”を口にした。
>「今日は結果じゃない。セとパの違いでエエもんを見せてもろたよ」。
>(1)低反発球の初体験 この試合は日本ハムが主催試合で使う低反発球
>が使用された。
>(2)ストライクゾーンが違う この日の球審はパの福家(ふけ)審判員。
>「セよりボール1個分ほど高いゾーンを取られる」が岡田監督の分析。
>(3)パは直球が得意 初回高橋信の3ランも6回紺田の2ランも、そして
>前川が浴びた8連打も全部直球だった。
>「選手も感じんとアカンよ」と岡田監督。「収穫」か「負け惜しみ」か。本番で
>分かる。

前川と言えば知る人ぞ知る「11月31日の男」であるが、実はこの炎上にはプロローグがあった。

前川 試合登板「忘れとった」
http://www.daily.co.jp/baseball/2005/02/12/161286.shtml

>熱の入れ過ぎで、登板日を忘れてしまいました―。阪神・前川勝彦投手
>(26)が11日、2日後に控えた練習試合(13日、日本ハム・名護)での登板
>を忘れて、キャンプ最多の213球を投げ込む大失態。「試合忘れとった」
>と、あまりにも代償の大きい熱投となった。
>「限界に挑戦しようと思っていた」という気合が「裏目」に出てしまう。100球、
>200球と快調に飛ばしていると、中西投手コーチからは「あさって試合やろ」
>という声が。「もう遅いわ…」と、すでに手遅れの状態になっていた。
>「(13日は)投げても2回か3回。でも差し支えあるんじゃない?」と久保
>コーチ。ただ、前川は「安芸でも1、2回は投げ込みたい」と前向き。球数が、
>復活をかける2月13日の登板日と重なる偶然を、幸運としたいところだが…。

常識で考えて、213球(しかも攻撃のインターバルなし)投げて中1日で放るなんて杉浦・稲尾の昔はまだしも、平成のプロ野球ではありえない。プロならその程度の管理はアタリマエだが"伝説の男"はアッサリ「試合忘れとった」である。中西も分かってるなら100球くらいで止めればいいのに止められないあたり既に酩酊状態だったのか(笑)。そんなピッチャーをマウンドに上げるオカラに至っては言うに及ばず。当然の炎上である。

しかも言うに事欠いて、今更「パは直球が得意」なんて。片岡が移籍一年目になぜあれほど苦労したのか何にも分かっていないのだろう。何でも試合後に「来たい奴は来い」休日練習を呼びかけたそうだ。こんな所からも貫目のなさが見え隠れする。V奪還どころか今のままなら最下位間違いなしだ。
by haruhico | 2005-02-16 00:39 | ダメ虎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://haluhico.exblog.jp/tb/1658986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 雉も鳴かずば撃たれまい タバコ吸う奴をコドモ扱いするな >>