雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
カテゴリ:プロファイリング( 103 )
東京にいるヤツは仕事休んでも行きやがれ!
元ネタ:パトラッシュ、僕もう疲れたよ

ふと思い出してググってみたらウヒョーッと叫びそうになった。
週末の予定がこんなに埋まってしまって体が持つだろうか。

吉村 芳生 展
2007年2月13日(月) ~ 3月3日(土)
http://www.kgs-tokyo.jp/kawafune/2007/0213/index.htm
a0001324_22405940.jpg

ギャラリー川船
〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-4 フジビルB1F

今まで、ググったら終わってたとか、これからだけど会場が沖縄とか、さんざん辛酸を嘗めてきた吉村さんの展覧会が首都圏で行われる。直に見るのは4年ぶりか。早いものである。

超・絶・技・巧とも言うべき色鉛筆のドローイングの上にギャラリーの写真からも分かるようにベラボーな大きさである。生で見るに如くモノはない。

是非ともうるさいオバさま方に邪魔されない平日にでもじっくり鑑賞したいものである。
[PR]
by haruhico | 2007-02-19 22:50 | プロファイリング | Trackback | Comments(2)
スゴイ奴が来るらしい
2週間前の会社帰り、何の気なしにコンビニで「週刊新潮」を手に取って、パラパラめくるとある記事が目に留まった。

「すみだ」がアメリカで発掘した技巧派「バッハ弾き」
(週刊新潮 [ 2007年02月15日号])
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG5/20070208/18

ロシア出身のセルゲイ・シェプキンというピアニストの初来日コンサートについての記事だが、その中でシェプキンのゴールドベルク変奏曲グレン・グールド(81年版)アンドラーシュ・シフに匹敵するとアメリカの雑誌が持ち上げているという。

とりあえず名前だけ覚えて、家に帰ってからAmazonでCDを探したが国内版は出ていなかった。ググってみたところ、毎日新聞にコンサートについての記事があった。

音のかなたへ:シェプキンのゴルトベルク
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/music/news/20070207dde018070068000c.html

>このピアニストの弾くバッハ「ゴルトベルク変奏曲」の音をどのように言ったら
>いいのだろうか。
>雪のひとひらは手に触れたり地面につくとすぐに消えてしまうけれど、それが
>重なってゆくと、うっすらと白が浮かび上がる。こんなにやさしく物を包んでゆく
>ものはないだろう。そのような音。
>雪がふると、大変だがなぜかかすかな安心感も生じる。さらされていたものが
>包まれ、見えなくなるからだろうか。心のなかの傷や汚れも。
>アポリネールには、天使の料理人が空で羽毛をまいている、といかにもパリ
>らしい、しゃれた雪の詩がある。これも雪がふりつもったら羽ふとんになって
>包んでくれる、という思いが背後にあるかもしれない。
>冒頭のゆっくりしたアリアがまるで、天空から雪のひとひらひとひらが姿を変え
>ながら舞い落ちてくるように感じられる。舞うときの飾りの音は軽やかで明るく
>透きとおって、てのひらにつくとふっと消えてしまうのに、いつの間にか心の底
>にふりつもっている。羽毛のように指先が鍵盤に触れる音から、なにかの
>拍子にひとひらがまた空の高みに舞い上がってゆくような音まで、無数の
>タッチがある。
>その雪が第15変奏曲のアンダンテで、心の底からすこしずつ水になって溶け
>出す。透明な水に、包み隠されていた傷や汚れが流れ始める。
>まるで人生の多くの時間を振り返るような第25変奏曲のアダージョを経て、
>初めのアリアが最後に戻ってくると、雪空は晴れ上がって日差しがやわらか
>い。
>ところが次に聴きなおすと、今度は光と風が絡み合っているように思える。
>演奏に装飾がふんだんに入れられているのに、それが自然界のもののように
>旋律線をあやなす。それぞれの旋律線の色がそれぞれに異なってそれぞれ
>に話している。ときどき交わされる対話の余韻。これがバッハが頭のなかで
>聴いていた対位法だと思わざるを得ない。
>そして次に聴きなおすと今度は、緻密(ちみつ)に構築されたレースの装飾の
>よう。そして次に--。無限に多様な世界へ連れていかれる。
>米国のマイナーレーベルに録音したのはセルゲイ・シェプキン。サンクトペテル
>ブルクに生まれ、1990年にボストンに移り住み3年後にデビューリサイタル
>を開いたが、日本では全く知られていない。初来日して3月2日
>に東京・すみだトリフォニーホールで「ゴルトベルク変奏曲」を弾く(問い合わせ
>は03・5608・1212)。実演を聴かないと分からないこともあるが、録音に
>おいては、グレン・グールドの演奏以来、最も心動かされた
>“ゴルトベルク”である。<梅津時比古(専門編集委員)>

