雖然知道但無法停止
by haruhico
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
<   2005年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧
【物欲戦隊ルサンチマン】第5回 ルサンチマン夜の池袋を走る
先週の土曜日が雪だったため、J.トレンツ・リャド原画展の期日はあと2日となってしまった。

会場がフォーシーズンズホテル本店なので、「原画展」と言っても名ばかりなのは百も承知だが、行ける時に行っていないと寝覚めが悪い。

起きたのが遅かったので家を出たのは2時過ぎ。秋葉原で野暮用を済ませて山手線で一路目白駅へ。駅の中で「沖縄物産市(?)」をやっていて「日清ラ王 沖縄そば」(250円)などを売っていた。こういう「地方限定品」に弱いのだが、さすがにこれから絵を見に行くというのに「ラ王」を買う気にはなれなかったので沖縄伊藤園の「シイクワッシャーティー」を買う。飲んでみると普通のレモンティー。180円も出して損した。

都バスの新宿駅西口行きに乗って椿山荘で降りる。勝手知ったる道をトコトコ歩いてギャラリーへ辿り着く。入ってすぐの所に見た事がないリャドの画集が置いてある。スペイン語版なので文章はチンプンカンプン。ページを繰ると他の画集に載っているものが大半。載っていないものもわざわざ18000円も出してまで欲しいと思わない。

奥の小部屋にお目当ての人物画が飾られている。「SRTA.CAROLINA VICH(200cm×90cm・1982)」は何度見ても衣装の描写法に惚れ惚れする逸品。なぜこの色の組み合わせがこういう風に人の目を欺けるのかと感心する。「MODELO(116cm×116cm・1990)」は肩の毛皮の描写法が秀逸。あと2枚未見の原画が展示されていてこれだけで来た甲斐があるというもの。

小部屋を出ると外はシルクスクリーンばかり。シルクに用はない(笑)。奥まった部屋に「Kew(73cm×73cm・1990)」がある。その隣は未見(?)の大作だが、リャドとは思えない凡作。あれだけの数の作品を残せばこういった作品もあるだろう。風景画でよかったのは「ESCALA DE VIL-LA FARNESIA(100cm×100cm・1988)」で、スペインの乾いた陽射しというのはこういうものだろうな、と感じさせる光と影の描写である。この絵を見ていると、すぐ隣で20代の兄ちゃんがツレの彼女(?)に「この絵はコレくらいの角度から目を細めて見ると…」と説明していた。むむ、オヌシやるな。

辺りを見回すと去年買った「カネットの夜明け」のポスターに18000円の値札が。あれっ、そんなに高かったっけ?

30分もかからずにギャラリーを出る。秋葉原などにあるボッタクリ屋と違い、絵を見ている最中に店員がみだりに声をかけてこないのが貧乏人には嬉しい。

椿山荘発のバスに乗って目白警察署前で降りる。途中下車の目的は「目白荘」探しだ(爆)。東京都豊島区目白2丁目まで分かっているし、現在工事中(笑)の古い木造アパートを探せばいい、とタカを括っていたのだが見つからない。日も暮れてきたし、あまりウロチョロして不審がられてもいけないので程々で切り上げる。

明治通りに出るとすぐに「古書 往来座」の看板を発見。あてどなく歩いていても古書店に出くわすあたりがルサンチマンの本領発揮(?)である。

まず外に並んでいる均一棚の量に驚く。もっとも量はあれども欲しい本は少ない。1冊100円、3冊200円なのであちこちから3冊ピックアップする。

多田幸蔵・島秀夫「英文解釈どう仕上げる」(洛陽社・1986)
渡部昇一編「知的ビジネスマンのための500語」(中央公論社・1981)
W.J.Ball「誤りやすい英語語法ルールブック」(ピアソン・エデュケーション・2000)

中に入ると雑司が谷霊園に眠る著名人・文化人の特集棚がお出迎え。漱石関連で「『我輩は猫である』殺人事件」はあっても、「贋作『坊っちゃん』殺人事件」はない(笑)。

端から順に見ていくとイキナリ高田保「ブラリひょうたん日記」(要書房・1953)を発見。奥付けを見ると定價貮百圓・地方定價貮百五圓とある。

先日、向井敏の「贅沢な読書」(講談社現代新書・1983)を読んでいて、「ブラリひょうたん」を「わが国コラム史上の金字塔ともいうべき名コラム集」と激賞し、その筆法について14ページを割いて褒め称えた挙句、山本夏彦と比べて、
『やぶから棒』は『ブラリひょうたん』にくらべれば、観察の柔軟、展開の自在において一歩を譲り、ことに機知縦横という点では敵しがたいとはいえ、その欠を補って余りあるのが、あのきりりと引きしまった文体である。(「贅沢な読書」P.113・太字はharuhicoによる)
と述べるのだから俄か夏彦ファンとしては聞き捨てならない。値段が高かったら考える所だが500円なら十分許容範囲。

