雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
たたかいは あきたのさ
from 海驢blog
<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
東大へ行ってテレビに出よう
何度も数学に挫折したにもかかわらず、未だにレアな大学受験参考書をヤフオクで血眼になって落札しているのだが、そんな話を仕事場の人にしたらたけしのコマネチ大学数学科という深夜番組(金曜25:30~26:00)を教えてくれた。

「のだめ」の直後なのでまとめて録画して土日に見ているのだが、「数学の美しさ」を伝えてくれる好番組だ。間違ってもゴールデンに進出などして欲しくない。

数学の有名問題をアレンジしたものを、ビートたけしと東大生2人とダンカン率いるコマネチ大学数学科5人が正解を競い合うという形式で、たけしが東大生の才媛(?)2人を相手に互角以上に闘う姿に驚かされる。

先々週の「スパゲッティ問題」の"図形的解法"は久々に感動的だった。ちなみに問題は、
1本が30cmのスパゲッティを適当に3本に折った時
それが三角形になる確率を求めなさい
というもの。解法は敢えて示さないので、興味のある方は問題文でググって下さい。

今年も受験シーズンまっただ中で、たまたま読売新聞のサイトに出ていた終わったばかりの東大の数学の問題を眺めていた。以前取り上げた2003年の理系の第6問以外、東大の問題なんて解法の方針すら立ったことがなかったが、今年はやけに簡単な問題が混じっていた。

2007年東京大学(前期)第3問
http://nyushi.yomiuri.co.jp/nyushi/honshi/07/t01-22p/3.htm
正の整数の下2桁とは、100の位以上を無視した数をいう。
たとえば2000,12345の下2桁はそれぞれ0,45である。
mが正の整数全体を動くとき、5mの下2桁として現れる数をすべて求めよ。
mの下2桁を10a+b(a,bは10以下の正数)と置いて二項展開すると5mの下2桁は5(40ab3+b)だから、調べる対象は0~9の10個でいい。チョイと計算すれば簡単に答が出そうな気がするが、解答を見ると果たしてそうだった。なんかいかにも「コマ大」で出題されそうな内容なのだが、今の出演者が共に三年生なので、来年は文系の新入生を出す気なのか東大(笑)。

ついでに見た京都大学(文系)の第4問も妙に簡単そう。全然京都っぽくない。これがゆとり教育なのか?
[PR]
by haruhico | 2007-02-28 01:00 | 面白ニュース | Trackback | Comments(0)
お宅のキャンペーンて何だっけ?
不二家:小売などの在庫 全量引き取り廃棄へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070223k0000m040145000c.html

>不二家は22日、チョコレートなど一般菓子の3月上旬の販売再開に向けて、
>小売り各社や卸売業者などが倉庫や店舗で保管したままになっている一般
>菓子の在庫を全量引き取って廃棄する方向で検討に入った。
>問題発覚前に製造された商品をすべて廃棄し、同社を支援している山崎
>製パンの指導下で3月以降に製造した商品だけを販売することを明確にして
>消費者や流通各社の不安を払しょくする狙い。在庫全量廃棄を安全性確保の
>決め手と位置づけ、失った信頼回復につなげたい考えだ。
>一般菓子の販売について、不二家は(1)米国の衛生管理手法「AIB」での
>点検完了(2)品質管理の国際規格(ISO)の再認証取得(3)保健所が指摘
>した問題点の改善--で工場の安全性をアピールし、再開にこぎ着ける戦略
>だった。
>しかし、再建を助言する有識者会議「『外部から不二家を変える』改革委員
>会」(委員長・田中一昭拓殖大教授)は「不二家が生まれ変わったと納得
>できる具体案が足りない」と注文。これを受けて、不二家を支援している山崎
>との間で、安全性確保のための新たな対策を詰めていた。
>在庫の全量廃棄については山崎と最終調整中で、不二家が小売り各社や
>卸売業者から在庫をすべて引き取る代わりに、新しく製造した商品を提供
>する計画。現在も不二家の一般菓子の販売を続けている一部小売りに対
>しては、「在庫廃棄は、新生・不二家をアピールするために不可欠」と理解
>を求め、商品の入れ替えに応じてもらう方針だ。山崎から打診を受けた流通
>各社は、在庫の全量廃棄に対し前向きに協力する姿勢を示しているという。
>全量廃棄には多額の資金が必要なため、銀座本社売却など不二家の資産
>整理の検討が加速する可能性が高い。