日本では無名のピアニストに対して、読んでいる方が恥ずかしくなるような美辞麗句のオンパレード(苦笑)である。

「幻の~」とか「伝説の~」とか「関西の秘密兵器」が好きな人間としては、曲目が曲目だし、会社帰りにギリギリ寄れる場所なので、是非とも聴きに行かねば、と思ったが、残り1ヶ月を切っていてチケットが手に入るのだろうか?そもそも、クラシックのチケットなんか買ったことないし(爆)

申し込みの頁を見たらまだ発売中だった。結局、翌日の昼飯時にトリフォニーホールチケットセンターに電話したらアッサリ取れた。S席が4000円でA席が3000円なので、ここは奮発してS席にする。チケットの受け渡し方法を知らなかったのだが、コンビニで暗証番号と電話番号を伝えたら簡単に出来た。21世紀って素晴らしい。昨年の10月末から売り出していてまだ売り切れていないということはやはり知名度が低いのだろう。"先物買い"としては絶好の狙い目だ。

本番を聴く前にやはりCDを聴いておきたくなってアメリカのAmazonをチェックしたらこちらにはあった。日本からでも買えるのだろうか(本番には間に合わないだろうが)。

Amazon.com The Goldberg Variations Music Johann Sebastian Bach,Sergey Schepkin
a0001324_2175719.jpg
サンプルを聴く限り、グールドの81年版と言うよりは55年版に近い気がする。毎日新聞には「装飾がふんだんに」と書かれているが、この程度で「ふんだんに」などと言っていたら、コープマンの演奏を聴いたらビックリしてひっくり返ってヒョイってなことになってしまう。とりあえずテクニカルな演奏が大好きな私的には好きなタイプで良かった。

あとは、当日定時にダッシュで帰社出来ればいいのだが。

P.S.あとで気づいたが、マイナーレーベルらしく全曲通して第4変奏~第9変奏を除く全曲をRealAudioで聴くことが出来ます。
http://www.ongaku-records.com/ra_files/107_ram/Goldberg.ram(RealAudio 44Kbit)
[PR]
by haruhico | 2007-02-19 02:27 | プロファイリング | Trackback(2) | Comments(0)
久々のエゴグラム
元ネタ:エゴグラム

エゴグラム自体は昔から知っていて、何度か試したことがあるけど、ここしばらくやっていないので、自分がどんなグラフだったか忘れていた(その時その時に応じて変わるモノだが)。

ちょうどFHIROSE2さんのところで紹介されていたので(結果の予想は付いているが)試すことにする。

エゴグラムによる性格診断
http://www.egogram-f.jp/seikaku/index.htm

結果は・・・
[PR]
by haruhico | 2007-01-28 17:39 | プロファイリング | Trackback(1) | Comments(5)
3度目の正直
ネタ元:むずかしー!
ネタ元:チックショー!

過去2回とも惨敗を喫してきたジャストシステムの「日本語テスト」が忘れた頃にまたやってきた。

ATOK & 一太郎 presents 第二回全国一斉!日本語テスト
http://www.atok.com/test/

前回ちょっとナメすぎたので今回は気を引き締めて。

結果は?
[PR]
by haruhico | 2007-01-11 23:10 | プロファイリング | Trackback(1) | Comments(2)
新年明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します。

一つ前の「大団円」はSHINJOについてのお話だったのですが、なぜか(?)私にまで敷衍されてしまったようで。

誰も「最終回」とか「終わり」なんて書いてませんよ。

まぁ「さよならドラえもん」みたいなものですが。

2ヶ月ほど休んでみてつらつら考えるに、書いても書かなくてもやっぱり本は読めないなと(苦笑)。実際、ネタ拾いはしていましたが、ネタになるような記事も少なかったし。

ちょうど休んだあたりから仕事が忙しくなったので、もう毎日更新は無理ですね(読む側からしたら毎日更新の方がいいのは分かっていますが)。ニュース評論色が薄まり、身辺雑記色が濃くなると思います。

