雖然知道但無法停止
by haruhico
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
>青沼静馬さん こちら..
by haruhico at 16:40
ご無沙汰しておりました。..
by 青沼静馬 at 12:03
>鍵さま 明けましてお..
by haruhico at 00:06
>青沼静馬さん あけま..
by haruhico at 00:10
ご無沙汰してます。私も今..
by 青沼静馬 at 16:40
たまたま斎藤次郎さんにつ..
by きくらげ at 21:18
左翼著名人を挙げられたよ..
by あかさ at 11:36
>鍵さま お久しぶりで..
by haruhico at 23:04
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:56
遅ればせですが10年目に..
by FHIROSE2 at 11:04
>ヒロさん ありがとう..
by haruhico at 22:02
10年目に乾杯!いまから..
by ヒロさん at 10:39
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 21:49
VOWの路線ですね。 ..
by FHIROSE2 at 00:55
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 20:26
こちらの記事を拝見せずに..
by FHIROSE2 at 17:25
>FHIROSE2さん ..
by haruhico at 06:04
不覚にも閣下のこの深遠な..
by FHIROSE2 at 23:25
【追記】今週録り溜めたヤ..
by FHIROSE2 at 23:53
小学校時代、あんなに生ク..
by haruhico at 23:50
最新のトラックバック
Foget Him Not
from 社怪人日記2016
年年歳歳カプリコ相似
from 社怪人日記2014
今年もこの日が
from 社怪人日記2013
座右の夏彦Part3
from 社怪人日記2011
昭和は遠くなりにけり
from 社怪人日記2011
たまには他力本願でやって..
from 海驢blog
♪帰ってきたぞ、帰ってき..
from 社怪人日記2011
♪な~な~な~うな、うな..
from 社怪人日記2010
環境への適応
from Anything Story
たたかいは あきたのさ
from 海驢blog
カプリコ忌に想う
3月3日はカプリコ忌である。誰が決めたわけでもない。私が決めた。

3年前の3月3日。自称「青春の巨匠」K.Kがこの世を去った。まだ30歳の若さだった。

鹿児島県国分市に生まれたKと出会ったのは2度目に入った大学でだった。同じ学部なので出会ったのは多分オリエンテーリングか英語の授業だろうが、残念ながら最初の出会いの記憶がない。気がついたらいつも一緒にいた。ウマが合ったとしか言いようがない。

前の大学は酒と女とテニスの話しか出来ない奴ばかりですぐに通わなくなったが、入り直した大学で最初に出会ったのがKだった。久しぶりに高校時代の友人のような知性を感じた。付属校から上がってきたようなひ弱な知性ではなく、挫折を乗り越えた力強さを兼ね備えていた。とにかく博覧強記。西洋史・日本史はもとより、政治からアイドルまで話題が幅広いのである。しかもしゃべりが過激で面白い。高校以来久しぶりに「コイツには勝てない」と思える人間と出会えた。Kともう1人、現在は国立大学の助教授になっているKとの出会いが私を大学に引き留めた。もし、彼らに出会わなければ大学の4年間はずっとつまらなかっただろう。

私を将棋の世界に引き込んだのもKであった。家に遊びに来た時、将棋部だという話を聞いて「それでは一局」ということになった。別に腕自慢だったわけではないが、五連敗か六連敗してプライドをいたく傷つけられたので、その後は陰でいろいろ研究した上で部室にお邪魔しては指していたのだが、ようやく勝ち星を挙げた頃にはなし崩し的に(苦笑)部員になっていた。力は互角だったと思うが、対戦成績は相当負け越していたはずだ。相性というか、お互いに技を殺し合うような展開になって私の方が辛抱しきれなくなる将棋が多かったと記憶している。最後に将棋を指したのはKがまだ大学院にいた頃だから6年以上前になるだろう。その勝敗は覚えていない。