目を隣に移すと同じ段に谷沢永一・向井敏「読書巷談 縦横無尽 とっておきの50冊」(日本経済新聞社・1980)もある。

池袋古書館で講談社文庫版を1050円で売っていて、「文庫本に1000円はなぁ…」とグズグズしていたのだが単行本が400円なら即買い。これまた前述の「贅沢な読書」で向井敏による対談の苦労話を読んだ後だけに丁度いいタイミングだった。

新書の棚を見ると岩波新書でサマセット・モームの「読書案内」(岩波新書青・1955)を発見。

これまた「贅沢な読書」の序章で取り上げられていた本で絶版で300円ならと購入。後で調べると文庫化されていたようでちょっと失敗。それにしても「贅沢な読書」を読んでいなければ「読書巷談」以外は多分手に取らなかったはずなので偶然とは恐ろしいものである。

文庫の棚に移ると、未読の山本夏彦エッセイ集「冷暖房ナシ」(文春文庫・1987)「生きている人と死んだ人」(文春文庫・1994)「愚図の大いそがし」(文春文庫・1996)を発見。どれも絶版らしいがそれぞれ350円、400円、200円なら文句ナシ。あと、なぜか唐沢俊一「笑う雑学」(廣済堂文庫・2004)が半値以下の270円だったので買い。「唐沢俊一のB級裏モノ探偵団」の改題本とは知らなかったが、幸い単行本の方を未読だった(笑)。

驚いたのは講談社学術文庫・講談社文芸文庫・ちくま文庫がズラリと揃っている点だ。新刊書店でもコレだけの揃いはメッタにない。しかも定価ではなく古書として値引かれている。残念ながら欲しい本はなかったが、このテの文庫を探す時にはとりあえず一度見てみたくなる量だ。

裏に回ると海外ミステリーの棚。「あっしには関わりのねぇこって」とスルーしようとしたが、一応創元推理文庫と早川文庫を軽くチェックした所、コレが大当たり。

邦訳されたバリンジャー作品の中で唯一持っていない「赤毛の男の妻」(創元推理文庫・1961)。

第4版で少々書き込みがあるが150円なら大ラッキーと思ったら復刊してるのかよ!(でも在庫僅少らしい)とぬか喜び。

そろそろ握力が落ちてきたのでお店の人に頼んで本とカバンをカウンターに預ける。

身軽になって単行本の棚を探していると見覚えのある背表紙が…

高木彬光「邪馬壹国の陰謀」(日本文華社・1978年)だよ!

喜国雅彦氏や「猟奇の鉄人」kashiba氏が絶賛の奇書(爆)。「見つかる時は、100円で見つかるこの本。皆様も是非一度手にとってご確認ください。」とkashiba氏が書かれているが、100円なんてありえねーだろと思ってたら200円でした(笑)。まだ「邪馬台国の秘密」すら持ってないのに買っちゃう俺って…。

〆て12冊で2970円(安ぅ!)。ブックオフ以外の古書店でコレだけまとめ買いした記憶はちょっとない。目筋がよくて良心的な価格の古書店である。会計の際にお店のご主人から池袋の古書店事情を伺ったところ、最近オープンしたのはココだけとのこと。

だいぶ時間を使ってしまったが、光芳書店までひたすら歩く。途中カプリチョーザの前を通り、しばらく行っていないことを思い出す。今、1人でスパゲティ1皿食べられるだろうか、と思うが時間がないので先を急ぐ。

高校時代から通い慣れた古書店の一軒だが時間がないので2階(本店)には上がらず1階(支店)だけで済ます。文庫本から見だして、奥の新書の棚でパラフィン紙に包まれた1冊が気になって手に取る。黒岩涙香の「死美人」(小山書店・1956)である(画像は中表紙)。

元々はエミール・ガボリオの創造した世界初の刑事探偵であるルコック氏をフォルチュネ・デュ・ボアゴベが拝借して書いた「ルコック氏の晩年」を黒岩涙香が「死美人」のタイトルで明治25年に翻案したものなのだが、本書は涙香作品の江戸川乱歩による現代語訳という複雑な代物。だから奥付けの検印は乱歩のものである。