店頭在庫だった不二家のピーチネクターを飲みながらこの記事を書いているが、ダメと決まったわけでもない賞味期限内の食品の大量廃棄が当然みたいなことを書く毎日新聞の「MOTTAINAI」って何だろうと思ってしまう。
[PR]
by haruhico | 2007-02-27 01:44 | 偽善 | Trackback | Comments(2)
音速の人生
東京・西武新宿線事故:自殺は杉並の母子
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070226ddm041040071000c.html

>東京都練馬区の西武新宿線上石神井6号踏切で女性と男児が列車にはね
>られ死亡した事故で、亡くなったのは杉並区善福寺3、無職、松村朋子さん
>(34)と長男聖也(せな)ちゃん(1)だったことが25日、警視庁
>石神井署の調べで分かった。同署は自殺とみている。
>調べでは、松村さんは電車に飛びこむ数時間前、自宅で会社員の夫(33)と
>口論になり、聖也ちゃんを連れて車で家を出た後、「自殺する」と夫
>に携帯電話で伝えていた。遺書などはなかった。

自殺するまでどういういきさつがあったか知らないが、子供を巻き添えにするのはねぇ。面と向かって言わずに携帯で言うあたりも時代のあらわれか。

男でセナといえば当然元ネタは「音速の貴公子」だろうが、名付けた時から音速で人生を終わらせる気だったのか。聖を「せ(い)」、也を「な(り)」と読みの片方だけ当てるあたり十分アレだが。
[PR]
by haruhico | 2007-02-27 01:24 | バカ | Trackback | Comments(0)
東京にいるヤツは仕事休んでも行きやがれ!
元ネタ:パトラッシュ、僕もう疲れたよ

ふと思い出してググってみたらウヒョーッと叫びそうになった。
週末の予定がこんなに埋まってしまって体が持つだろうか。

吉村 芳生 展
2007年2月13日(月) ~ 3月3日(土)
http://www.kgs-tokyo.jp/kawafune/2007/0213/index.htm
a0001324_22405940.jpg

ギャラリー川船
〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-4 フジビルB1F

今まで、ググったら終わってたとか、これからだけど会場が沖縄とか、さんざん辛酸を嘗めてきた吉村さんの展覧会が首都圏で行われる。直に見るのは4年ぶりか。早いものである。

超・絶・技・巧とも言うべき色鉛筆のドローイングの上にギャラリーの写真からも分かるようにベラボーな大きさである。生で見るに如くモノはない。

是非ともうるさいオバさま方に邪魔されない平日にでもじっくり鑑賞したいものである。
[PR]
by haruhico | 2007-02-19 22:50 | プロファイリング | Trackback | Comments(2)
スゴイ奴が来るらしい
2週間前の会社帰り、何の気なしにコンビニで「週刊新潮」を手に取って、パラパラめくるとある記事が目に留まった。

「すみだ」がアメリカで発掘した技巧派「バッハ弾き」
(週刊新潮 [ 2007年02月15日号])
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG5/20070208/18

ロシア出身のセルゲイ・シェプキンというピアニストの初来日コンサートについての記事だが、その中でシェプキンのゴールドベルク変奏曲グレン・グールド(81年版)アンドラーシュ・シフに匹敵するとアメリカの雑誌が持ち上げているという。

とりあえず名前だけ覚えて、家に帰ってからAmazonでCDを探したが国内版は出ていなかった。ググってみたところ、毎日新聞にコンサートについての記事があった。

音のかなたへ:シェプキンのゴルトベルク
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/music/news/20070207dde018070068000c.html