将棋以外では麻雀もよくやった。おそらく私の生涯において一番多く対戦した相手になるだろう。誘えば語学だろうが専門だろうがお互いにぶっちぎって興じたものだ。手作りも出来たが、怖かったのはその恐ろしいまでのツキの太さだ。信じられないところを引き続けてアッという間に高い手で聴牌する。後ろで見ていてどうやっても敵わないと感じた。私の技巧を凝らした聴牌をよく「1点」で読み切られたことも忘れられない。七対子の地獄単騎などの絶対に読まれないはずの待ち牌を、リーチした瞬間に「コレじゃないの?」と何度カマをかけられたことか。他人の聴牌はそれほど当たらないのに私の聴牌だけはピタリピタリと当たる。コレばかりは今でも不思議で仕方ない。

カラオケもKがライバルだった。お互い男にしては高い声を得意としていたのでよく一緒にカラオケに行った。洋楽が得意でジャーニー(スティーヴ・ペリー)の大ファンだった。カラオケでもジャーニーをよく唄い、モニタも見ずに唄い上げていた。サイモン&ガーファンクルやピーター・セテラも唄っていたと思う。洋楽に関しては全く敵わなかった。同じキーは出ても歌詞が出てこない。邦楽に関してはだいたい同じ趣味だった。声量は互角だが、やや歌い方が乱暴だったのでテクニックはこちらの方が上だったろう。同じレベルで技術論が語り合える希有な存在だった。私の中学からの親友と3人で池袋のパセラで唄ったのが最後となった。今でも軽々とジャーニーの「オープン・アームズ」を唄うKの姿が目に浮かぶ。あの時、自分のベスト・パフォーマンスを出せたことが唯一の救いだろう。

Kの書く部誌の原稿が毎回楽しみだった。下らない内容だが、自分には決して出せない味があるのだ。曲がりなりにも同人屋としてそれなりの修行をしてきた自負があったが、圧倒的な才能の前には何の役にも立たなかった。Kが授業中に内職してルーズリーフに書いてよこした原稿の方が、私が苦吟して書いた原稿より何倍も面白いのである。何とかしてその味を盗みたかったし、その文章を読み続けたかった。新し物好きのKのことだから、あの当時Blogがあったらどんな面白い身辺雑記をものしていただろう。

「諸君!」や「正論」を愛読し、考え方は完全に産経系保守・右翼だった。鹿児島県出身ということもあって「地方の論理」が分かっていた。彼の影響を多大に受けて今の私があると言っても過言ではない。今でもKの足元にも及ばないと思う。

彼がまだ大学院にいる時に突然入院して、厚生省の特定疾患に指定されている治療不能の難病(クローン病)に罹っている、と本人の口から聞かされた。ただ、すぐ死ぬような病気ではない、とも聞いていたのでそれほど心配はしていなかった。

卒業後は専らメールで近況を伝えあった。実家に戻って親戚の仕事の手伝いをしつつ福岡の病院に通っていると聞いていた。最後に携帯で話したのは死ぬ前の年の秋頃だろうか。「病気のためにまともな就職は出来ないが、有力なコネがあるので市議会議員に打って出る。地盤を引き継げるので鉄板で当選できる」と豪語していた。選挙に出る元気があるのなら当分は死なないだろうとタカを括っていた。昔から政治に興味を持っていたので市議会議員はある意味天職だろうと思ったくらいだ。

訃報を聞いたのは亡くなって半年後。全くの寝耳に水だった。鹿児島在住の後輩がたまたまKの家に遊びに行って初めて知らされたそうだ。ステロイド治療が体に合わず病状が急変して亡くなったと後でご両親から伺った。同世代の死に直面したのはこれが初めてで、一番大切な人が最初に居なくなってしまった。

彼の墓は国分市の正福寺にある。1周忌の前にお墓参りに行こう、と私が提案して将棋部の先輩後輩併せて7人で鹿児島に行った。お寺の中の集合住宅のような墓所だった。墓参りの後、皆で追悼麻雀大会を行い、彼が乗り移ったのかツキにツイて私が圧勝した。

この文を書くにあたってKからのメールを探したら、最後の電話の後によこした誕生祝いメールが出てきた。

>ところで・・・○○の予想通り
>ここ1ヶ月ほど臥せっていました(笑)
>別に持病のクローン病が悪化したわけではないのですが
>食欲が全然なくなってね。
>もう食べ物の匂いをかぐだけでも駄目!という状態でした。
>まあ、因果なもので・・・
>「食べない」というのはある意味クローン病にはいいことなんで(笑)
>でも衰弱しましたねえ。
>久しぶりに医者に通いました。点滴打ちにね。
>まあ、年内はおとなしくします。
>
>そういえば・・・○○はそろそろ誕生日じゃあなかったかな?
>まあ、年を取るっていうのは生きていると言う証明です(笑)
>
>とりあえず、今日はこの辺で。
>またね!