涙香自体ほとんど持っていないので買い。後で調べると本来は箱入りらしい(爆)500円。

泡坂妻夫の「ゆきなだれ」(文春文庫・1988)も持っていなかったので230円なら買い。隅っこをチェックしていると谷沢永一「五輪書の読み方」(潮文庫・1986)を発見。カバー汚れ180円と書かれているがぱっと見問題なさそう。後でよく見ると折り返しの所にボールペンで謎の落書きがあるがこんな場所なら読むのには影響ない。これでカバンが買った本で一杯になる。

店を出て西口へ向う。途中で光芳書店のK1ブックスに立ち寄るが、カバンに余裕のない状態で敢えて買うほどの本はない。ガード下をくぐって池袋古書館に着く。

絶版文庫の棚をチェックすると「読書巷談 縦横無尽」は売り切れ(笑)。開高健・谷沢永一・向井敏「書斎のポ・ト・フ」(潮文庫・1984)は蔵書印入りの分際で1050円というのが気に入らずスルー。ここの絶版文庫は相応の値段がついているので私のようなケチにはなかなか手が出ない。

地下に下りると新宿の某ショップで7980円していた「××××」(大洋図書・1993)が3150円だったので速攻ゲット。ついでに長年探していた幻の「××××」(ミリオン出版・1990)も2100円だったので迷うことなく買い。2階で 「升田の将棋指南シリーズ」(大泉書店・1980)がバラで出ていたので手に取ったが1冊1000円ではスルー。

外に出ると午後8時前。この時間になれば少しは空いているだろうと西に進路を取る。

目的地は以前グルメ番組で黒部「悪代官」進がレポートしたのを見て以来、何度も通っている鰻専門店「まんまる」である。鰻専門店らしく、「頼んでから出てくるまでに時間がかかる→客の回転が悪い→行列が出来る」という悪循環に嵌りやすいのだが、さすがに土曜の午後8時台なら混雑も緩和されているかとわずかな望みを抱く。ちなみに過去7時台に行った時はいずれも30分ほど外で並んでいる。

予想以上に空いていてアッサリ席につけた。ここは養殖業者の直営店なのでベラボーに安い。目玉商品は2串分の鰻が乗った「うな丼々」である。今日も迷わず注文する。時間がかかるのは分かっているので悠然と買った本を読みだす。しばらくして「うな丼々」登場。

これで1500円ですよ、奥さん!

このド迫力。丼から鰻が溢れてます。

肝吸いもちゃんとついてくる。鰻が2匹で肝吸いに肝が1個ということは、1人前出すごとに肝が1個ずつ余る計算(笑)。

ふっくらと上品な鰻が食べても食べても無くならない。普通に食べていると…

確実にご飯が先に無くなる(これでも結構乱暴に鰻を食べている)。前々回の「牛すじカレー」とは対照的。んーなんて贅沢。二つに折りたたんでポイッと口の中に放り込む。

聞くとはなしに他人の注文を聞いていると、「うな丼々ご飯少な目」という人が結構いる。それって鰻余りまくりじゃない?と思うのだが。何でだろう。

十分満足して店を出る。懐は若干寒いがご機嫌である。問題は買った本を何処に仕舞うかだ。(おわり)
[PR]
by haruhico | 2005-02-28 22:06 | 物欲戦隊ルサンチマン | Trackback(1) | Comments(7)
「純利益」と言わないところがミソだね
「より価値高める」と自信 TV出演でライブドア社長
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SCS&PG=STORY&NGID=econ&NWID=2005022701001079

>ライブドアの堀江貴文社長は27日、NHKやテレビ朝日の番組に相次いで
>出演、株式取得を進めているニッポン放送について「フジサンケイグループに
>いるよりも企業価値を高められる」と述べ、ライブドアと提携した場合の
>効果にあらためて自信を示した。
>堀江社長は、ライブドアが設立以降の9年間で時価総額を大幅に伸ばし
>てきたと実績を強調。ニッポン放送の企業価値は「フジテレビジョン株が大半
>を占めている」とした上で「これまでフジサンケイグループにいても伸びて
>いない」と指摘した。
>ニッポン放送は、ライブドア傘下になると企業価値が棄損するとしてフジサン
>ケイグループの一員であり続ける方針を表明しているが、堀江社長は「企業
>価値が下がる論拠はない」と反発。

たまたまテレビをつけたらWBSをやっていて、携帯によるアンケートの中間発表をホリエモンとキャスターが見ていた。一説にはインチキと言われているが、確かに真っ当な結果とはとても思えない。「ライブドアのビジネスモデルは理解できる 79.2%(10273件)」と回答した連中を「自分の言葉で説明してみそ」と小一時間問い詰めたくなる。

