雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
上場時のコメントをヨソに..
by 通りすがり at 17:00
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
最新のトラックバック
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
虎党はみーんな分かってる
新庄“黄金”バット!ホントは違反も黙認してくれちゃった
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200507/bt2005072404.html

>(サンヨーオールスター戦、全セ5-3全パ、第2戦、全セ2勝、23日、
>甲子園)甲子園のカクテル光線にも負けない、まばゆい光が放たれた。
>球界のプリンス・新庄のオーラが甲子園のグラウンドで輝いた…って、
>ちょっと待った。
>お祭り男がまたしてもやってくれた。なんと、おきて破りの“黄金バット”で
>打席に立った。
>「試合の前に(使うことを)決めた。盛り上がった? それはすごく良かった。
>それが一番うれしい」
>クライマックスは八回一死一塁。ロッテ・李の代打で新庄がコールされる
>と、大歓声に包まれた。甲子園に戻ってきた“主役”は、金色に輝くバット
>を片手に、走って打席に入った。
>ここでドラマが-。実はこれ、違反バット真鍋球審も目をパチクリ
>させ、思わず顔を寄せて、バットを確認した。
>真鍋球審 「それは木か?」
>新庄 「木です」
>真鍋球審 「…よし、分かった」
>本来なら規則厳守の立場の審判員が「金属やったらアカンけど、木だと
>言うし…。お祭りだから、しゃあない、使わせたろ」。年に1度の球界の祭典
>とあって“黙認”した。黄金バットを依頼されたアシックスの担当者も「始球式
>用に作ったのですが、まさか試合で使うとは…」と絶句。規格外のアイデア
>だ。
>実は直前の登場シーンでもドラマが-。前の打者・里崎が打席にいる際、
>新庄が待つはずのネクストバッターズサークルには西武・西口がいた。
>黄金バットに気付いた伊東監督が「コールの後に出ていくんやろ。オツ
>(西口の愛称)、あそこで座ってろ。演出や」。新庄の“ネタばれ”を気遣って
>の計らいだった。
>「みんながオレに協力してくれた。せっかくの甲子園だし、やはり打席に
>立たないと。オレを育ててくれた場所だし」
>打席では本塁打予告をしながら、ヤクルト・五十嵐の153キロの剛球に
>二ゴロ。併殺崩れで一塁に残り、お次は盗塁死。それでも存在感はMVP
>級だった。
>いや、主役だけではない。審判、ベンチまでが参加した“新庄劇場”。日本
>の野球も捨てたもんじゃない。これも立派な“球界改革”だ。

真鍋球審なかなかエエとこあるやんけ、と思わせる記事で、実際そうなのだが、大事な情報が一つ欠けている。

実は真鍋球審は元阪神の投手で新庄の3年先輩なのだ(年齢も3つ違い)。

だから、新庄の性格も、阪神ファンの怖さ(爆)もよーく知っているはず。甲子園で彼を主審に使った審判部のファインプレイだろう。
[PR]
by haruhico | 2005-07-24 18:27 | 面白ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://haluhico.exblog.jp/tb/2120654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鬼の居ぬ間に 喰いてぇ~ >>