雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
タグ:イラク3バカ ( 32 ) タグの人気記事
イラク-成田2万円"激安"空の旅
イラク邦人人質:渡辺修孝さんに帰国費用支払い命じる--東京地裁
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060930ddm041040117000c.html

>04年4月にイラクで武装勢力に拘束された市民団体メンバーの渡辺修孝さん
>(39)が「自衛隊のイラク派遣が拘束の原因だ」として、派遣差し止めや
>賠償などを国に求めた訴訟で、東京地裁は29日、請求を棄却した。
>判決で、遠山広直裁判長は「第三者の武装勢力が拘束しており自衛隊が
>原因ではない」と指摘した。逆に、別に訴えた国側の主張を認め、イラクから
>の帰国費用のうち国が立て替えた2万円余の支払いを渡辺さん
>に命じた。

もう自衛隊は帰ってきているというのにまだ「派遣差し止め」の裁判をやっていたんですね。

国が建て替えた金額が2万円ということは、武装勢力に拘束されても大金を所持していられたということでしょうか?イラク-成田が2万円しかかからないなんてあり得ませんし。

拘束をネタに3冊も本を出しているんだから、印税(嗤)から2万円くらい払いなさいよ。
[PR]
by haruhico | 2006-09-30 11:13 | 亡国 | Trackback | Comments(0)
PTSDは治りましたか?
高遠さんが広島で講演/イラクの情況を報告
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20051010000253

>昨年4月にイラクで武装勢力に人質として一時拘束され解放されたボラン
>ティア活動家、高遠菜穂子さん(35)が10日、広島市中区の原爆資料館で
>講演し、独自に入手した写真や映像を使いながらイラクの様子などを
>語った。
>病院で入院している患者の写真のほか、米軍の攻撃で死んだ知人の遺体
>を見て泣き叫ぶ人や腐敗した遺体の映像なども流し、「これが『報道の
>見えない壁』の向こうです」と硬い口調で話した。
>広島の市民団体「NODU劣化ウラン弾禁止ヒロシマ・プロジェクト」(代表・
>嘉指信雄神戸大教授)が招いた。約80人が講演を聴いた。
a0001324_10504644.jpg
ヤマンバのような重苦しい髪型と服装の中、"流行"のホワイトバンドの白がいいアクセントになってます。

80人も前にしてPTSDは大丈夫なんでしょうか。

「見えない壁」なら、壁の向こう側に行けないだけで、見ることは出来るはずですが(嗤)。そんな簡単な理屈も分からないようではまだまだのようです。
[PR]
by haruhico | 2005-10-12 23:00 | お笑い | Trackback(3) | Comments(1)
武装勢力はトモダチ、怖くなんかないさ。
高遠さんがブラジルに助言
http://www.daily.co.jp/newsflash/2005/01/29/159618.shtml

>イラク北部でブラジル人の技術者が拉致された事件で、昨年四月に同じ
>名前を名乗る武装勢力にイラクで一時拘束されたボランティア
>の高遠菜穂子さんが、ブラジル紙の取材に応じ、同国政府と国民が武装
>勢力に向けて自分たちはイラクの敵ではないことを訴えるべきだと助言した。
>二十八日付のフォリャ・ジ・サンパウロ紙によると、高遠さんは同紙との電話
>で、日本と違いブラジルはイラク戦争に反対し、現在も部隊を派遣して
>いないことを強調するべきだと指摘。
>「米国による攻撃でイラク人が受けた苦しみを理解し、強い同情を感じている
>ことを、すぐに表明する必要がある」と話した。
>ブラジル人技術者は十九日に行方不明となり、その後、高遠さんら日本人
>三人を拉致した勢力と同じ「サラヤ・ムジャヒディン(戦士旅団)」を名乗る勢力
>が中東の衛星テレビに犯行声明のビデオを送りつけた。

世界で一人だけの「武装勢力評論家」誕生ですか。PTSDは完治したのかな?