奴等は無理な借金を重ねて大企業を買収しまくるのがライブドアのビジネスモデルだと思ってるのか(爆)。深夜に携帯をいじっているような連中にとって、ホリエモンは希望の星なのだろうが。利益はコツコツと企業努力を積まなきゃ出ないけど、時価総額なんて100倍分割したりハッタリこいて株価さえ煽ればいくらでも上がるもの。時価総額で売ろうとしたら株価は暴落するわけだから所詮単なる数字のお遊び

他紙はあまり報じないが、毎日新聞がホリエモンの足下にある爆弾を小さく伝えている。

ニッポン放送株:
ライブドアVSフジ 法廷闘争の争点は
http://www.mainichi-msn.co.jp/it/coverstory/archive/news/20050225org00m300058000c.html

>◇仮処分申請に費用はいくらかかるのか
>仮処分手続きに必要な費用は印紙代だけだが、仮処分で差し止め命令が
>出る場合、ライブドア側は保証金の供託を求められる可能性が高い。
>差し止めが認められた後に本訴で逆転判決が出た場合、損害賠償の担保と
>して必要となるからだ。
>保証金は通常、損害額の3割程度とされる。フジが新株予約権
>をすべて行使した場合、ニッポン放送への払込総額は2808億円。裁判所
>が、どの程度をニッポン放送の損害額と認め、ライブドアに何割の保証金を
>求めるか。差し止め命令が出る場合はこの点に関する判断も注目される。

仮に通常通りなら2808×0.3=824.4(億円)だって。リーマンから借りた800億が既に底をついているというのに今度はどこから調達するつもりかね(笑)

条件次第でフジに株売却も ライブドア社長が示唆なんて記事が出ているけど、この辺の事もあってかな。恐らく7000円台でも結構買い増ししているから、TOB価格(5950円)で売却したらトータルで数十億の損になる。そしたら今度はライブドアの株主代表訴訟だ。

はてさて、前門の保証金、後門の株主代表訴訟。
ヒッジョーにキビシー(by 財津一郎)状況ですな(笑)。
(クリックすると写真のネタ元へ)
[PR]
by haruhico | 2005-02-27 20:28 | お笑い | Trackback(1) | Comments(5)
人は拳銃以外でも死ねます
警察署で銃奪おうとし逮捕 無職男「死のうと思った」
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005022601002144

>26日午前11時半ごろ、東京都練馬区豊玉北の警視庁練馬署に男が侵入、
>カウンター内で当直中の巡査長(30)に包丁を突き付け「拳銃を
>出せ」と脅したが、署員らが強盗未遂などの現行犯で逮捕した。
>署員や男にけがはなかった。
>調べでは、男は住所不定、無職恩田史郎容疑者(59)。「(拳銃で)
>死のうと思った」と供述しており、同署はさらに動機を追及している。
>恩田容疑者は暴れたりせず、巡査長らがカウンターの外に回り、警棒などを
>使って刃渡り約14センチの文化包丁を払い落として取り押さえた。
>恩田容疑者は車で寝泊まりする生活をしており、同署に軽乗用車で乗り付け
>た。この時間帯には署の玄関に警備の警察官はおらず、カウンター付近に
>巡査長ら3人がいたという。

この間もよく似た事件があったけど、こういう人達はなんで包丁で腹掻っ捌いて死なないんだろ。拳銃で自殺するのって、男のロマンなんでしょうか。
[PR]
by haruhico | 2005-02-26 21:57 | お笑い | Trackback | Comments(2)
年寄りのたわ言
トラックが道路から転落、線路に“逆立ち”
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050225i411.htm

>25日午後3時5分ごろ、愛知県豊田市竜神町の市道で、同市永覚新町、
>土木・建築会社経営伊藤勝さん(66)のクレーン付きトラックがガードレール
>を突き破り、約5メートル下の名鉄三河線線路上に転落した。
>トラックは後部の荷台が架線に引っかかり、逆立ちした状態で線路をふさぎ、
>同線は一時不通となった。伊藤さんは頭に軽傷。
>豊田署の調べによると、現場は丁字路で、急な下り坂の突き当たりが左右に
>分かれている。目撃者によると、トラックは坂を勢いよく下ってきて、左に曲が
>り切れず、ガードレールを突き破ったという。

名鉄三河線の線路に転落、逆立ち状態になったトラック(愛知県豊田市で)