年を取るっていうのは生きていると言う証明…彼の命日にこの言葉を噛み締めながら、風邪気味の私はKの好物だった「いちごカプリコ」を食べている。そういえば鹿児島に行った日も咳がひどかった。


高田馬場の雀荘「ロイヤル」で徹夜麻雀に興じる在りし日のK

BGM:ジャーニー「ザ・ジャーニー・コンティニュー」
[PR]
by haruhico | 2005-03-04 01:33 | プロファイリング | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://haluhico.exblog.jp/tb/1713138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 社怪人日記2007 at 2007-03-03 23:11
タイトル : 時は生者に平等に降りそそぐ
元ネタ:カプリコ忌に想う 今年もまたカプリコ忌が来た。1年が経つのは早いものだ。 Kがこの世を去ってからもう5年も経つという。今年も大学の追いコンに先輩風を吹かしに行ったが、Kを知るものなど誰もいない。こうして人は忘れ去られていくのだろう。 今年は土曜日なので、忘れないように「いちごカプリコ」を3本買い込んでおいた。今、Journeyの「Open Arms」を聴きながら2本目を食べ終わったところだ。ロングセラーなので買えなくなることを心配しなくていいのがいい。短かったKの人生を想う日...... more
Tracked from 社怪人日記2013 at 2013-03-03 22:40
タイトル : 今年もこの日が
ネタ元:カプリコ忌に想う 今年も「カプリコ忌」がやって来た。定番商品なので無くなることを心配しないのがいい。ちょうと4年前に初入院して、1年半前にまた入院。1回目と2回目の間隔を1年半と勘違いしていて(正しくは2年半)、今年のカプリコ忌を無事に迎えられるかヒヤヒヤしていたのだが、Kがあの世から呼ぶのは来年のことかもしれない。今年の夏あたり10年ぶりに鹿児島に行ってこようか。 Kと同じクローン病を患った安倍さんが特効薬のおかげで首相にカムバックし、悪夢の民主党政権が終わったわけだが、Kが生き...... more
Tracked from 社怪人日記2014 at 2014-03-03 20:53
タイトル : 年年歳歳カプリコ相似
元ネタ:カプリコ忌に想う 今年もまたカプリコ忌がやってきた。例年事前に買い置きしているのだが、今年はバタバタして会社帰りに買ってきた。40年以上続くロングセラーだけに、いつでもどこでも買えるのが有り難い。 毎年写真を撮っているが、ここ数年デザインも変わらない。ちょこまか目先を変えるマーケティング全盛の中、これは素晴らしいことである。 Kが亡くなってから干支が一回りした。先輩たちと鹿児島に墓参りに行ってからもうそんなに経つのかと思う。大学の同期で年賀状のやりとりをしているのは某国立大助教授...... more
Tracked from 社怪人日記2016 at 2016-03-03 23:14
タイトル : Foget Him Not
元ネタカプリコ忌に想う 今年もまたこの季節がやって来た。同僚が娘の雛人形を今日買って帰ったように、前々から分かっているのに駆け込みでいちごカプリコを買ってきた。健康診断で入院一歩手前と言われているのでこの3本を食べきるのに何日かかるだろうか。 年初に3年先輩たちと新年会をしてKの話題になった。たまたま同学年の人間が参加出来たので余計にKがそこにいないのが不自然だった。14年経ってもみんな彼を憶えている。新年会の後、参加者7人が三麻と東風戦に分かれて東風戦の卓に入った。同学年の自営業と元B...... more
<< 3度あることは4度ある そんなにグルグル回ったらバター... >>