雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
0.1tを13年
from 社怪人日記2017
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
吉野家を見習おう
老舗がウナ丼提供も 牛タン店、苦肉の延命策 仙台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050707-00000007-khk-toh

>米国で2例目の牛海綿状脳症(BSE)感染牛が確認され、米国牛の輸入
>再開に不透明感が出たことで、仙台市の牛タン店が悲鳴を上げている。
>豪州産の仕入れ価格が10倍以上に高騰する中、ウナギをメニュー
>に入れたり、中国産を使ったりするなど苦肉の策でしのいできたが、「もう
>限界」との声も。市内に100軒以上あった牛タン店は既に40軒ほどに
>減り、「存亡の危機」とも言える状況だ。
>仙台市青葉区国分町の「旨味太助」は4月、70年近い店の歴史で初めて、
>メニューにウナギ丼を載せた。この1年で4回、牛タンを値上げしたが、それ
>でも原料高騰に追いつかないためだ。
>同店によると、2003年11月ごろに500円だった豪州産牛タン1キロの仕入
>れ値は現在、5500―6000円に跳ね上がった。皮などを除くと、タン焼き
>4枚の原価は1000円前後になるという。
>「牛タン屋に来た人には牛タンを食べてほしいが、この価格ではどうしようも
>ない」と店主の佐野八勇さん(61)。全国の分店17、8軒のうち、6軒が廃業
>しており「輸入再開が延びたらどうなるのか」とため息をつく。
>豪州産の代わりに、中国産を使う動きも広がっている。中国産は加工
>肉でなければ輸入できないため、これまでは「タン焼きには向かない」と敬遠
>されてきた。各店とも味付けや焼き方を工夫した上で、「従来通りの牛タンが
>出せなくなりました」などと、断り書きを添えて提供している。
>中国産を使い始めた店主の1人は「仙台七夕などで観光客が増える夏を前
>に、牛タン店をなくすわけにはいかない。背に腹は代えられないということだ」
>と打ち明ける。
>個人経営の店の中には、「味が保てないぐらいなら店をたたむ」「採算割れで
>は、休業して家賃だけ払った方がまだましだ」といった理由で、休廃業する
>ケースもある。
>関係者によると、米国産牛の輸入が再開されたとしても、輸入される生後20
>カ月以下の牛だけでは量が少ないため、価格が輸入禁止前の水準に戻るの
>に、半年はかかるとみられるという。
>仙台牛たん振興会の大川原潔会長(50)は「全力疾走してきたのに、ゴール
>がどんどん遠ざけられている気分だ。60年かけて育った仙台名物を
>消せないが、どこまで頑張ればいいのか」と、晴れぬ視界に焦りを募らせて
>いる。


仙台は60年だが、吉野家は「牛丼一筋80年」(現在は創業106年)を曲げて頑なに米国産の味に拘っている。

支那産のデンジャラスな食材を使ってなおかつ味が再現出来ないようなら早々に諦めたほうがいい。事故が起きてからでは遅い。

それにしても、このうな丼豪快だなぁ

土用の丑の日でウナギの需給が逼迫するからって、ウナギまで支那産に手を出しては意味ないけど。
[PR]
by haruhico | 2005-07-10 23:45 | 面白ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://haluhico.exblog.jp/tb/2087214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by unagi at 2005-07-11 15:18 x
中国っていま河川の汚染が大問題になってませんでしたっけ?
安全なものはどこで食べられるものやら、外食に期待するのは間違っているような期がしてきました。
Commented by haruhico at 2005-08-20 22:00
>unagiさん
安全なモノを追求すると某宅配会社のCMみたいに牛を家で飼わないといけませんからね。死なない程度に外食するしかないでしょう。
<< too big to claim 稼げる時にガッチリと >>