この現場写真を見て、タイガーV(分からない人はこちらへ)だ!と思った私はもう年寄りでしょうか?
[PR]
by haruhico | 2005-02-25 23:13 | お笑い | Trackback | Comments(6)
自分の頭のハエを追え
オー人事!「スタッフサービス」残業代未払い30億円
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_02/t2005022506.html

>人材派遣会社最大手「スタッフサービス」(グループ本部・東京)が、
>サービス残業をさせた全国の社員と退職者計約4000人に対し、過去2年間
>にさかのぼって総額約30億円の未払い残業代の支払いを始めたことが24
>日、分かった。
>大阪労働局は同日、同社が組織的にサービス残業をさせた疑いが強まった
>として、労働基準法違反(割増賃金不払いなど)の疑いで、持ち株会社
>「スタッフサービス・ホールディングス」(東京)を家宅捜索。既に岡野保次郎
>会長と中山堯社長から数回にわたり事情を聴いており、近く同容疑で法人と
>してのスタッフサービスと幹部数人を書類送検する。
>関係者によると、スタッフサービスの就業規則では労働時間は午前9時から
>午後5時半までと定められているが、大阪本社で労働時間が実質的に13
>時間を超え、土曜、日曜の出勤も恒常化するなど全国で
>長時間労働とサービス残業が行われていたという。
>大阪本社は既に2002年4月から04年3月までの未払い残業代として、
>退職者約230人を含む約400人に計約3億円を支給。スタッフサービス
>は今後、全国の事業所でサービス残業の実態を調査し、確認できた分
>から支払うという。03年に自殺した大阪本社の元副支店長の男性=当時
>(32)=の遺族が04年4月、「自殺は長時間労働を強いられたため」として、
>労基法違反の疑いで、スタッフサービスとスタッフサービス・ホールディング
>スを天満労働基準監督署(大阪市)に告発。大阪労働局が同年5月に東京
>のグループ本部など3カ所を家宅捜索するなどして勤務実態を調べている。

スタッフ・サービスの利用者の方が労働環境がよかったんじゃない。
「サービス残業が酷くて転職したいんです」って相談された時、どんな顔で応じたんだろ(苦笑)。最大手がこのテイタラクじゃ、社員はどこにも電話をかけられないよね。まさか自社を使うワケにもいかないだろうし。
[PR]
by haruhico | 2005-02-25 22:54 | お笑い | Trackback | Comments(0)
チュンサンは今も記憶喪失
帰ってきた買っとけ! DVD
第163回:この映像の中で暮らしたい!?
新海監督最新作「雲のむこう、約束の場所」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050222/buyd163.htm

>特典映像は、ヒロキ役の吉岡秀隆、タクヤ役の萩原聖人、サユリ役の南里
>侑香、そして新海監督のインタビューで構成されている。製作体制が特殊な
>作品だけに、メイキングコンテンツを見たいところだが、それは付属のブック
>レットの方で細かく解説されている。
>製作に使われたソフトウェアは、Photoshop、LightWave、AfterEffects
>など、お馴染みのツールばかり。「ほしのこえ」の時も聞かれた話だが、普通
>の人でも入手できるソフトウェアとPCで、情熱と実力さえあれば、これだけの
>作品が作れるという証明でもある。PCの進化を実感すると同時に、映像作家
>を目指す人のお手本になり、同時に妬ましい作品と言えるかもしれない。
>インタビューでは、スタッフの役割や物語で苦労した点などを、1つ1つ丁寧
>に話す新海監督の姿が好印象だ。彼の説明に合わせて背景画の元となった
>ロケ写真と、実際の背景絵の比較も表示されるので、話の内容だけでなく、
>映像的にも見逃せないコンテンツと言えるだろう。
>吉岡氏と萩原氏のインタビューでは、両氏とも声優初挑戦ということ
>で、苦労話が面白い。吉岡氏は「収録現場でスタッフの人から“それじゃあ、
>ガヤをお願いします”とか専門用語を言われて、何をしていいかわからず
>ドキドキして、そのドキドキが収まらないまま“セリフお願いします”とか言わ
>れて、モニターではどんどん絵が進行して……」と、相当緊張した様子。
>「ここは僕のいる場所じゃない、なんでこんなところにいるんだろうとか、混乱
>した頭で考えてました」と笑う。
>萩原氏は「俳優として長年仕事をしてきましたが、声の仕事はやった
>ことがなくて、ずっとやってみたかった。話が来た時は
>“ついにこの時が来たか!!”って、凄く嬉しかった」という。しかし、いざ収録が
>始まると「声を出した後、ガラスの向こうで監督とスタッフが何か相談してて
>……それを見てると“今の声じゃダメなんだ”とかどんどん不安になって、
>ビビッてしまって」と、吉岡氏同様に苦労した模様。素人が考えると全身を
>使って演じるのも声だけで演じるのも大きな違いはないように思えてしまう
>が、やはりまったく違う世界のものなのだろう。

