雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
たたかいは あきたのさ
from 海驢blog
<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
シンプルでよかった!
何かエキブロ全体がエラいことになっている。
大方オッチョコチョイが画像フォルダとスクリプトフォルダを根こそぎ削除してしまったのだろう。

でも~、

そんなの関係ねぇ!
そんなの関係ねぇ!
そんなの関係ねぇ!

ハイ、オッパッピー!

[PR]
by haruhico | 2007-12-25 21:34 | お笑い | Trackback | Comments(2)
素直になれなくて
RSS配信しているので、近頃「ダイヤモンドONLINE」をよく読むのだが、この間、絶望的にひどい記事があった。

人は統計的な発想が苦手だ|マーケットで成功するための投資の心理学
http://diamond.jp/series/hayashi/10005/

少し長い記事なので要点だけ端折る。

>以下は、タクシー問題と呼ばれるものである。よく考えてから答えていただき
>たい。
>【問題】
>ある街では、(緑色タクシー会社と青色タクシー会社の2社しかなく)タクシー
>の総数のうち85%が緑色の車体、15%が青色の車体である。あるとき、
>その街のタクシーによるひき逃げ事件が発生した。目撃者の証言によると
>「犯人のタクシーは青色」。その証言がどのくらい正確かを事故のときと同じ
>ような状況下でテストしたところ、80%の確率で正しく色を識別できるが、
>20%の確率で実際とは逆の色を言ってしまうことがわかった。証言通り、
>青タクシーが犯人である確率はいくらか?
> 「よく考えてから答えていただきたい」と書いたので、正解者が多いことを
>期待したいが、直感で答えると多くの人が間違えるという。

解答はこちらを見ていただくとして、証言者が青と言った時の確率だから、そこまで考えが及ばなければ12%と答えても仕方ないだろう(なぜ80%とアメリカ人の大半が答えたのかは謎だが)。

ところが、次の問題からこの先生はとんでもない暴走をはじめる。

>【問題】
>例えば、Aさんに子どもが2人いるとする。うち1人は女の子であることが
>わかっている。残りが男の子の可能性はどうだろうか。
>直感的には、半々と思うかもしれないが、それは
>間違いだ。世の中で無差別に2人のペアを作ると、あるいは、世の中の
>2人キョウダイ(兄弟・姉妹)すべてを調べると、2人の性別の可能性は
>4通りで、「男・男」:「男・女」:「女・男」:「女・女」
>=1:1:1:1(「男・男」:「男・女」:「女・女」=1:2:1)である。
>ここで、Aさんの子どものうち1人は女であるから、「男・男」の可能性はない。
>したがって、Aさんの子どもの性別の可能性は、「男・女」:「女・男」:「女・女」
>=1:1:1(「男・女」:「女・女」=2:1)。つまり、残りが男の子の可能性は、
>3分の2だ。

自分で何を言っているのか分かっていないようだ。
年齢を考慮しない2人キョウダイの組み合わせは3通りしかない。もちろん、「男・男」「男・女」「女・女」だ。生まれた順を考慮するのであれば、「兄弟」「兄妹」「姉弟」「姉妹」の4通りだが。
Aさんの2人の子供のうちの1人が女の子であれば、もう1人が男か女の確率が1/2であることは直感だろうが何だろうが正しい

仮に生まれてきた順を考慮するのならば、女の子が姉ならもう1人は弟か妹で1/2。妹ならば兄か姉の1/2。どこまで行っても確率は1/2(一人目が女の子確定なので、1/2*1/2+1/2*1/2)である。

勝手に「男・女」と「女・男」を区別(生まれた順を考慮)しながら、一人目の女の子の生まれた順を考慮しない(仮に姉ならば「男・男」「男・女」のパターンが消える)ポカをしながら全く気づいていない。