アンタらが捕まった時に殲滅しとけばブラジル人技師は被害に遭わなくても済んだのにね(嗤)。言ってる内容は武装勢力の代理人みたい。

ことあるごとに日本を悪く言う地球市民は、さっさと大好きなイラクの青年と結婚して日本国籍を返上してください。
[PR]
by haruhico | 2005-01-29 19:50 | 亡国 | Trackback | Comments(2)
模範解答にはいつから「担当教師の思い」を乗せるようになったのか?
今日は一日放っておいてアクセス数がどう変化するか見ようかと思ったが、昨日やり忘れていたことを思い出した。

ネタ元:愛知だから仕方がない

土曜日の「東京新聞」に例の問題の「模範解答」が写真入りで載った。

(引用開始)
○イラク戦争
 他国に軍隊をおくることはいけません。「人道復興支援」などと嘘をつくのもいけません。私たちの税金がムダづかいされ、罪もない人たちが殺されています。家族を殺された人たちは、自分たちの国をまもるために死を覚悟してテロをします。さらに多くの人が死にます。しかし自ら侵略しておいて「テロは卑劣だ」などとはいえません。悪いのは最初に軍隊をおくったアメリカと、それと同盟して自衛隊をおくった政府です。しかし、心ある日本人は、命がけで戦災孤児を救うボランティアを行い、劣化ウラン弾の被害調査を行っています。この人たちがイラクで拘束されたからといって誰が「自己責任」を問うことができるのでしょう。悪いのは軍隊をおくっている政府です。多くの日本人が自衛隊の撤退を求めているのは当然です。罪もない人たちを拷問にかけて殺しておいて、イラクへの派兵は「平和」をもたらすためだなどという詭弁はもはや通用しません。イラクのことは、イラクの人たちの公正と信義にまかせるのが政治道徳の普遍的な法制です。(原文ママ)(2004年6月26日東京新聞「こちら特報部」欄より)
(引用終了)

この模範解答と共に他の問題の正解が一部写っているのですが、「昌平坂学問所」「堂島」「天明の飢饉」「寛政の改革」…どう見ても試験範囲は江戸時代の三大改革期なのですが(苦笑)。範囲外を出題してもいいのでしょうか?

面白いのはこの「模範解答」の写真につけた「東京新聞」のキャプション。

試験後、生徒に配布した模範解答。イラク戦争について担当教師の思いがつづられている

「模範解答」には「思い」をつづってもよいと「東京新聞」は思っているようです。

それにしてもこの「模範解答」、「おくる」すら漢字で書けないのに「詭弁」なんて言葉は漢字で書けるのですね。内容については評価以前の問題。

「私たち」って高校生はまだ税金納めてないし、今井ボウヤは調査をしにいってすぐに捕まったので何もしてないし。「イラクの人たちの公正と信義」なんてモノが存在すると思っているなんてオメデタイ教師だね。

コレだけの解答を書くスペースで5点しか貰えなかったら、真面目に書いた「純情真っ直ぐクン」たちはさぞかしガッカリしたことでしょう。
[PR]
by haruhico | 2004-06-27 21:20 | 亡国 | Trackback | Comments(0)
キムタクを超えた男
ムーア監督新作に喝采25分、史上最長級
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-040519-0005.html

>作品には、イラク日本人人質事件で今井紀明さんが武装グループに
>ナイフを突きつけられている映像も使われている。

やはり、あの凶悪な三白眼がマイケル・ムーアにウケたんだろうね。

でもこの映像、サラヤ・ムジャヒディン(or アルジャジーラ)に使用許諾を取ってるわけないし。支援団体は早速アメリカに行って肖像権の侵害で訴訟だ!


キムタクは現地まで行ったのに、今井ボーヤに先を越されてしまいそうだね。

キムタク、カンヌ到着もフィルム届かず…
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-040520-0011.html
[PR]
by haruhico | 2004-05-20 19:10 | お笑い | Trackback(1) | Comments(0)
仕事の速さは「ジャーナリスト」の基本
解放の3人、20日に報告、渡辺さん本出版
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040511-0009.html

> 渡辺さんは集会に合わせ、イラクでの経験をつづった本
>「戦場イラクからのメール」(社会批評社)も出版する。

社会批評社のページ
自費出版案内
>☆人には、伝えたい残しておきたい、さまざまな歴史があります。
>戦争体験・戦後体験、感動的な外国旅行やいろいろな人物・事件
>との出会い。そして誰かに読んでほしいエッセイ、詩、小説など。  

渡辺さんにピッタリの出版社(笑)。高遠さんの本のように増刷なるか?

