雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
最新のトラックバック
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
喩えが斜め上
Web2.0時代にオンラインゲームが生き残る道
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/24/news032.html

>日本のオンラインゲームは、このままでは危ない――ブロードバンド推進
>協議会(BBA)がこのほど都内で開いた、Web2.0時代のオンラインゲーム
>のあり方を考える講演会で、Webの進化の流れに取り残されているオン
>ラインゲームへの危機感と、生き残りへのアイデアが語られた。
>講演したのは、駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の山口浩
>助教授と、ソウル中央大学経営戦略学科の魏晶玄助教授
>ゲーム業界を中心に100人近くが集まり、3時間にわたる講演に耳を傾
>けた。
>日本メーカーのオンラインゲームは、コンソール(ゲーム機)ゲームのメーカー
>が、“コンソールの発想”で開発していることが多いという。グラフィックはち密
>に描き込まれ、バグフィックスも丁寧で、ゲームとしての完成度は高いが、
>ユーザーが発信したり、ユーザーの声でゲームを変えたりするための柔軟性
>は乏しい。制作コストも高いため、料金も高くなりがちだ。
>今後オンラインゲームが生き残るには、「Web2.0」と総称されるようなWeb
>サービスの特徴を取り入れていく必要があるという。「ネットに来たとき、
>Yahoo!やmixiではなく、いかにゲームに来てもらうか、
>という発想が必要」と山口助教授は指摘。娯楽のためのゲームという枠を
>破り、多様なWebサービスのプラットフォームとしてとらえるべきだとする。
>Webサービスの世界では、完成度の低いβ版で無料公開し、ユーザーの
>声を聞きながらブラッシュアップしていくという考え方が当たり前になりつつ
>ある。コンテンツ自体をユーザーが形成していく、ブログやSNSといった
>CGM(Consumer Generated Media)もユーザーの支持を集めている。
>Web2.0的と呼ばれるこういった特徴を、オンラインゲームも取り入れる
>べきという。
>「ユーザーは、自己表現でき、自分が評価される場からは離れない」(山口
>助教授)――オンラインゲームも、ユーザーがゲーム作りに参加したり、
>自己表現できる仕組みをもっと取り入れ、ユーザーロイヤリティーを高める
>べきという。
>アバターやアイテムを自作できるゲームもあり、ゲームマスターなどを通じ
>てユーザーの意見を取り入れる仕組みのあるゲームは多い。魏助教授は、
>もっとオープンにしていくべき、との考えだ。開発途中でβ公開してユーザー
>の声を聞いたり、バグを見つけてもらったりして開発過程もユーザーと
>共有したり、ユーザーにゲームマスターと同等の権利を与え、意見を積極
>的に取り入れたり、仕様を共通化し、サードパーティーに参入余地を与える
>――といったアイデアも真剣に議論すべきと語る。
>魏助教授は、東芝の独自規格のPC「パソピア」とIBM
> PCの比較を引き合いに出し、オープンであることの重要性を説く。
>「パソピアはハードとしては高性能だが仕様がクローズドだったため、
>盛り上がらずに終わった。IBM PCは当初、『こんなひどい性能で売れるの
>か』という代物だったが、仕様がオープンだったので、Microsoftのような
>サードパーティが活性化し、今の隆盛を築いた」(魏助助教授)
>ただ「完成度が高さが日本のゲームの特徴で、ユーザーもそれを期待して
>いる」(山口助教授)という側面がある上、日本は、コンソールの市場の方が
>圧倒的に大きい。コンソールの発想――クローズドな仕様で100%完成した
>商品を出すのが当たり前、バグがあれば「欠陥商品」という考え方――は
>根強い。オープン性を志向するなら、ゲームメーカーが大きく発想を転換する
>必要がありそうだ。

オンラインゲームって、「モモ」の時間どろぼうみたいなもので、時間の浪費としか思えない私は年寄りですかそうですか。だからさっさと無くなって欲しいので(対戦型のテーブルゲームは除く)どんどん巨大化して恐竜のようになっている現状は喜ばしい限り。

最近の格ゲーが素人の参入を許さなくなって亡びたように、どんどんライトユーザーのニーズを汲まない姿は端から見ていると微笑ましい。アバターだの、アイテムだのの自作なんて、一部のヒマ人しか欲しがらないものがブレイクスルーになると思っているのだからお目出度い。

しかし、いくらゲーム関係者が集まる場とはいえ、「パソピア」知ってる人間が何人いたんだ(笑)。

普通、オープンなIBM PCと比較するクローズドな規格ならNECのPC9801シリーズやアップルのMacintoshだろうに。さすが韓国人だけあって常識を越えた斜め上っぷりだ。

しかも、IBM PCはデビューした時点(1981)で"一応"16Bit機(i8088)だったが、パソピアは初代パソピア(1982)パソピア5パソピア7と8BitのZ80機で16Bit機はパソピア16(1983)とパソピア1600しかない。

時期からいえばこの韓国人が話題にしたいのはパソピア16なのだろうが、同時期のIBM-XTと比較してお世辞にも高性能とは言い難い。それとも、パソピア7あたりを想定して27色表示と6重和音がスゲーと言いたいのか。パソピアの失敗の原因がクローズドな規格であれば、なぜPC8801シリーズは一世を風靡したのか。

IBMの成功もパソピアの失敗も、キラーコンテンツの有無というのが定説で、ハードウェアの閉鎖性は2次的なものだ。それくらい、誰かツッコんでやれよ。

それとも真実を言ってファビョられるのが怖かったのかな(爆)。
[PR]
by haruhico | 2006-07-24 23:49 | 面白ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://haluhico.exblog.jp/tb/4009219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by xrxkx at 2006-07-25 02:55
仰る通りで「クローズドな規格」云々がそもそも明後日の方向を向いていますが、どうしてもその方向で話をしたいなら せめて同じIBMのPS/2と比べるのが筋でしょうねぇ。
それにしてもパソピアって。なんでそんなスキマ商品を(笑)。当時ってPC-8X01とMZとで天下を二分してたのに。
Commented by haruhico at 2006-09-10 16:23
>xrxkxさん
イヤハヤ、「パソピア」ネタなんて誰も食いつけないかと思ったのですが・・・、その頃からのキャリアをお持ちでしょうか?
<< 日本一のキティがイイ!投資家 今すぐやれば? >>