というわけで「社怪人日記2007(セブン)」として再開です。
「2006」がゼットンの火の玉で倒された後に「セブン」がやってきます。

今まで戴いたコメントを生かしたいので、エキブロユーザーにだけコメント欄を開放します。メアドをご存じの方はそちらからもどうぞ。

※「(セブン)」はくどいので松が開けたら取ります。
[PR]
by haruhico | 2007-01-01 07:07 | プロファイリング | Trackback | Comments(11)
バトン総受けバッチコーイ、フォー!
mini_irukaさんから直々にご指名で「本棚バトン」が回ってきた。

本を語らせたらノンストップで2時間でも3時間でも語れるのだが、後々のブログのネタ(e.g.「栄光なき名作たち」)用に"隠している"本もあるので既出の本を中心に。

1 あなたの本棚にある恥ずかしい本は?

○山田鷹夫「不食 人は食べなくても生きられる」(三五館)
カバーなしで電車内で読むのはセクハラ(爆)。背表紙ヤバ過ぎ。怖くてまだ読んでない。

○小谷野敦「もてない男」(ちくま新書)
著者が結婚→離婚したことで説得力激減。

○渡部昇一「田中眞紀子総理大臣待望論」(PHP文庫)
コンプリートに必要なので仕方なく。渡部先生もまさかあそこまで人格が破綻しているとは想像もしなかったのだろう。

2 あなたの本棚にある自慢できる本は?

○佐藤純弥・小野竜之助「新幹線大爆破」(ケイブンシャ)
佐藤純彌監督に目の前でサインしていただいた我が家の家宝。

○「発禁放禁歌集」(ルック社)
昭和30年から20年間の発禁・放禁となった歌謡曲の歌詞を多数収録。今は亡き「上野書店」や国会図書館でも見つからなかった逸品。

○狩久「不必要な犯罪」(幻影城)
幻の探偵小説作家「狩久」唯一の長編小説。アンカット装本なので未開封状態の本は稀。未開封なので当然読んでいない(爆)。

○ダーク・ヒロカズ「催眠術師になりたい」(竹書房)
一夫多妻男のタネ本として有名なこの本。マーケットプレイスで数万円の値が付いていたのに現在売り切れ中(爆)。もちろん古書店で購入。

○鮎川哲也「白の恐怖」(桃源社)
既に何度も話題にしている本。手に入れたら手に入れたで、いつ復刊されるかビクビク(苦笑)。

3 あなたの本棚に手放したいのにいつまでもある本は?

○Photoshop 3.0~4.0に関するテクニック集。
重いし、場所取るし、まず見ないんだけど、何となくもったいなくて本棚の肥やし。

4 あなたの本棚にある頻繁に読み返す本は?

○岡野雅行「俺が、つくる!」(中経出版)
すでに「座右の書」と化している。中経文庫から文庫化されたので未読の人は是非!

○岡本太郎「今日の芸術―時代を創造するものは誰か」(知恵の森文庫)
岡本先生の言葉に触れたくなったらコレを読む。

○岡田斗司夫「ぼくたちの洗脳社会」(朝日文庫)
処女作にして既に円熟の域に達している名著。21世紀のネット社会でこそ再評価されるべき本。朝日にカネが行くのは癪なのでリンク先で立ち読みして下さい。

○渡部昇一「知的生活の方法」(講談社現代新書)
少し時間が出来ると寝転がって読む。いつ読んでも古さを感じさせない。

○河盛好蔵「人とつき合う法」(新潮文庫)
人生の基本、というか生きるために必要な本。
a0001324_23404331.jpg

5 次にバトンをまわす5人

どうぞご自由にお持ち下さい。
[PR]
by haruhico | 2006-09-12 01:52 | プロファイリング | Trackback | Comments(0)
スースキスー、スキスキスー
元ネタ:スキスキバトン