いつのまに原稿を書き上げたのか知りませんが、GW明け入稿で20日の集会合わせじゃ印刷屋も大変ですね。
[PR]
by haruhico | 2004-05-11 22:48 | お笑い | Trackback | Comments(0)
ボウヤのやぼう
暁!妄想塾で紹介されていた西村幸祐さんの酔夢ing voiceから面白い物が見つかった。

MOS(media of student)

まず間違いなく「あの」今井紀明坊やの発行していたメルマガである。

転載歓迎だそうだから、問題の部分を転載しておく(赤字はharuhicoによる)

(引用開始)
■■■■■■■■■■■■
マスコミを動かす活動 劣化ウラン特集♯3
■■■■■■■■■■■■

 11月18日から劣化ウラン弾の禁止キャンペーンに絡ませてのイラク派遣反対の活動を札幌の市民活動家や市議会議員、道議会議員、マスコミ各社に呼びかけを始めました。22日からは劣化ウラン通信「市民を被爆させるのか」をつくり、マスコミ各社が動き始めるまでに至りました。

 そもそもこういった活動をはじめたのは、市民活動が非常に衰退し、活動も現実的に派遣を阻止できる力がなかったからです。たとえば、陳述書を議会議員に送ることや数の少ないピースウォークことだけでは現実的にはあまり力がなく、その行動自体がマスコミには目新しいものだとは考えられず、大きく取り上げられることはできませんし、一般市民にも伝わりません。

 そこで考えたのが、一人でもできて、マスコミが興味を持てる活動です。自衛隊派遣予定地サマワの劣化ウラン弾汚染をその対象に選びました。これは派遣論議には絶対に出てきてもいい話題なのですが、マスコミは全く報じていません。知っているのかもしれませんが、東京新聞や中国新聞などの地方新聞が多少伝えるだけで、主要マスコミは動きません。

 この劣化ウラン弾の問題を各社に伝え、派遣論議に影響を与えることができればいいと考え、札幌で行動を起こしました。22日から毎日劣化ウラン通信をファックスでマスコミ10数社と市議会議員の一部に送り、その結果、まずは北海道新聞が動き出しました。取材を2回され、イラクに派遣された記者が全面的に協力してくれることが決まりました。

 次に朝日新聞から取材を受け、これは明日か明後日には記事になるそうです。道新は派遣予定地サマワのことを一面に取り上げてくれる可能性が高いとのことで、かなり慎重に調査しているみたいです。

 この活動は札幌で活動することに意義があります。たとえば、広島や東京で派遣反対の劣化ウラン弾のことを取り上げればマスコミの人や一般市民は「またか」ということを感じるでしょう。しかし、札幌での劣化ウラン弾を取り上げての活動はあまりありませんし、さらにいえば放射能汚染から派遣論議を出すとなれば、注目を浴びる可能性は高まると考えたのです。

 これは戦略です。派遣の賛成・反対をもう一度考え直せる機会をマスコミを通して伝えたい、それが一般市民にデモや陳述書の提出などありふれた活動(もちろん必要です)で伝える労力よりはマスコミを通して伝えた方が絶対にいいと考え、行動しています。

 ここで劣化ウラン弾の禁止キャンペーンを開きつつ、自衛隊派遣論議に一つの大きな影響を与えることができればいいと考えています。12月中旬までには札幌で時限的な市民団体を作りたいと考えています。協力してくださる方はぜひご連絡をお願いします。

 とにかくマスコミです。昨日は一軒の取材、明日はテレビ局のキャスターと飲む機会ができ、いろいろな議論をしてきました。テスト期間中ですが、がんばりま~す(笑)。
(引用終了)