>このピアニストの弾くバッハ「ゴルトベルク変奏曲」の音をどのように言ったら
>いいのだろうか。
>雪のひとひらは手に触れたり地面につくとすぐに消えてしまうけれど、それが
>重なってゆくと、うっすらと白が浮かび上がる。こんなにやさしく物を包んでゆく
>ものはないだろう。そのような音。
>雪がふると、大変だがなぜかかすかな安心感も生じる。さらされていたものが
>包まれ、見えなくなるからだろうか。心のなかの傷や汚れも。
>アポリネールには、天使の料理人が空で羽毛をまいている、といかにもパリ
>らしい、しゃれた雪の詩がある。これも雪がふりつもったら羽ふとんになって
>包んでくれる、という思いが背後にあるかもしれない。
>冒頭のゆっくりしたアリアがまるで、天空から雪のひとひらひとひらが姿を変え
>ながら舞い落ちてくるように感じられる。舞うときの飾りの音は軽やかで明るく
>透きとおって、てのひらにつくとふっと消えてしまうのに、いつの間にか心の底
>にふりつもっている。羽毛のように指先が鍵盤に触れる音から、なにかの
>拍子にひとひらがまた空の高みに舞い上がってゆくような音まで、無数の
>タッチがある。
>その雪が第15変奏曲のアンダンテで、心の底からすこしずつ水になって溶け
>出す。透明な水に、包み隠されていた傷や汚れが流れ始める。
>まるで人生の多くの時間を振り返るような第25変奏曲のアダージョを経て、
>初めのアリアが最後に戻ってくると、雪空は晴れ上がって日差しがやわらか
>い。
>ところが次に聴きなおすと、今度は光と風が絡み合っているように思える。
>演奏に装飾がふんだんに入れられているのに、それが自然界のもののように
>旋律線をあやなす。それぞれの旋律線の色がそれぞれに異なってそれぞれ
>に話している。ときどき交わされる対話の余韻。これがバッハが頭のなかで
>聴いていた対位法だと思わざるを得ない。
>そして次に聴きなおすと今度は、緻密(ちみつ)に構築されたレースの装飾の
>よう。そして次に--。無限に多様な世界へ連れていかれる。
>米国のマイナーレーベルに録音したのはセルゲイ・シェプキン。サンクトペテル
>ブルクに生まれ、1990年にボストンに移り住み3年後にデビューリサイタル
>を開いたが、日本では全く知られていない。初来日して3月2日
>に東京・すみだトリフォニーホールで「ゴルトベルク変奏曲」を弾く(問い合わせ
>は03・5608・1212)。実演を聴かないと分からないこともあるが、録音に
>おいては、グレン・グールドの演奏以来、最も心動かされた
>“ゴルトベルク”である。<梅津時比古(専門編集委員)>

日本では無名のピアニストに対して、読んでいる方が恥ずかしくなるような美辞麗句のオンパレード(苦笑)である。

「幻の~」とか「伝説の~」とか「関西の秘密兵器」が好きな人間としては、曲目が曲目だし、会社帰りにギリギリ寄れる場所なので、是非とも聴きに行かねば、と思ったが、残り1ヶ月を切っていてチケットが手に入るのだろうか?そもそも、クラシックのチケットなんか買ったことないし(爆)

申し込みの頁を見たらまだ発売中だった。結局、翌日の昼飯時にトリフォニーホールチケットセンターに電話したらアッサリ取れた。S席が4000円でA席が3000円なので、ここは奮発してS席にする。チケットの受け渡し方法を知らなかったのだが、コンビニで暗証番号と電話番号を伝えたら簡単に出来た。21世紀って素晴らしい。昨年の10月末から売り出していてまだ売り切れていないということはやはり知名度が低いのだろう。"先物買い"としては絶好の狙い目だ。

本番を聴く前にやはりCDを聴いておきたくなってアメリカのAmazonをチェックしたらこちらにはあった。日本からでも買えるのだろうか(本番には間に合わないだろうが)。

Amazon.com The Goldberg Variations Music Johann Sebastian Bach,Sergey Schepkin
a0001324_2175719.jpg
サンプルを聴く限り、グールドの81年版と言うよりは55年版に近い気がする。毎日新聞には「装飾がふんだんに」と書かれているが、この程度で「ふんだんに」などと言っていたら、コープマンの演奏を聴いたらビックリしてひっくり返ってヒョイってなことになってしまう。とりあえずテクニカルな演奏が大好きな私的には好きなタイプで良かった。

あとは、当日定時にダッシュで帰社出来ればいいのだが。

P.S.あとで気づいたが、マイナーレーベルらしく全曲通して第4変奏~第9変奏を除く全曲をRealAudioで聴くことが出来ます。
http://www.ongaku-records.com/ra_files/107_ram/Goldberg.ram(RealAudio 44Kbit)
[PR]
by haruhico | 2007-02-19 02:27 | プロファイリング | Trackback(2) | Comments(0)
マカオ→北京→新浦安?
今週の「のだめ」の録画をチェックしていたら、怪しげなCMを見つけた。

浦安薬効温泉 湯巡り万華郷(まんげきょう)
http://www.yumegurimangekyo.com/(リンク先で動画が見られます)
a0001324_1143578.jpg