お落ち帰り自由だそうなので、ネタ切れの日曜日に使わせていただく。

○好きな色

小学校の頃24色絵の具に入っているセルリアンブルーが好きだった。
歳を取るごとにからにシュミが移行中。

○好きな服装
制服(笑)。
自分の服装はどうでもいい。何を着ても似合わないから。

○好きな食べ物
書ききれないので、敢えて言えば「甘味」と「あぶら」。
今、ヤマザキ「女峰イチゴ&練乳クリーム」に夢中。海原雄山もビックリの旨さ。

○好きな飲み物
「維力」(ポッカコーポレーション)
巷間まずいといわれているが、結構クセになる味。久しぶりに飲みたい。
a0001324_0442649.jpg

○好きな動物
サラブレッド(非*ノーザンテースト系)
Lady Angelaの2×3なんて。

○好きな人
男性:他人と違う発想の出来る人、才人
女性:世間知のある人、常識人
美意識と笑いのセンスを共有出来ればなお良し。

○好きな乗り物
トヨタ2000GT
スカイライン2000GT-R(KPGC110)
スバルアルシオーネVRターボ
a0001324_23492450.jpg

国鉄EF66形電気機関車(基本番台)
新幹線0系電車

○好きなシチュエーション
セーラー服と一晩中
電車の椅子に座って降りる駅を気にせず読書に没頭して、眠くなったら寝る。
中央線・武蔵野線は台車がガタガタで目に悪いので却下。新幹線一往復なんて最高かも。

○好きなトイレ
本の読める明るさ。便座の大きなトイレ。
ウォシュレットが付いているのは大概小さくて困る。

○バトンを回したいほど好きなお友達
ご自由にお持ち下さい。
[PR]
by haruhico | 2006-09-10 00:51 | プロファイリング | Trackback | Comments(2)
土曜日で良かった
a0001324_11345829.gif
a0001324_1135613.gif


朝からカウンターとにらめっこでした。午前中に決まって良かった。

  0→ 5万が276日
 5万→10万が211日(通算1300本目)
10万→15万が247日
15万→20万が214日(通算1940本目)

ブログ界も飽和状態なのか右肩上がりとは行きませんね。半分しか記事を書いていないのだから当然かな。今日、明日で放置していたコメント付けます。
[PR]
by haruhico | 2006-09-09 11:49 | プロファイリング | Trackback | Comments(2)
♪シャラランラ、シャランラー
シュレッダー:「子供を想定せず」アイリスオーヤマ社長
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060824k0000m040096000c.html

昨日は指が9本切断されたり、日傘を目に突き刺したり、ホラーが大嫌いな私にとって背筋の凍る事件が相次いだ。

仕事でシュレッダーを使う機会が多いが、投入口が8mmというのは見たことがない。まして家庭用でそんなに大量の紙を処分することがあるのだろうか?専業メーカーでもないのに業界最大なんて見栄を張るからこういう事態が起こる。

この記事を見た時、そんなことを思ったのだが、その後、部屋の片づけをしていて我が家のシュレッダーでも恐ろしい事態が起きてしまった。

コミケ前あたりから雑誌の整理を全くしていなかったので、某競馬月刊誌を買ったかどうか分からなくなり、一念発起して片づけを始めた。あちこちに散らばった雑誌をまとめた結果、問題の月刊誌は買ってあったのだが、他の隔週誌を2冊買っていた(爆)。最近マトモに読んでいないので仕方ないか。

片づけをしていると、通販会社から送られてくるカタログが出てきて、袋の中に申込用のはがき(3枚綴り)があり、住所と名前が書かれているのでシュレッダーにかけようとした。

電源が入っているのを確認して用紙をシュレッダーに差し入れたところ、

その時シュレッダーに何が起こったか?
[PR]
by haruhico | 2006-08-24 00:41 | プロファイリング | Trackback | Comments(2)
昨日は有明、今日は上野
a0001324_19501544.jpg
夏休みもコレでオシマイ。若冲は結構あったけどイマイチ。森狙仙の猿と円山応挙の風景画の方が感動的。

月曜は休館日なのを不規則開催なので空いているかなと思ったら人大杉。土日に行かなくて良かった。
[PR]
by haruhico | 2006-08-14 19:55 | プロファイリング | Trackback | Comments(0)