 テレビ局のキャスターも18歳のガキを飲みに連れ出すなよ(爆)

 一時期ネットに流れた「今井坊やによる自作自演の書き込み」なるものの文体と非常に良く似ている。偽作なら、このメルマガを参考にしたに違いない。

 どう見ても誠実さのカケラもない文体にひたすらマスコミ受けだけを狙う山師的思考。多くの人が直感的に彼の言動に嫌悪感を抱いた根源はここだろう。

 彼にとって、NGO立ち上げが「戦略」であるなら、今度の人質事件は何だったのか。
[PR]
by haruhico | 2004-05-05 22:12 | 亡国 | Trackback | Comments(2)
「朝日新聞」は未だイラク駐在員をお持ちのようです
■人質事件――NGOの芽を摘むな(4月30日付「朝日新聞」社説)
http://www.asahi.com/paper/editorial20040430.html#TKY200404300007
イラクの人質事件はさまざまな教訓を残した。政府とは異なる視点や方法によって、紛争地や貧困に苦しむ地域で人道支援をしているNGOや個人に対して、日本社会の理解が不足しているという問題も、そのひとつだ。
「自分の責任で行くということなのかもしれないが、どれだけの人に迷惑がかかるかということも考えてもらいたい」(福田官房長官・15日の記者会見)
「自己責任の自覚を欠いた、無謀かつ無責任な行動が、政府や関係機関などに、大きな無用の負担をかけている。深刻に反省すべき問題である」(読売新聞・13日付社説)
人質になった日本人に対して、こうした批判が浴びせられた。
彼らの状況判断が甘かった点は否めないから、批判に同意する人も少なくなかろう。とはいえ、彼らの行動を政府やメディアが頭から否定してしまったら、NGO活動全体にも冷水をかけることにならないか。それが心配だ。
危険と使命感とを、てんびんにかけながら、イラクを含む世界の紛争地域で活動しているNGOや個人は、日本でも諸外国でも人道復興支援に欠かせない参加者である。政府の退避勧告が出たからといって、それだけで、ただちに自分たちの使命を放棄できないのは、NGOも報道機関も同じことだ。
政府が正面から動きにくい地域や分野をNGOなどが受け持つ。そうした相互補完は国際貢献の常識といってよい。だから「政府の勧告に耳を貸さなかった」「政府の政策を批判した」といった理由で人質やその家族に非難が集まったことが、NGOが盛んな欧米には奇異に映ったのだろう、米ニューヨーク・タイムズ紙は「彼らの罪は、お上に反抗したことだ」と皮肉っぽく書いた。
そもそも、日本政府は国際的な平和協力活動に携わる若者たちを励まそうとしてきたではないか。
「我が国の青年層には、積極的に国際協力の現場で寄与することによって、自分の理想と抱負を活(い)かそうとする強い意欲が感じ取られる。しかし、欧米先進国に比較すると、日本のNGOが脆弱(ぜいじゃく)であるのは否定できない。国際的な存在感、日本人の顔の見える人的貢献といった側面での遅れが指摘される」
これは、福田官房長官の私的諮問機関である国際平和協力懇談会が、一昨年末にまとめた報告書の一節だ。
だが今度のようなことが起きると、「反省しろ」「費用を払え」といった声が起きる。NGOを重視したことなど、きれいさっぱり忘れたかのようだ。
NGO活動に携わる人たちは、人質事件を契機に危険情報の収集など、より慎重な振る舞いを迫られよう。
それは必要なことだが、人道支援を志す人々が萎縮(いしゅく)して、せっかくこの国に根付いてきたNGO活動の芽を摘むようなことがないよう、政府も民間の関係者も心がけてほしい。
びっくりです。「朝日新聞」は未だイラクに記者を派遣していると社説で述べています。郡山さん以外に入館証を持った記者がきっと潜入取材をしているのでしょう。
[PR]
by haruhico | 2004-04-30 22:21 | お笑い | Trackback | Comments(0)
えっ!「お笑いマンガ道場」のアノ人が大暴言?
柏村参院議員:イラク人質は「反日的分子」 参院決算委
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/20040427k0000m010054000c.html

柏村さんといえば我々の世代にとって「お笑いマンガ道場」の司会者であって(なぜか公式ホームページにその記載がない。中京テレビ製作だからか?)、参議院議員にになったときはそれなりに驚いたが、今度はもっと驚いた。

狙うは第2の楢崎弥之助か?