こ、これは「まさお」くん?
a0001324_11431590.jpg

水もしたたるイイ男?
a0001324_11432717.jpg

マスゲームを連想させるね
a0001324_11433785.jpg

滝に打たれて何思う
a0001324_11435177.jpg

さりげなく「田園の湯」を使い回しするあたり彼の国っぽい(爆)
a0001324_1144115.jpg

やはり浦安に棲むネズミーマウスに引き寄せられるのか。
[PR]
by haruhico | 2007-02-17 11:51 | 面白ニュース | Trackback | Comments(0)
なぜB面?
M.C.ハマー人気で16年ぶりに着うた(R)で復活。ケンタイキです!
http://www.pia.co.jp/news/hot/20070216_mckomiya_chakuuta.html
a0001324_10331058.jpg

>現在、日産自動車「ハイウェイスターシリーズ」のCMソングで再び注目を
>浴びているM.C.ハマーの「ユー・キャント・タッチ・ディス」。大ヒットした
>当時、この曲のパロディとしてM.C.コミヤがカバーした「ケンタイキ
>(倦怠期)」の「着うた(R)」「着うたフル(R)」が、2月16日(金)より配信
>を開始した。
>1990年にリリースされ世界で1000万枚のセールスを記録したアルバム
>『Please Hammer Don't Hurt' Em』(現在廃盤)に収録され
>ていた「ユー・キャント・タッチ・ディス」(現在は『MCハマー/ザ・ヒッツ』のみ
>収録)。CMがスタートしてから1か月で「着うた(R)」のダウンロード数が
>10万というスマッシュ・ヒットを記録している。
>そんな「ユー・キャント~」のブーム再燃のなか、M.C.ハマーが一世風靡して
>いた当時、日本ではコント赤信号の小宮孝泰が“M.C.コミヤ”と名乗り、
>「ユー・キャント~」のパロディ版「ケンタイキ(倦怠期)」をリリースしていた。
>「U CAN'T TOUCH THIS」を「ケンタイキです!」と歌っていたあのフレーズ
>と見た目の酷似さが、当時バラエティ番組を中心に人気
>を博した。
>1991年にリリースされたミニ・アルバム『プリーズ・コミヤ・ドント・ハーテム』
>は現在廃盤となっており、「着うた(R)」「着うたフル(R)」のみで「ケンタイキ
>(倦怠期)」が復活することになった。

ちなみにこちらが本家「Please Hammer Don't Hurt' Em」のジャケット。
a0001324_10393838.jpg

コミヤの方がちょっと立ち位置が左寄り。

手口としては"Weird Al" Yankovicの「FAT」の影響もあっただろうね。

それにしても「M.C.コミヤ」って人気を博したことがあったのか?フツーの人は知らないぞ。

これも「バブルへGo!」効果なのか。

そもそも着うた程度の音量と長さで「U CAN'T TOUCH THIS」と「ケンタイキ」の違いをどう聴き分けろと(オケはほぼ共通・爆)?自己満足ジャン。

何よりも謎なのが、なぜリリース時は「A面」扱いだった「遣唐使です」を復活させなかったのかだ。歌詞的には「遣唐使です」の方がデキが良かったと思うのだが。

ま、8センチシングル持っているのでどーでもいいですが。

コレもヤフオクで高騰するのか(苦笑)?
[PR]
by haruhico | 2007-02-17 11:01 | 面白ニュース | Trackback | Comments(0)
ふと気がついた
仕事中にテキストエディターでシコシコ文章を書いていたら、こんなことを思いついた。

おバカネタです。
[PR]
by haruhico | 2007-02-15 23:12 | 面白ニュース | Trackback | Comments(2)
今年は大本命の許へ
「素直に辞めて」 厚労相に“苦い”チョコ
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007021401000459.html
a0001324_2264888.jpg

>バレンタインデーの14日、女性を「産む機械」と例えた柳沢伯夫厚生労働相
>あてに、市民団体ピースボート(東京)が抗議の意を込め「素直に辞め
>るアナタが好き☆」と文字を入れた特大のチョコレートを贈った。
>2日間かけたという手作りで縦約30センチ、横約50センチのハート形。重さ
>は新生児の体重を目安に約3・5キロにしたという。子育て中
>の女性メンバーら約20人が厚労省前に集まり「チョコレートを添えて告白し
>ます。一日も早い辞職を」とのメッセージとともに、応対した厚労省大臣官房
>の職員に手渡した。
>国会では、ひたすら謝罪を繰り返して野党の厳しい追及をしのいでいる柳沢
>厚労相だが、女性たちの“苦い”プレゼントをどう受け止める?