えっ、萩原聖人が声優初挑戦?「雲のむこう、約束の場所」の公式HPにも「NHKで放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」では主役のぺ・ヨンジュンの日本語吹替を担当した。」とありますが。これは"声優"の仕事ではないと(「冬ソナ」放映が2003年で「雲の向こう~」が2004年公開)。

佐々木功によるデヴィッド・ハッセルホフや小池朝雄によるピーター・フォークは"声優"の仕事ではないのかしらん。それとも「冬ソナ」仕事ばかりで感情移入のあまり、チュンサンのように記憶喪失になってしまったのかしらん(爆)。
[PR]
by haruhico | 2005-02-24 21:01 | お笑い | Trackback(1) | Comments(2)
諸君の愛してくれたホリエモンは死んだ。何故だ!
ニッポン放送:
フジに大量の新株予約権 ライブドアは提訴
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kinyu/news/20050224k0000m020017000c.html

>ニッポン放送は23日、敵対的買収で同社株の40%超を取得したライブドア
>への対抗策として、フジテレビに4720万株分の新株予約権を割り当てる
>ことを取締役会で決議したと発表した。フジが新株予約権を行使すれば、
>同放送の発行済み株式総数(約3280万株)を超え、同放送を子会社化でき
>る。これに対し、出資比率が相対的に低下することになるライブドアは、新株
>予約権の発行差し止めを求める仮処分を申請する構えで、ニッポン放送株
>をめぐる争奪戦は法廷闘争に発展しそうだ。
>新株予約権は株式をあらかじめ定めた価格で取得できる権利。ニッポン放送
>の発行条件は1株336円余、総額158億円で、3月24日に発行する。
>ニッポン放送株の現在の発行済み株式総数は3280万株。フジテレビが
>新株予約権をすべて行使すれば、発行株式総数は8000万株と一気に
>2.44倍の規模に膨らみ、フジテレビの保有比率は現在実施中の株式
>公開買い付け(TOB)を中止したとしても、現在の12.4%から約64%に
>跳ね上がり、完全子会社化できる。
>一方、約40.5%(21日現在)に達しているライブドアの保有比率は、全株
>行使すれば約16.6%に低下する。ライブドアが今後、51%
>まで買い増したとしても、フジが全株行使すれば
>保有比率は20.9%に低下する計算だ。
>このほか、同放送は、フジテレビ株22万株を大和証券SMBCに貸し出すこと
>も併せて発表した。
>これに対し、ライブドアは23日、ニッポン放送によるフジを割当先とした新株
>予約権の発行の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てる方針を
>明らかにした。ライブドアは21日現在、議決権ベースで同放送株の約
>40.5%を保有しているが、同放送が発行する予約権をフジが行使すれ
>ば、持ち株比率が低下するため。
>フジが新株予約権を行使し、ニッポン放送株を4720万株取得すれば、ライブ
>ドアの持ち株比率は相対的に15.4%まで下がり、フジが過半数を占める。
>ライブドアは仮処分申請を行うと同時に、引き続き同放送株の取得を進め、
>議決権ベースで過半数の取得を目指す方針。ライブドア幹部は「既存
>株主の権利を無視した行為で不当。司法判断を仰ぎたい」と話し
>ている。

「黄金の三日間」の初日だというのに、1円しか下げねーのかよ!と憂鬱だった
夕方、そのニュースが飛び込んできた。一般投資家をカモる吸血鬼に十字架が打ち下ろされたのだ。

覚えているだろうか。10日前のことだ。

ニッポン放送の増資も 堀江社長、フジに対抗
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SCS&PG=STORY&NGID=econ&NWID=2005021301001543
>フジテレビジョンがライブドアによる間接支配を排除するため、ニッポン放送の
>株式公開買い付け(TOB)目標を25%超に変更したことを受け、ライブドアの
>堀江貴文社長は13日、テレビ朝日と日本テレビの生番組に相次いで出演
>し、対抗策としてニッポン放送の増資を検討する考えが
>あることを明らかにした。
>堀江社長は「(フジテレビが25%超を取得しても)ニッポン放送が
>1%でも増資すれば(株式保有比率の)分母が
>増え、25%以下になる」などと指摘。ニッポン放送株をさらに買い
>進めて子会社化した後、新株発行などで株式総量を増やし、フジテレビの
>筆頭株主であるニッポン放送を通じてフジテレビの経営に関与する手法は
>可能、との見方を示した。