こんなインチキな詭弁を書いていて経済学部の教授でございというのだから(出身は法学部のようだが)驚かされる。

更に驚くことは、記事の反響に対する筆者のリアクションである。

>キョウダイの性別問題も新聞に寄稿したのだが、その反響はすご
>かったらしい。クレームの電話がいっぱい来ている
>いうのだ。
>「答えは2分の1ではないのか」というものだ。例えば、メールで転送されて
>きた、ある読者のコメントは、「男女の確率が1:1なら無作為に2人選んで
>一方が女なら、他方が男の確率は独立事象なので、どんなにがんばっても
>2分の1です」というものだった。
>電話の対応に困るので、「読者が納得しやすい説明をしてください」と担当の
>デスクがいう。私は、ほぼ以下のように電話口で答えた。
> 「がんばろうががんばるまいが、答えは同じなのは当たり前ですね。『どんな
>にがんばっても』という表現は、執筆者を馬鹿にしたいということなの
>でしょうが、はっきり言って、その人こそ愚かです。そういう勘違いを
>する人がいるといって教えているのに、それでも自分が正しいと
>考えて、疑うこともない。聞く耳を持っていない。うーん、困った
>ものです。こういう人は、相場には向かないでしょうね。他方が男の確率は
>独立事象ではないなどと、私はまったく言っていません。しかし、サイコロを
>振って次に出る目の確率を聞いているのではないのです」(中略)

赤字の部分をそっくりそのまま熨斗を付けて送り返したいと思うのは私だけではないだろう。

>実は、その連載の同じ回に、「タクシー問題」も書いていたのである。しかし、
>2人キョウダイの性別問題には質問が殺到したのに、
>タクシー問題には、前述のように質問は1つだけだった。タクシー問題のほう
>に質問が多そうなものなのに、2人キョウダイの性別問題に質問が集中した
>というのは興味深い。おそらく、質問(というより、クレームか)してきている
>読者は、タクシー問題は、端から理解できない、理解しようとしない人なの
>ではなかろうか。

読者をバカにするのもいい加減にしろ。というか、編集者がまず気づけ。

そもそもタクシー問題の解答が正しくて、キョウダイ問題の解答が間違っていたと考えるのが道理だと思うが(嗤)。「バカの壁」とはさほど高いものなのか。

私よりずっと確率統計に詳しい方は裏付けでも反論でもどっちでも良いのでコメントしてください。私が間違っていたときには素直に謝ります(笑)。
[PR]
by haruhico | 2007-12-25 01:32 | バカ | Trackback | Comments(6)
なぜ?の嵐
「マンガガイドの決定版」 このマンガがすごい!2008発売
http://www.akibablog.net/archives/2007/12/konomanga-071204.html

>このマンガがすごい!2008【AA】が、 マンガがあればいーのださんが12月
>4日発売予定と書かれているように、4日にはアキバで売ってた。男性向け
>マンガと女性向けマンガを、それぞれ約70人から得点を多く集めた作品を
>紹介し、オトコ編1位「ハチワンダイバー」の柴田ヨクサル氏へのインタビュー
>や、福本伸行氏インタビューとかが載ってる。

誕生日前後の鬱と業務多忙で全く更新できないのに日々Googleからアクセスがあるのはビックリ。ネタはあっても気力が涌かなくて以前毎日更新していたのがウソのよう。

もう3週間も前のネタですが、どうしても書いておきたいので。

正直男の1位が「ハチワンダイバー」ってそれ何て米長会長の陰謀?って感じなんですが。
もうみんなメイドが出てくれば何でも良いのかしら?
将棋指しの端くれとして、将棋漫画がトップを獲った(一応プロ棋士が監修しているし)のは喜ばしいのだが、アレが1位か?という気がする。2位の「へうげもの」も好きな漫画なので嬉しいが、そんなに万人向けかしら?

それより何より腹立たしいのは、すでに9巻まで出ているというのに、木多先生の「喧嘩商売」が50位にも入っていないことだ。

いや、別に1位になれとは言わない。あのブラックな笑いを万人に理解しろと言う方が無理なのだから。でも、ざっと見た限り誰一人として今年の5作にピックアップしていない(今年1年で4冊!も出ているし、去年1位のDMCがランクインしているのだから今年スタートに限定しているわけでもない)。お前ら本当に漫画読みか?

この間カタログCDを買いに「まん森」に行った際に見かけた「このマンガを読め! 2008」の索引を見たら3人が選んでいたが、まともなコメント無しorz。

木多先生史上初の10巻が刊行予定の来年こそはランクインしてもらいたいものだ。
[PR]
by haruhico | 2007-12-24 23:55 | 面白ニュース | Trackback | Comments(0)
デブの素
a0001324_214345.jpg

旨い、旨すぎる。
[PR]
by haruhico | 2007-12-03 21:44 | 街角の風景 | Trackback | Comments(3)