今年も嫌いな政治家に脅迫状と共に大量のチョコレートを送りつける季節がやって参りました。

今年は柳沢厚労相がディープインパクト級の大本命(「産む機械」発言の前は"常連"の石原閣下かと思っていたが・笑)だったので、面白くも何ともなかった。

3.5キロのチョコレートをムダにする余裕があるなら、どうして恵まれないアフリカの子どもたちに施してやらないのかね。

日頃連中の言う"善意"なんて所詮その程度のモノ。
[PR]
by haruhico | 2007-02-14 22:17 | バカ | Trackback(2) | Comments(4)
国会議員は民度の鏡
参院選にアキバ系参上…“RPG風HP”に勇者で登場
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_02/t2007021428.html

>自民党の麻生太郎外相が、アニメやゲームなどをこよなく愛する“アキバ系”
>に人気があるのは広く知られるところだが、民主党には自らアキバ系を名乗
>る男がいる。現在落選中の前衆院議員、樽井良和氏、39歳だ。名刺や自身
>のホームページ(HP)に勇者姿の写真や「ザワ王」に変身させた小沢一郎
>代表を登場させるなど、そのユニークさが話題となっている。
>樽井氏のHPを開くと、「エンターテインメント立国」の推進をテーマにした物語
>がスタート。ロールプレイングゲーム仕立てになっており、ザワ王が「勇者
>タルイ」(樽井氏)に「おぉタルイ。どうした? 一体何事じゃ?」と問いかけ、
>物語は進展していく。
>樽井氏は民主党内でプロレス・格闘技ファンとしても知られているが、菅直人
>代表代行ふんする名軍師「キラー・カン」も登場。かつて新日本プロレスで
>活躍し、モンゴリアンチョップを得意技とすることでおなじみの「キラー・カーン」
>をもじっているのだ。ちなみに、鳩山由紀夫幹事長の“出演”については、
>現在考案中だとか。
>名刺を開くとザワ王やキラー・カンの姿が…
>樽井氏は今夏の参院選に比例代表から出馬することが決まっているが、
>夕刊フジの取材に対して「永田町にアキバ系議員はいないから、ポップ
>カルチャーやデジタルコンテンツに関心のある層をつかみたいと思い、こうの
>ようなHPなどを作成した」と宣言。公約はズバリ「エンターテインメント・コン
>テンツ産業の振興」だという。
>一方、名刺は折りたたみ式になっており、表にはゲーム雑誌『週刊
>ファミ通』を連想させる「タル通」の文字と勇者タルイの顔写真。
>名刺を開くと、ザワ王やキラー・カンとのツーショットに加え、「かったるい
>国政、変えたるい!!」とダジャレをきかせたメッセージも。裏側に
>は「史上初のAKIBA系議員を全国から国政へ取り戻せ!」と威勢のいい
>文句も並ぶ。
>さぞ自信作かと思いきや、「菅氏には渡しましたが、小沢氏には怖くて渡して
>ません。断りなく作ったので…。一般の人にもひかれるかもしれ
>ないのであまり配ってません。主に業界の人に配ってます」と遠慮気味な
>様子。
>確かに、あまりの奇抜な発想に、永田町では「笑うしかない」と冷ややかに
>見る向きもあるが、樽井氏を知る民主党関係者によると、「いたってまじめな
>人だ」という。
>実際、樽井氏は自らが連載中の『週刊ファミ通』のコラムでも、「エンターテイ
>ンメントの振興は国の経済効果だけでなく、イメージアップに大きく貢献しま
>す。『冬ソナ』を見たあと、韓国にミサイル撃つ気になりますか? その感情を
>思えば、戦争抑止力、観光や経済交流の活性化においてまさにエンターテイ
>ンメントコンテンツは最大の外交官!」と、まじめに“持論”を展開している。
>さすがの麻生氏も、この男にはビックリ!? 

とりあえず、ギャグのセンスがないのと意匠権と肖像権に対する意識が低いのは分かった。
[PR]
by haruhico | 2007-02-14 22:03 | バカ | Trackback | Comments(0)