口は禍いの門だねぇ。こんなのは乗っ取り対策の初歩の初歩だから、ホリエモンに言われんでもフジテレビは知っていたろうけどね。所詮オトナとコドモの闘いだったということで。

自分がやるつもりだった増資を先にやられて「既存株主の権利を無視した行為」とはよくぞ言えたもんだ(爆)。

予想通り半年持ちませんでしたな。後は不毛な法廷闘争を何年でもやってください。
[PR]
by haruhico | 2005-02-23 21:38 | お笑い | Trackback(1) | Comments(6)
自らビジネスチャンスを潰すのか
米MSのブラウザー更新計画をアナリストが批判
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20050221104.html

>米ガートナー社のアナリストは17日(米国時間)、米マイクロソフト社が今夏
>に公開する『インターネット・エクスプローラ(IE)7.0』が、『ウィンドウズXP』
>にしか対応しないことを強く批判した。世界的には旧版の『ウィンドウズ
>2000』の利用者も多いため、「責任感のある業界リーダーとみなされたい
>のなら、ウィンドウズ2000にも対応させるべきだ」と強調した。
>マイクロソフト社は、セキュリティ対策を強化したIEの試験版を、夏までに
>発表する計画。しかし、対象はサービスパック2(SP2)を適用済みのXP
>ユーザーだけ。これに対し、マイクロソフト社担当のアナリスト、ニール・
>マクドナルド氏は「旧版のユーザーに更新を強いるものではないか」と
>指摘。さらに、「(小手先の改良ではなく)IEを抜本的に設計し直すべきだ」
>と訴えた。
>同氏によると、マイクロソフト社は2005年下半期中にウイルス兼スパイ
>ウェア対策製品を発売する可能性が高いという。これについても、「マイ
>クロソフト社の最優先課題は、そのような対策製品が必要ない環境を
>つくることであり、どこにでもあるような製品を発売することではない」と、
>手厳しく批判した。

IEの最新版が使いたいからOSを乗り換える、という本末転倒なことを考えるユーザーなんてほとんどいないだろ。OS乗り換えるより他のブラウザに乗り替える方が簡単だし。XPのメリットって何もないし。

せっかくMSが巨大なWindows2000市場を明け渡してくれているのに、大きなお世話では?
[PR]
by haruhico | 2005-02-22 23:53 | お笑い | Trackback | Comments(0)
人はね、人間はね、自分を見るのが不愉快なのよ。(機動戦士ZZガンダム第36話より)
まず作者名を伏せて以下の文章をお読みください。
この際ハッキリ申し上げておきたいのですが、私はライブドアの堀江氏が大嫌いでございます。人相風体も、坊主憎けりゃケサまで憎いのたとえではございませんが、青年実業家の溌剌さを感じさせないモッサリした感じが、どうにも受け入れられないのでございます。しかしそんなことは論の外、でございます。額に汗を流してこそ労働である、という私たちが信じてきた貴い労働という概念をあざ笑うがごとき金儲けのヤリ口が、どうにも承服しかねるのでございます。それを人は新しいビジネスの形、と賞賛するのでございますが、私はチャンチャラ可笑しいとアザ笑うのでございます。人に感動や興奮、喜びや達成感、生きていて良かったという幸福感を与えずして数字をもて遊び、万年使っても使い切れないほどの金儲けをしても、何が楽しい、満足なのでありましょうか。いやそれが楽しい生きがいです、とウソぶく男の人生観を疑うのでございます。企業活動は、社会という公共の場を借りた「まかない」であります。私はこういう「文化」「商品」「心」をもって社会に貢献したいとの思いが企業活動に反映され、社会がその存在を容認するのであります。 数字のカチ合わせで金儲けをして沢山の税金を払う、それこそすぐれて「企業の存在の意義」であるとすれば、世の中全員が株屋になればいいのであります。数字のカチ合わせで商売をすることは資本主義社会で容認されることであっても、決して表舞台にシャシャリ出て来て大見得をきるほどの名誉な仕事などでは決してないのであります。ああした数字のカチ合わせで何百億の利益を得ている輩の存在が、真面目に額に汗して労働の日々を送るお父サン達にどれほど喪失感を与えているでありましょうか。許せない思いであります。堀江氏や村上ファンドに影響を受けて、家人が十歳の息子に株取引の勉強をさせてみようかしら、とウソぶきました。久しぶりにハリ倒してやりました思い切り。日本の無知な母や純粋な子供達に無益なマネーゲームの果ては地獄が待っていることを、IT株屋の挫折によって証明される日が来ることを、祈る私でございます。「私はに日本人ですから」(原文ママ)と差別心丸出しの、フジ社長にも合わせて退場いただきたいものでございます。