一般市民が感じていることを率直に国政に反映してくれたことは大変結構。

目白の豪邸にお住まいになっているゴールデンラッキーよりはるかに「庶民感覚」をお持ちのようだ。

すでに公式HPが重くなっているあたり、連中にF5攻撃でも受けているのだろうが、陰湿な攻撃に負けずがんばってもらいたい。
[PR]
by haruhico | 2004-04-26 21:28 | お笑い | Trackback(1) | Comments(1)
反日日系人(?)による自作自演のお手本
「不可解」な日本?-人質への非難に驚く米社会
http://www.sanspo.com/sokuho/0424sokuho056.html

「日本人は人質に冷たい視線」 米メディア 「お上に盾突き」非難浴びる
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/20040424/news004.html

>「解放された人質はより大きな苦しみを味わっている」。イラクで人質になった
>後に解放された日本人について、米メディアは帰国後の様子を相次いで報道
>した。自国の民間人犠牲すら大騒ぎしない米国だが、日本での非難騒ぎを
>驚きを持って伝えている。
>二十三日付のニューヨーク・タイムズ紙東京発の記事を一面
>に掲載。解放された三人は「黄色いリボンに温かく包まれるどころか、国民の
>冷たい視線にさらされた」と記述。「自業自得だ」「日本の恥だ」といった非難
>を浴びているため「ストレスは監禁されていたとき以上に強い」と診断した
>医師の話も紹介した。
>AP通信は同日「人質に非難の嵐」との見出しで記事配信。三人が「政府の
>警告を無視した」「自衛隊を危険にさらした」理由で非難され「受刑者のよう
>に家に閉じこめられている」と伝えた。CNNテレビも「黄色いリボンはなかっ
>た」と放映した。タイムズ紙、AP通信とも「危険を恐れない国民がいることを
>日本人は誇りに思うべきだ」とのパウエル米国務長官発言を使って、日本人
>の反応に異議を唱えた。さらにタイムズ紙は「三人の罪はお上に盾突いた
>ことだ」と分析。政府が言う“自己責任論”を「結局、政府に何も期待するなと
>言っていることと同じだ」と批判している。

おやまぁ、おフランスだけではなく、同盟国アメリカからも非難されちゃうんですか、と驚いた。
なぜか、こういうのが大好きなasahi.comに該当記事が見当たらない。日頃の論調からいって1面トップでもいいのに。

しばらくしてひょんな所から「The New York Times」の記事が見つかった。

各紙「東京発」と書いているが、書いているのは「NORIMITU OONISHI」って日本人くさい名前。

で、調べてみると「日系人東京支局長」らしい。しかも「ニューヨーク・タイムズ」を読むアメリカの「オピニオンリーダー達」に向かって、紅白歌合戦の大トリ「世界に一つだけの花」を引いて「No.1でいること」がアイデンティティーの中枢であるアメリカ人へ疑問を投げかけている。

なんと日本の内情に通じた「日系人」なのだろう!

まるで、心の国籍だけ中華人民共和国な「日本人」のようだ。

少なくとも、この人が書いたコラムを元に「アメリカ」が「日本」をどう思ってるか、を云々するのはマチガイじゃない?

「朝日新聞」記者(?)のホームページによるとAP通信とNew York Timesの東京支局はここにあるらしい。

築地周辺の情報だけニューヨークや世界に流さないでほしいなぁ。

P.S.AP通信の記事も作者は日系人ぽい(KENJI HALL)
Freed Japanese Hostages Face Criticism
http://customwire.ap.org/dynamic/stories/J/JAPAN_HOSTAGES_FREED?SITE=APWEB&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT

NYT全文はこちら
[PR]
by haruhico | 2004-04-25 14:53 | 亡国 | Trackback | Comments(0)