大変倫理的な文章で感動させられるが、誰の手によるものか。文体を見れば分かる人は分かると思うが村西とおる(本名:草野博美)カントクその人である。



村西カントクといえば、福島の工業高校を卒業後、このバカ丁寧な口調によるセールストークで「月40セットを売る日本一の百科事典セールスマン」となり、その後インベーダーゲームの爆発的ヒットに際しゲーム機販売業に乗り出し(当然ゲームの著作権なんて無視・笑)稼ぎまくった末に「北大神田(ほくだいかんだ)書店」グループという「ビニ本」の巨大流通網を築き上げたものの1981年に猥褻図画販売容疑で逮捕され官憲に潰される。その後AV監督兼男優としてクリスタル映像→ダイヤモンド映像で稼ぎまくり使いまくりAV女優をはべらしまくり(奥さんは乃木真梨子)、TVにも出まくり、最後には50億円近い借金とともにダイヤモンド映像を倒産させたお方である(現在は借金返済のために版権無視で昔のAVをDVD化しているらしい)。(参考:裏ビデオデータベース Uravidata.com「敬愛する村西とおる監督様」・十八禁!)

こうやってググりながら経歴を見返すとホリエモンによく似た経歴である(ホリエモンに前科はないだろうが・爆)。この経歴を分かった上で前記の文章(特に太字部分)を読むと「どの口が言った!」と爆笑するしかない。ちなみに現在村西カントクの所属する会社ホリエモンの住む六本木ヒルズの近くにある。

村西カントクは昔の自分を見るようでとっても不愉快なのでしょう。
カントクがホリエモンの原点だったりして。ちょうど世代的にストライクっぽいし。
10年後にはホリエモンがこうやって語られているに違いない。

P.S.「今日は何だか」さんの記事からヒントを頂きました。
[PR]
by haruhico | 2005-02-21 23:27 | お笑い | Trackback | Comments(2)
150円もろたら、ツリはさんじゅうまん円
突っ込んでや! コテコテ自販機 ボケて応答
http://www.sankei.co.jp/news/050221/kei069.htm

>ジュースを買うと、自動販売機が「おーきに、今年もよろしゅう」-。しゃべる
>自販機が増えているなか、ダイドードリンコ(本社・大阪市中央区)が設置
>している関西弁や年中行事、季節のあいさつなどで応えるタイプが人気を
>呼んでいる。なかには「ホンマ、あつはなついねー、って突っ込んでや!」と
>自販機がボケる応答まであるという。
>同社は平成12年から「おしゃべり自販機」を導入しており、15年から関西
>弁バージョンも登場。昨年12月からは「メリークリスマス」「今日も暑いです
>ね。冷たいジュースでリフレッシュしましょう」など、季節に応じた応答ができ
>るタイプを導入した。また、「グッドイブニング」(こんばんは)、「ニーハオ」
>(こんにちは)、「オブリガード」(ありがとう)など、英語、中国語、ポルトガル
>語で応答する機種もある。
>関西弁バージョンでは「すんません、いま釣り銭切らしてますねん
>「すんませんけど、入れたお金を確かめてもらえませんやろか
>といった表現のほか、「年末ですなー、大掃除終わってまっか」「少しずつ、
>暖かくなってきましたなー」など季節に合わせた応答ができるようになった。
>ポイントカード機能付きの自販機では、頻繁に購入する利用者には「よう
>お会いしますなー」「いつも買(こ)うてくれて、ありがとさん」など親しげ
>な応答になる。
>「おしゃべり自販機」は全国で5万2000台が設置されているそうで、同社
>は「お客さまに面白がっていただいて、売り上げ増につながれば」と期待
>している。

「あつーい」のと「つめたーい」のが両方出てくる上に、硬貨もお札も処理して、お釣りまで出す自販機など日本にしか存在しない、と聞いたことがあるが、ボケる自販機に至っては大阪以外ありえない

「すんませんけど、入れたお金を確かめてもらえませんやろか」なんてセリフは偽造硬貨(紙幣)を入れられた時以外必要ないだろ!と、とりあえずツッコんでおく。いかにも大阪の自販機である。

最後のありがとさん絶対に坂田利夫のマネをしている。ヘタをすると本人の仕事かもしれない。

[PR]
by haruhico | 2005-02-21 21:14 | 面白ニュース | Trackback | Comments(6)